美術と本と映画好き...
徒然と(美術と本と映画好き...)




福田平八郎の作品はモダン...

そんな風に思っていたけれど、初期の作品、朦朧とした鯉や、朦朧
とした牡丹からは、そこに至る道のりが感じられました。それでも
広い余白を残した縦長の、深い底に沈んだ鯉の重さ...画風は東洋風
でも空間の切り取り方は洗練されています。草河豚と鰈を描いた構
成の抜群...

白い水面に置いた波紋を四角い枠で切り取る展示がありました。形
の定まらないものから、自分のビジョンを引き出すためのプロセス。
写実から単純へ。そして明るい色へ...

うっすらとした緑と濃い緑のコントラストが美しい『清晨』や、大
きな色面に淡く描かれた『山桜』など、モダンとはいえ、やっぱり
日本画の絵描きさんなのですね...

福田さんは同じ題名で同じようなモチーフを何度でも描いています。
中でも雪の主題が多かったように思います。地べたのふわふわに、
枝の上のうっすら...私はまっしろな中から、ちょこんと顔出す若い
芽の絵がよかったと思います。小さな作品なので間近に寄って見つ
める。須田悦弘が絵画を描いたらこんな風になるのではないかな。
そんな風に思いました。

この展覧会は東京ではやらないそうです。観られたから言うわけで
はないけれど、そんな企画がもっとあってもいいのではないかな...

福田平八郎展 (京都国立近代美術館) - 6/3まで...

コメント ( 8 ) | Trackback ( 3 )



« ギメ東洋美術... 阪本トクロウ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (えみ丸)
2007-05-19 08:17:00
福田平八郎展、良かったですね
あのデザイン的な絵も、たくさんのデッサンをしていった結果と言うのが分かるので、私は下絵やデッサン帳があったのは今回嬉しかったことです
 
 
 
Unknown (lysander)
2007-05-20 01:06:39
えみ丸さん
コメントありがとうございます。

福田さんの絵は大きな展覧会での一枚の展示でしか
みたことがなかったので、今回まとめて観られてよ
かったです。
下絵があったおかげで、一足飛びにあのような画風
にたどりついたのではないことがわかって、そちら
も収穫でした。
 
 
 
なのにあなたは…。 (AOKIT制作所)
2007-05-20 02:15:50
みんなで京都!
これってツアーでは無いですよネ!
偶然、みなさん京都なんですよネ…。

-福田平八郎- 大、大、大好きです。

誤解を恐れず、書き込みさせていただければ、
「福田平八郎」の作品は「マニアックなモノマネ」
に通じたものがある、と感じています。
こういう風な瞬間(花びらにしても、雨の痕跡に
しても)を見つけた時点で、きっと本人にとっては
完成していたのかと思います。
構図を考えたり、下絵を描いたりはさぞかし楽しか
ったんだろうなぁ…。
 
 
 
Re: なのにあなたは…。 (lysander)
2007-05-20 22:55:15
青木所長
コメントありがとうございます。

> これってツアーでは無いですよネ!
私は若冲展のプレビューに落選してしまったので、
一人さびしくOSAKA BAY BLUES(by 上田正樹)でした...(^^;

> 誤解を恐れず、書き込みさせていただければ、
> 「福田平八郎」の作品は「マニアックなモノマネ」
> に通じたものがある、と感じています。
なるほど...
展覧会では『一貫して写生に立脚した』なんて紹介されていましたが、
写生をしながらも、最後は自分の描き方(=モダン)に落とし込んでく
ところがモノマネ的かもしれませんね。
あくまでも自然に対しつつ、それを描く時には福田回路のようなものが
作動しているかのような...

ともあれ、この展覧会ではそうした文法を習得していくプロセスが
垣間見られ、とても面白いと思いました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-05-23 21:46:08
こんばんは。
この展覧会は京都へ行ったら是非見たい展覧会の一つでした。
仰るとおり、写生に立脚しながらも、モダン方向へ進んで行く様子が興味深かったです。
私の好きな作品は中期のものばかりでしたが、
晩年の道筋はまた個性的でしたよね。

図録がまるで違う色でガッカリでした…。
 
 
 
Unknown (lysander)
2007-05-24 00:27:44
はろるどさん
こんばんは

> 図録がまるで違う色でガッカリでした…。
をっと、こういう書き込みは禁止ということで...(^^;
 
 
 
福田平八郎の画風 (とら)
2007-05-27 14:28:03
こんにちは。
古い花鳥画からの脱却を指向しながら、その先での画風はかなり揺れているように感じました。
 
 
 
Re: 福田平八郎の画風 (lysander)
2007-05-27 22:50:47
とらさん
コメントありがとうございます。

画風は揺れていましたね...

福田さんには単純な形態をきっちり描き込むという
先入観があったので、ちょっと荒い感じに着色され
た作品が意外でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
 
 
福田平八郎展 (冬の虹)
このblogで、福田平八郎のことを何回書いているだろうか・・・ 私にとって、忘れられない画家と言うよりは「衝撃の画家」だった 彼の「屋根」と言う絵に付いてblogでその衝撃に付いて書いている http://star.ap.teacup.com/aoisora/203.html ここまで好きな絵なのに、...
 
 
 
「福田平八郎展」 京都国立近代美術館 (はろるど・わーど)
京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町) 「福田平八郎展」 4/24-6/3 竹橋の近代美術館で「雨」(1953、下二つ目の画像。)を見て以来、いつかは回顧展に接したいと思う画家の一人でした。主に大正より昭和期に活躍した日本画家、福田平八郎(1892-1974)の全...
 
 
 
福田平八郎展 @京都国立近代美術館 (Art & Bell by Tora)
若冲展が開かれている相国寺から京都国立近代美術館まではタクシーを使った。かなり強い雨の中、不慣れな土地を歩くのは時間の無駄。なにせ今日は寝坊して9時過ぎに東京を出てきた怠惰な日帰り旅行者としては、京都は午後だけの半日美術散歩だからである。 福田平八...