歴史作家 智本光隆「雪欠片―ユキノカケラ―」

歴史作家 智本光隆のブログです。
最新作『神剣の守護者』(学研パブリッシング)発売中!!

祈念―がんばろう東北―

桜の花に癒され、地震の爪あとに涙し・・・しかしながら確実に仙台の街は復興しております。1歩づつではございますが、前進していきたいと思っております―5年前、被災地からこの言葉をいただきました。今年もまた、春がめぐって来ました。今も苦しい生活を送られている方々に、お見舞いを申し上げます。本当に1日も早い復旧、復興がなされますよう、尽力して行きたいと思っております。

鏑矢祭

2017-05-10 07:05:08 | 日記
5月8日のこと。
場所は上野国新田郡の生品神社(現在は太田市か・・・)








生品の杜に集う戦士達。
新田義貞が生品神社で鎌倉幕府倒幕のために旗揚げした、
5月8日に毎年挙行されている「鏑矢祭」です。


「鏑矢祭」は昭和8年(1333)の「新田義貞挙兵六百年祭」の際、
その一環として始まられたと言われております。
戦時中の一時中断を挟んでいますが、あと17年ほどで100年に!
義貞が挙兵に際して鎌倉の方角に矢を放ったという故事により、
地元の小学生が式では、





このように矢を放ちます。
これ数年前には真南に近い方向に打っていたように思うんですが、
最近の学説・・・新田軍は前橋の上野国府を襲撃したあと、
高崎の寺尾城に入ってから南下した・・・
を採ってやや東側に替えている?


とにかく現在では生品神社の神事となり、毎年行われおります。
「鏑矢祭」については後ほど詳しく・・・何かをw




太鼓の演奏もあります。



智本光隆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑の日・・・の次の日

2017-05-05 15:27:06 | 日記



ツツジの名所の前橋浄水場ですが、、






約30年・・・もっとか?
木が古くなると花の勢いがやや衰え気味か・・・
いっそ一時的にでも閉鎖して木の手入れをするのはどうだろかと、
ここ数年思っているのですが。



開幕してからまだ触れていないですが、
う~ん・・・進藤ヘッドも川村投手コーチもいなくない、
ラミレス体制2年目はどうだろうかと。


その影響かどうかはまったく定かではないですが、
やや作戦の硬直化?みたいな感じはします。
終盤負けていてノーアウト1塁・・・でどうするか?
去年までならいくつか策のある場面で、
今年はヒッティングだけという気がする。まあ、まだ開幕直後ですが。


ただ、梶谷の2番。
昨日の対読売は勝ったもののこの拘りはどうだろうか?
それだと筒香の後ろがやっぱり問題な訳で、
今のところその筒香も問題な訳で・・・




智本光隆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の花に癒されて2017

2017-04-11 22:05:31 | 日記
浅田真央選手引退ですね。お疲れ様でした。



今年の桜は咲くのが遅く散るのは早い感じが・・・


どうも、なんか約1月放置ですみません。
ちょっと体調があんまりよくなかったもんで。
現在はほぼ回復しておりますのでご心配なく!






この間言われたのですが「前橋の桜は白い」
理由はよく分かりません。利根川畔だから?古木が多いから?
デジカメはやや白っぽく映るので尚更か・・・



智本光隆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

震災6年目

2017-03-11 21:17:07 | 日記
3月11日です。
震災から6年が経ちました。
風化という言葉はよく聞きますが、東北に最後に足を運んでから2年半・・・
遠方に住む人間にとっては、震災の傷は薄くなりつつあります。
地元に出店していた福島のショップもなくなりました、
避難者の方と会うことも少なくなりました。
ただ、あの時に感じた無力さだけは今でもはっきりと覚えています。
それは、忘れようがない。


微力の身ではありますが、今後とも被災地の為に出来ることをしたいと思います。
そして、震災で亡くなられた方々の御魂の安らかなることを、
お祈り申し上げます。




河津桜が満開になりました。




智本光隆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お前はまだグンマを知らない

2017-03-09 07:01:50 | 日記
視聴率がいいらしいですねw
・・・あの赤城山どこだ?


え~・・・群馬では基本的に政治家さんにあまり「先生」はつけません。
福田赳夫さんは稀に先生がつくかな?
上毛かるたはこの地で幼小中を過ごした者ならすべて暗記していますが、
校内でやる時に女子は振袖袴にはなりません。
・・・動きにくいし、あれは瞬発力がすべて!
なお、ドラマ中のスピードで取っていては群馬では一枚も取れません。


号令は「起立 注目 礼」です。
が・・・別に先生に注目するわけでもなくw




智本光隆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加