音楽の喜び フルートとともに

ーフルート教室 久米素子ー
フルートを中心に音楽の周辺あれこれ。
雑談、日記、演奏法など
教室のご案内はカテゴリへ

Jポップでフルートデュオ

2016-10-19 22:59:22 | 音楽

初夏に植えたインパンチェス。
暑い夏を乗り切ったと思ったら、なぜか2色に。
確かに濃いピンク一色だったのに…。

午前中は、Iさんと合わせです。
21日のコンサートのデュオのパートナーを、頼まれました。

曲は、久しぶりのJポップ。
結構むずかしい。
フルートデュオでは、リズムを刻んでもドラムや、ギターのようにはいかないので、アカペラのデュオ譜をフルートの音域に書き直した感じの譜面です。

和音を吹いて、響く音程で演奏することだったり、合うべき音、経過音を確認。

フレーズの向かう方向。
寄せていき引いていく波。
I先生が、おっしゃっていたフレーズの始まりはクレッシェンドで、山があり、終わりはデュミュニエンドという場所を探します。

同じ音量、同じ息のスピードで終始するフレーズは、ポップスというジャンルであっても変わりありません。

ロングトーンならなおさら。

リズムを刻んでくれる楽器がないと、もっと方向性を意識しないと、どこへ行き着こうとするのか、聞いている方はわからなくなってしまいます。

方向性や息のスピードがあっていると、多少揺れても、合って聞こえます。

いくらテンポを合わせても、そこが合っていないといないと、バラバラに聴こえます。

アンサンブルの妙、魅力は、そこにあると思います。

さて、本番は明後日!
うまくいくのでしょうか?








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトの教え | トップ | クリスマスクッキング試作会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。