漢方と漢方薬の真実」の日録に書いた途端、この調子ダモノね!パソコンの近くだよ。

思い出したように、ポツリ、ポツリ、いやらしいし、恥ずかしいね。

幸い、やられるのは決まった場所で、大事な書籍類や漢方薬類に影響が及ぶ場所ではないから、その点ではホッとするが、憂鬱になる。

侵入経路が、何度見ても分からない。

他の雨漏りの時に、工務店に依頼しても直せなかったのが、ヒゲ薬剤師が乗り出すと、1~2回で修理できた。

店舗兼倉庫兼書庫だけが日本建築だが、その日本建築の利点と欠点もろだしだ。

他の家は住居・書庫兼倉庫・吉和村研究所の三軒とも、すべてツーバイホーだから、困った場所の雨漏りはない。

といっても、一番古いツーバイホーの家は、風向きによっては窓の際から雨漏りがしたことがある。

本当はね、ツーバーホーの雨漏りが、一番難儀だって言ってた棟梁もいたけどね。

要する家というのは、古びれば、しようがないんだろう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« セキュリティ... 本ばかりの画... »


 
 ランキングナビ 人気サイト