音楽の喜び フルートとともに

ーフルート教室 久米素子ー
フルートを中心に音楽の周辺あれこれ。
教室のご案内🔻カテゴリ フルート教室をクリック!

古いけど新しい。

2017-07-06 22:25:22 | 音楽

八軒屋浜は、京阪天満橋駅を上がってすぐにあります。
平安時代には、すでに船着場として利用されていたそうです。

水都 大阪の繁栄は長くこの港に支えられていました。

最近では、廃れてしまっていましたが、2002年に観光の目玉として復活しています。

外輪船?!
この近くの天神橋筋にあるスタジオで、アンサンブルをしています。

向かい側には、フクロウカフェというのがあって、普通の定食屋さんかと思っていたら、本当のフクロウが居てビックリしました。
入ったことないけどね。
人がいっぱい並んでいました。

その日練習したのは、ボワモルティエのフルート5重奏。

ボワモルティエは、フランスのバロック時代の作曲家。
というと、古臭く、カビ臭い音楽のように思うかもしれませんが、当時は、流行作曲家。新しくて、比較的易しく、わかりやすく、みんなが大好き。

初めて作曲だけで食べていけた作曲家です。
声楽曲をたくさん残しただけあって、器楽曲もメロディが美しく、2nd、3rdであっても歌える!

協奏曲もボワモルティエが初めて形にしました。
なんと、チェロあるいはバッスーンのために書かれたものです。

フクロウカフェのようなものですね。
誰もやったことのないこと。
聴いたことも見たこともない新しいもの。
成功するかどうか?誰にもわからないこと。

ボワモルティエって、おしゃれ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代の空気を知る | トップ | 英雄は我がかたわらに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。