伊藤とし子のひとりごと

佐倉市議会議員3期目
議会活動、さくら・市民ネットワークの活動あれこれ、お知らせします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日12/1 座間宮がれいさんが千葉に来る @メディアエッグ

2015-12-01 10:18:53 | 政治
「#激おこ!参院選勉強会@千葉」

本日 12月1日(火)18時30分〜20時30分

千葉市生涯学習センター 地下の メディアエッグで

座間宮がれいさんをお呼びして、参議院選挙に向けての学習会があります。

座間宮がれいさんと言えば、原発事故直後からブログで情報発信。

私も「ざまあみやがれ」さんのブログで原発問題について、情報をもらっていました。

その座間宮がれいさんが1年以上かけて選挙のデータを詳細に分析。独自の理論を展開。

「目を覚ませ!有権者よ」目からうろこの勉強会。

来年7月に迫った参議院選挙。どうしよう。どうすればいい?

そんなあなた。ぜひ参加してみませんか。

ご本人はこのイラストとは違ってかなり素敵なお方らしい。

ちばレボ(選挙で日本を変えたい市民の会・千葉)主催




この記事をはてなブックマークに追加

11月28日 「子宮頸がんワクチン 被害実態報告」県教職員研修会にて

2015-11-29 11:24:24 | ワクチン問題
昨日(11/28)教育研究集会で養護教諭の方たちに「子宮頸がんワクチン 被害実態報告」する機会をいただいた。

古賀真子さんのワクチン問題の講演会で、現状の問題点を詳しく話された。

古賀さんも11月23日に行われた薬害オンブズパーソン会議のシンポジウムで、
西岡久寿樹先生、横田先生が発表された最新情報を元に講演された。

西岡久寿樹先生は子宮頸がんワクチンの副反応被害の症状があまりにも多岐に渡るため、「子宮頸がんワクチン症候群」(HANS)とすべきと昨年から提唱されている。

私の準備したパワーポイントでも、その部分を盛り込んだので、ここでその内容を紹介したい。




全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会は2013年3月25日設立

2015年11月23日現在相談件数:約2000件、登録人数:460人。

サーバリックス、ガーダシルのワクチン総接種者数は3,380,000人と推計される。

これまでの流れをおさらいすると、





はい、ここで注目すべきは、9種類のウィルスに効くとする9価のワクチン申請が7月にされていること。
これは大変ですよ。
これまでのワクチンは問題があったよね。でも、これは大丈夫だから、とまた接種を推奨してくる恐れがある。

厚労省・文科省 は 2015年9月30日
各都道府県等に一元的に対応する相談窓口の設置
ワクチン接種・非接種グループの疫学調査
治療方法の研究
今後、支援方法の充実させると発表があった。

その中で、副反応報告のあった2584人中 未だ回復していないのは186人と認定。

しかし、西岡久寿樹医師(東京医科大医学照合研究所所長  線維筋痛症学会理事長)は、
患者を多数診察し、子宮頸がんワクチン症候群ととらえるべきと昨年から提唱している。

独自に厚労省の出し出している副反応報告を再度検証し直すと、副反応人数は4,283人であり出現率1.3%。
厚労省の発表よりも、もっと多い。

しかし、それもデンマーク 2.7%、イギリス 3.1%に比較し低いため、
日本では1万人あるいはそれ以上いるはずと警鐘を鳴らしている。

デンマークもイギリスも副反応報告は独立機関できちんと検証しているから。
日本の様にワクチンメーカー任せとは異なることが、被害報告数にも表れているのではないか。

頻度の高い症状として(難病治療研究振興財団のまとめ)




しかも
〇 一人の患者で10〜29症状を重複している。
〇 個々の症状が悪化・改善を繰り返す。
〇 時間経過とともに主要症状が変化する。

こんな症状はワクチンが原因としか考えられない。

全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会は現在13支部が活動している。

群馬、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、茨城、福岡、北海道、岐阜、鹿児島、山梨、静岡

これからの予定は 長野、沖縄。

自治体の独自支援は

北海道 : 美唄市、恵庭市、室蘭市、岩見沢市
茨城県 : 牛久市、城里町
埼玉県 : ふじみ野市
東京都 : 杉並区、武蔵野市、東村山市
千葉県 : 浦安市
長野市 : 高森町
奈良県 : 三郷町
愛知県 : 碧南市、刈谷市、知立市
福岡県 : 大川市
沖縄県 : 宮古島

しかし、9月2日に厚労省が全国に相談機関を設置すると発表したため、
自治体の役目は終わったとして神奈川県と横浜市は支援中止を決定、岐阜県各務原市も支援中止を打ち出した。

しかし相談窓口を設置しただけで、救済も何も決まっていないのに、おかしい、と古賀真子さん。

治療は待ったなし。
経済的な負担もばかにならない。
この窮状を引き起こした原因は、ワクチンなのに、被害者が苦しむのはおかしいではないか。
ワクチンメーカーは、被害者に会おうともせず、門前払いだ。






この記事をはてなブックマークに追加

明日11月28日 ワクチン問題の学習会があります

2015-11-27 20:00:07 | ワクチン問題
明日の学習会のお知らせです。

「子宮頸がんワクチン問題からこれからの予防接種を考える」

11月28日(土)13時30分〜16時

講師 古賀真子さん 14時〜

全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会千葉県支部から 
伊藤とし子がお話しいたします。15時〜



なかなか古賀まさ子さんのお話は聞けないので、貴重な機会です。

どうぞふるってご参加ください。

埋もれている被害者救済のためにも、私たちの声が届きますように。




この記事をはてなブックマークに追加

「週刊金曜日」 特集Q&Aで分かるマイナンバー制度の恐ろしさ 

2015-10-08 23:49:15 | 共通番号(マイナンバー)制度
今週発刊の「週刊金曜日」はマイナンバー制度特集「マイナンバーで損をする」

分かりやすいタイトルが表紙を飾っている。

8ページにわたる特集のメインは「Q&Aで分かるマイナンバー制度の恐ろしさ」
白石孝さんが監修している。
これを読めば、問題点が一度にわかる。

そして、なんと!、私のインタビュー記事もあります。
「マイナンバー制度に反対する議員たち」

国の押しつけでマイナンバー制度が始まり、「全部費用は持つから」という約束だったのに、結局は持ち出しを余儀なくされる。
市職員の通常業務に加え仕事量がどれだけになるのか? 混乱は? 不利益をこうむる市民は? と問題は山積みだけど、とにかく国は予定通りGo!!
しかし、国の準備は間に合わず、後手後手に回っている。

これまで2年間で5回、共通番号について議会質問してきた。
その度に、予定通り行っていない問題がわかってきた。

こんな事では、大事な我々の情報を集約するシステムが稼働を始めたら、問題発生しないはずがない。

詳しくは、週刊金曜日(スポンサー広告のない週刊誌)で。



今回、週刊誌の編集作業を目の当たりにしたが、
インタビュー後、特集記事にかかっていたということだが、2週間でまとめ上げ、校了が火曜日18時。
刷り上がり水曜日。木曜日自宅に届いた。

こんなスピードで作り上げているんだね。






この記事をはてなブックマークに追加

昨日 「ストップ!、マイナンバー(共通番号)10月通知 全国集会&デモ」

2015-10-04 14:28:09 | 共通番号(マイナンバー)制度
昨日(10月3日)「ストップ!マイナンバー通知 全国集会&デモ」が渋谷で行われた。

参加者400人。


写真撮ってもらっている間に、みんな行ってしまった。
周りに参加者がたくさんいたんだけど。

お天気も良く、大勢の渋谷に集まってきている人たちへ共通番号制度の危険性をアピールが出来た。

横断歩道で待っている赤ちゃん連れの森三中の大島さんを発見!!
まあ それはさておき。

「問題あり」と発信していることから知ってもらう、番号法施行直前のアピールは、沿道からも手を振ってもらい、マスコミ取材もあり成功。

FBで発信すれば、福島の知人からは「声を上げてもらってありがとう」という激励のメッセージをもらった。

渋谷の街をコールに合わせて声を出すのは、気持ちいい〜。

傑作なコールは「ウサギのマイナは悪魔の手先」。
ちょっとマニアックすぎるかな?

デモの後尾から見ると、長い列に「ふんさん」のぼりがはためいて、大きな黒い骸骨も存在感あって、なかなかいい眺めでした。






IWJから
2015/10/03 「世界でも例がない独裁国家、管理国家になる」――いよいよ始まる「マイナンバー」制度! 400人の市民が「いますぐやめろ」と渋谷で訴え

「国民総背番号制度」とも揶揄される共通番号(マイナンバー)制度がいよいよ始まろうとしている。

 2015年10月5日から番号が振り分けられ、2016年1月に本格的な利用が始まる。しかし、似たような制度を導入している米国や韓国では、番号制を悪用したなりすまし被害が後を絶たず、社会問題と化している。マイナンバーの導入によって、日本でも同様の詐欺などの事件、事故が発生するのではないか、懸念が拭えない。


 10月3日、「共通番号いらないネット」が番号配布の延期と制度の全面的な見直しを求めて「ストップ! マイナンバー(共通番号)10月通知全国集会&デモ」を東京都渋谷区で開催した。

 デモ出発前に、宮下公園で行われた集会で、「共通番号いらないネット」の世話人である白石孝氏(反住基ネット)は、マイナンバー制度は今後ますます対象が拡大し、やがてはマイナンバーが書かれた「個人番号カード」も取得、常時携帯が義務付けられるだろうと予想(現在は任意)。
「世界でも例がない独裁国家、管理国家になる」との懸念を示した。

 上智大学の田島泰彦教授は、マイナンバー制度の開始前に、すでに国会で改正法案が成立したことを指摘し、「実施前に改正など、民主的な政府だったら、ありえない」と糾弾した。

 さらに、自民党がNHKの受信料とマイナンバーを結びつけるよう検討していることについて、「NHKなど、行政でもないのにありえない。ここまできたら、憲法上の問題だ。
これでは、『われわれの大事な個人情報を、いいようにしてくれ』といっているようなもの。
憲法違反を繰り返す政府に従う義務はない」と喝破した。

 集会後、市民らは渋谷の街をデモ行進し、約400人の参加者が「マイナンバーは絶対いらない!」「マイナンバーは今すぐやめろ」と声を上げた。

この記事をはてなブックマークに追加