歴史作家 智本光隆「雪欠片―ユキノカケラ―」

歴史作家 智本光隆のブログです。
最新作『神剣の守護者』(学研パブリッシング)発売中!!

果てなき甲子園への道は続く

2017-07-27 10:30:00 | 日記
さて、昨日は準決勝vs前橋育英戦。
応援団も「うん勝てる勝てる!」という空気が。
「そうして決勝で農大二を破って悲願の花園・・・じゃない甲子園へ!」




やっぱり応援団が凄い上に上手いな。
「凡事徹底」の横断幕もあるし。




荒井監督がメモを取っている。
このメモ帳を閉じた直後に常総学院戦の逆転劇が!



・・・とこのままではただのミーハーの野次馬なので。


明和県央は自分がまだ球場到着前に、
1番市場選手の先頭打者ホームランで幸先よく先制しますが、
逆転はされますが中盤まで1-3と接戦を演じます。




明和県央の応援団も声を涸らして声援を送る。


ハイライトは7回表。
1-8とコールド寸前の中で下位打線が奮闘して2点を取り、
上位に回り更に攻撃が続く。
粘りを見せてこの回でのコールドを回避!!


・・・あのベンチに入れない部員が2人しかいなかった野球部が、
そして応援団の女子部員が泣き声のような絶叫で応援する姿、
得点にスタンドが校歌を応援する姿に時の流れを感じる・・・
学校帰りに応援に寄ったら在校生が5、6人しかいなかった、
そんな時代もあった。


奮闘しました、持てる力はすべて出したと思います。
しかし、それでもなお前橋育英は強かった。
今年の県央も守備力はかなり高いですが、
やはり打球が飛んだ一歩、
そしてベースラン、盗塁など走塁技術。
これが深紅の大優勝旗を手にしたこともある、
高校の力だなと素直に思います。
ひとりで投げて来た県央の長井投手も限界で8回途中で降板、
そして、、、





明和県央ナインのみなさん、お疲れ様でした。
健闘を心から誇らしく思います。
前橋育英ナインのみなさん、我が母校に勝利したからには、
甲子園へ是非行って下さい。応援しております。




そして日曜日よりの使者が訪れるまで戦いは続く。



・・・ちょっと気になっているんですが、
試合終了後に対戦相手(利根実や桐生南)から託された、
折り鶴や旗を育英さんに渡してなかったようなんですが、
ちゃんと渡せたのか・・・?




智本光隆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 果てなき甲子園への道 | トップ | そして栄冠は輝く!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。