海老名誠の身辺雑記

身近な出来事、コーチのお仕事、スーパーマーケット情報など。
最近始めたランニング、今年はマラソンの完走を目指します。

ALWEYS三丁目の夕日

2005年11月07日 | 映画
ALWEYS三丁目の夕日 公式HP
夕焼けの詩―三丁目の夕日 (3)

西岸良平

小学館

このアイテムの詳細を見る

西岸良平氏原作の漫画「夕焼けの詩 三丁目の夕日」をビッグコミックオリジナルで読んで居たのはもう随分前になるな。
ほのぼのとしたタッチと人情味溢れる登場人物や動物達(猫とか犬)にいい知れない郷愁を感じていたのも、私が一平君達と同年代を生きただけではないだろうと思うんです。
私も一平君と同じように寝小便垂れだったしな(笑)

いつ頃から読まなくなったんだろう、今も連載中だとは知らなかった。
実写となって映画化されると知ったときから、観てみたいと思っていた。

映画は短編の漫画から抜け出して、夢と希望、優しさ溢れる映画になっていました。
それも私の想像を超えた素晴らしさ、心を揺さぶられ途中で何度も涙をぬぐいました。
周りの誰もが貧乏だったけど、みんなが懸命に生きていた時代、私達子供は親たちがひたすら働く姿を目にしながら、夢中になって遊んでいたあの時代。
遊んでたんかいって、言われても、遊ぶことが子供の仕事だった時代なのだ。
今の子供達は・・・、等とはここでは言うまい。

古行淳之介役の須賀健太君は以前から良い演技をするとは思っていましたが、今回じっと耐えて言葉に出さず、身体で表現する演技が素晴らしかった。
鈴木一平役の小清水一揮君の演技も自然で実に良かった。
他の出演者の演技も素晴らしく、そして映像はまさしくそこに昭和三十年代が蘇っていました。

あの映像はどうやって作ったのでしょうか、路面電車に東京の町並み、当時の自動車に町を行く人々、街頭のポスター、不思議な気持ちで昭和三十年代の東京を観ていました。
小道具で気に入ったのが宅間先生(三浦友和)の夢のシーンに出て来た、部屋の隅に置かれた人形、あの人形はお腹を押すと鳴るんだよね。
家でも姉が持っていた人形が部屋の隅に置かれていたっけ。

息子と二人で観に行ったんだけど、映画館を出た後、喫茶店で二人で映画について話し合ったのは初めてのことでしたね。お父さんが生きた時代を少しは理解してくれたでしょうか。
懐かしさとあの時代の想い出に、★★★★☆(5★満点で星4.5です)

ブログランキングに参加中、気に入ったらクリックお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いなげや大和高座渋谷店 | トップ | シロノワール ミニサイズ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました (ゆうぼん)
2005-11-08 23:27:00
TBありがとうございました。

僕は昭和40年代生まれなんで、生まれる前の話なんですが

懐かしさで一杯でした。

三丁目の街並みに引き込まれて、自分もあの中に入り込んで

見入ってしまいましたし、泥だらけになって遊んでいた

あの頃を思い出しました。

路面電車や東京タワーも見事に再現されて感動しました。

全ての世代に観て欲しい作品ですね。
初めまして (づみハハ)
2005-11-08 23:58:51
TBならびにコメントもありがとうございました。

映画のあと御子息と話をされたそうですが、それだけをとっても、すばらしい作品と言えるのでしょうね。

私も時間が経つにつれて、ますます評価が上がってきております。

この映画の映像は、実写とCGの合成だそうです。

鉄橋を渡る汽車も、模型で取ったものと実写の合成、路面電車も合成だそうです。

でも、違和感なく自然な感じで、私は疑う事もなくセットで町並みを全て作ったのだと思っておりました。

Unknown (海老名誠)
2005-11-11 10:17:13
ゆうぼんさま、コメント有り難う御座います。

未来の映像には驚かないのに、自分が生きた過去の時代を観るのは昔に返った様な、ホントに不思議な感覚でした。東京タワーが徐々に高くなっていくのが良かったです。

づみハハさま、コメント有り難う御座います。

路面電車、横浜では市電と言いまいた。東京では都電ですね、福岡にはあったんでしょうか。
泣けました (km_achin)
2005-11-11 22:12:06
TBがえしとコメントありがとうございました。

温かい気持ちになれるいい映画でしたね。

夜中に日本テレビでこの映画のPR番組をやっていました。映像と曲でまたウルウルしてしまいました。メイキングも観られて、あまりの技術力にびっくりしてしまいました。今晩も深夜に再放送がありますよ。
Unknown (海老名誠)
2005-11-11 23:28:24
有り難う御座います。

ホントに今年一番の良い映画だと思いました。

日テレ 03:45 からですね、ちょっと深夜過ぎますね。
Unknown (「感動創造」)
2005-11-15 00:07:33
コメントありがとうございました。これだけ感動できる作品は少ないですね。シリーズ化してほしいものです。
Unknown (海老名誠)
2005-11-15 01:04:37
シリーズ化は期待したいですね。

今度は笑えるやつが観たいですな。
コメントありがとうございました (toe)
2005-12-03 01:45:29
こんにちは。



息子さんとお二人でご覧になったのですね。

ステキですね〜。

私の両親も当時高校生だったので、いろいろ聞いてみたくなる映画でした。
こんにちは (海老名誠)
2005-12-03 11:02:54
ついこの間まで生意気なことを言いやがる、などと思っていたんですが、息子ももう大人になったってことを私が認めないといけなくなりましたな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ALWAYS 三丁目の夕日/堤真一、吉岡秀隆、小雪、掘北真希 (カノンな日々)
いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作のこ.
『ALWAYS 三丁目の夕日』 鑑賞(試写会) (♪日々 新鮮♪)
Hさんありがとう♪ ビッグコミックオリジナルに連載中の「三丁目の夕日」の映画化です。 思わず涙してしまいました。 (T_T)★★★★★★★★☆☆
懐かしい風景◎ALWAYS 三丁目の夕日 ([混]ミックスランチ)
心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは 初めてです。充実した幸せな2時間でした。 『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝〜♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
10月16日(日)「ALWAYS 三丁目の夕日」 一ツ橋ホールで鑑賞 昭和33年まだ東京タワーが建築中。作品中どんどんタワーが高くなっていく様子がちょっと嬉しい。たいした作品では無いだろうなんてタカをくくって見に行ったら、それはそれは作品の中に入り込ん
ALWAYS 三丁目の夕日 (まぁず、なにやってんだか)
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。 何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか
ALWAYS三丁目の夕日 評価額・1700円 (Blog・キネマ文化論)
●ALWAYS三丁目の夕日をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 昭和33年の東京。短気
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
今日の万歩計 「Always 三丁目の夕日」を観た (ヒューマン=ブラック・ボックス)
今日は、 12,187歩だった。 レイトショーでAlways 三丁目の夕日を観てから、11時頃歩いて帰宅。 ずいぶん寒い。 吐く息が白く見えそう。 それもそのはず、早い年なら雪が降ることもある時期だ。 帰宅したら、温かいおでんが待っていた。
見てしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも見なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を見た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...