音楽の喜び フルートとともに

ーフルート教室 久米素子ー
フルートを中心に音楽の周辺あれこれ。
教室のご案内🔻カテゴリ フルート教室をクリック!

尾道の海

2016-09-19 20:15:39 | 日記

尾道の夜は更けて、しかし、埠頭には次男、痩せた若いお兄さん、年かさの中肉のお兄さん。
釣り仙人らしきおっちゃん。
なぜか、釣りを見に来た年配の女性。
それから、親バカの私。
6人で世間話をしながら、というか年かさのお兄さんが、何も知らない私に釣りのコツを教えてくれたり、女性が話して、他の人は、うなづくだけ。1時間ほど。

夜中11時50分頃。
何も釣れず、満潮。
来た時、波立っていた海が、少し前からどんどんおさまり、ほとんど凪いでいます。
すると、若い痩せ型のお兄さんの1人が、かっこいいマウンテンバイクを埠頭に押してきました。

今日は、もう諦めるのか?と思ったら、もう1人の年かさのお兄さんが、「もっとこっちが、ええで」と示したのは、埠頭の先ギリギリ。

それから、親指大のピンクのウニョウニョと動いている生物を取り出し、針先にグイッとつけました。

さすがに気持ち悪い。
「うわぁ!それなんですか?」と聞くと「コウジ。これで、今日は、赤いやつを釣る。ようつれよるんや。」
釣れても触りたく無い。
それのついた竿を海にぐっと大きくふり入れたと思うと、バイクに立て掛けて、タバコをくわえながら、竿先を見つめます。

次男は、相変わらずエビの模擬餌を虚しく海につけ続けていると。
「来た、来た!」とお兄さん。
あげてみると
「きゃー!私長いのは、苦手。」と年配の女性は、30メートルほと、逃げていきながら、こちらをみています。

「わしゃあ、今日はこれや無いなあ。いらんからおっちゃんあげるわ。」と、イカ一筋のもう1人のおっちゃんに。
おっちゃんは、嬉しそうにペンチで鱧の頭をキュッとして、しめました。

間も無く、「来たきた、30センチ!赤いやつや!」

瀬戸内の鯛!
それから
チヌ!
他にもアナゴを釣って、おじさんに。

途中で、女性が、「その餌、使わせてもらったら」と、言ってくれましたが、次男は、「今日は、エビ狙いですから。」

満潮を数十分過ぎ、「帰ろ。」
ようやく次男も竿をしまいました。
「さよなら」「また、おいで」と挨拶して

帰りの車で「あの餌すごいなぁ!」というと、「あれ、すごい高い。」なるほど、おいそれともらえないわけだ。

釣りって釣らなくても、釣れなくてもおもしろいものなんだと、初めて認識した夜でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福山に向かって | トップ | 因島で釣る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。