今年の通常国会に提出されるといわれる厚生労働省の薬事法改正案の一つに、漢方業界でもかなりな注目をしているのが、漢方薬も含めた医薬品のネット販売に対する規制の法制化である。

対面販売を基本とする漢方薬が、ネットを通じたお誘い販売では、なかなか適切な漢方処方が選べる筈もないし、滅多に起こるはずもない副作用など、思いがけない問題が発生しなければ良いがと言う不安は、業界では常々ささやかれていたし、本年の某社関連の会報にも関連会社の某漢方メーカーの社長さんがご挨拶で述べられている。

大多数の薬局・薬店さんではホームページを持たず、だからネット販売とは無縁の対面販売が主体であることはいうまでもない。

だからむしろ、多くの薬局・薬店さんでは今度の改正薬事法案を歓迎するムードは否定しきれない。

医薬品がネットを通じた安易な販売が行われて良い筈はないと常々思っているヒゲ薬剤師も、もちろん厚生労働省の薬事法改正案には、賛辞を贈りたい。

以前から、内部通達として自粛を強く促されていたが、ここへ来てイヨイヨ法制化に向かうということであるが、結果はどうなるのか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 薬以外のもの... 医薬品のイン... »


 
 ランキングナビ 人気サイト