呂先生の中国語ブログ

皆様の中国語学習をサポートいたします~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国語検定のリスニング試験でよく聞く四つの疑問詞1

2014年05月06日 | 中国語の学習・試験

語学試験では疑問文に答えるという型の問題が結構多いのですが、最初の疑問文を聞き取れなけば、回答に大きな支障が出てきます。対策として、良く出てくる肝心な疑問詞の意味をしかっり覚えましょう!

怎么(2つの意味あり!)

①どうやって、どのようにの意味を表す場合、疑問詞が動詞の前に置かれ、その動作をする方法について聞いてきます。

怎么学汉语啊?
怎么用汉语写信呢?

動作の方法についてきいてますので、

看中国电影学习汉语。

などのような回答が正解です。

②次はなぜ、の用法です。

昨天你怎么没来啊?
这个东西怎么这么贵啊?

なぜの意味を表す 怎么をが出てきたら、その理由を探してください。不思議に思っていたという質問に対する返事となることが多いようです。

你怎么把这是告诉他了?

我还以为他知道了,就说了
对不起,喝多了随口说的。 

つづく・・・

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

利用者は8億人を越えた?中国の微信WeChatウィーチャット

2014年05月05日 | 中国豆知識・雑学

中国の微信WeChatウィーチャットとは、2011年1月に 中国で有名な大手IT企業騰訊が作った携帯向けインスタントメッセンジャーアプリです。「微信」とは、少ない文字数の手紙という意味です。  

今中国の若者はプライベートの連絡の取る際、電話より微信の利用のほうが多くなっています。新しい友達と知り合いになるにも微信メンパーの登録から! ユーザーの位置情報と連動し、近くにいるユーザーを呼び込むことが可能です~

文字・音声・写真・動画・表情・グループシチャットなどコミュニケーションにおける多機能満載!2013年までに全アジアでユーザー数8億人を突破しました。

街で買い物やネットショッピングする際に、QRコードを読み込むことでクーポンをもらったり、ほしい商品が品切れのとき微信で入荷時期を知らせてくるなどの生活に便利な機能が多いです~店側にとっても、微信で登録された会員に新商品をアピールしたり、お得な情報を配信したりできて、双方にメリットがあるようです~

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国の北京でドラえもん展開催中!100体も?

2014年05月04日 | 北京老家

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

微信の友達から「ゴールデンウィーク中にドラえもんは日本からきたよ!」ということを知らされました。

場所は北京の西単にある朝陽大悦城という大型ショッピングセンターだったようで、入場券は50元=約850円となります。友達の話によると会場には様々な表情をした等身大のドラえもんがなんと100体も!それぞれが「どこでもドア(任意門)」、「タイムマシーン(時光機)」、「タケコプター(竹蜻蜓)」などの秘密道具を持ってるようです。80と90後の北京っ子に大人気!

子供連れの家族はもちろん、子供の時の思い出が蘇った大人たちも、楽しみがいっぱい!

2014年4月19日から6月22日まで開催中なので、北京現地にいる方はまだまだ間に合いますよ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国語を始めるためのスタンダード教材・テキストの分析比較と裏話

2014年04月29日 | 中国語学習に役たつツール・教材

知らず知らずに中国語を教え始めてから6年目に突入!北京の学校で2年、東京の教室で4年の間で、校内のオリジナル教材+中国で出版+日本で出版のさまざまな教材やテキストを目にする機会が多く先輩の先生から評価をよく聞きました。

中国語の初心者に対して初めてのテキスト選びの大切さは、今後の人生を左右するかもしれない?大切なこと~途中での挫折や無駄な勉強を避けるために、今回は中国現地で出版されている実用的なスタンダード教材を分析比較しながら、いくつか紹介したいと思います。あくまでも経験上の個人的観点ですので、ご参考程度にお願いいたします~


漢語会話301(上、下)日本語注釈版
(北京語言大学出版社 改訂第3版2006年発行、初版1990年)

  • 20年間のロングセラーでオススメの初心者スタンダード教材です~
  • 歴史があるにもかかわらず、数度による改定により内容の古さはなく実用的な表現が豊富です。
  • 科学的に考えられた練習材料によりバランスよく発音や文法知識を身につけることができます。
  • 復習専用ページもあり、語学の学習に必要な「定着」のための練習ができます。

 裏話:301北京語言大学出版社の著作権輸出量ベースでNo.1の教材です。実際の人物が出演したDVDやワークブック(英語注釈版のみ)も副教材として出版されています~


↑漢語口語速成入門篇(上、下)日本語注釈版
(北京語言大学出版社 改定第2版2004年発行、初版1999年)

  • 支持されている理由はイラストを多く取り入れた練習問題+ステップ式でまとまった文法体系。
  • 入門から上級レベルまでシリーズ化(5段階、入門編のみ2冊構成)され、幅広い生徒さんのレベルやニーズに対応できます。
  • 速成の教材なので、カリキュラムは普通のテキストよりボリュームがあります。
    ※効果的な学習法で進めますと良い効果を収めますが、そうでなければ消化不良になりがちです。

 裏話:お隣の韓国では大ヒット教材で、中国語教材として北京語言大学の留学部短期速成クラスのメイン教材として使用!


↑体験漢語生活篇 日本語注釈版
(高等教育出版社2005年発行)
イラストや写真を豊富に取り入れ、デザインを重視した教材!

  • 学習目的を明確して上で、優先順位の高い生活上の場面を想定した会話文は実用的です。
  • 内容は比較的易しめで初心者に受け入れやすいように編集されています。
    ※試験を受けたいなど、文法をしっかり学びたい方には物足りない場合があります。

 裏話:編集者は皆一流の現役講師で、中国現地駐在員の奥様や女性に人気のテキストです。絵や色彩が豊富なため、直感型の方におすすめです~



※中国語講師の皆様へ:教材を選ぶ際には生徒さんのニーズや状況に合わせて総合的に考えて慎重に選ぶことが大切だと思います。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

北京で指導を受けたことのある先生達を調べたら・・・

2014年04月29日 | 先生の仕事・教え方

教材を研究しているとき、偶然見かけた写真に「あれ?日本に来る前に北京の学校でよくアドバイスや指導をしてくれた先生ではないですか・・・」と思い、調べてみると過去に数多くの参考教材を執筆した著者だったのです(衝撃)!

北京の学校に在職していた頃、北京語言大学のセミナーや講座によく参加していました。その時は、在職して間もないため分からなかったのですが、最近調べてみたら、業界内では有名な研究者や教授が結構いらっしゃったのですね~「有眼不识泰山」で本当に悔しいです!改めて耳を澄ませてもう一度指導を受けたいところですが・・・



以前、北京語言大学大学の劉教授が主催した講師研修講座に参加したことがあります。
中国語の指導者を指導する教授で、アメリカ・タイ・シンガポール・香港・マカオなど各国において学術講演会を行っています。
そのときは類似語の対照法・教え方についての話を聞かせていただき、大変勉強になりまた~


↑劉教授の著書

  • 新実用漢語課本」シリーズ
  • 外国人の子供を対象とした中国語教材「児童漢語」シリーズ
  • 講師用の各種参考書などを執筆→とても参考になりました!



もう一人強い印象を受けた先生がいらしゃいまいましたが、アメリカ・フランスに渡って教員を務めている北京語言大学教育学院の李暁院長の公開講座です。
学習者のそれぞれの出身国による中国語学習の難点と特徴の比較はとても印象的でした!


↑李暁院長の著書

  • 博雅漢語」シリーズ
  • ビジネス中国語向けの「新丝路」シリーズ
  • 楽しく学ぶを目指した「快楽漢語」シリーズ
  • 中国社会文化を題材した「中国剪影」など多数のテキストを執筆されています~

他の先生は、授業中でイラストの書き方を教わったり、実際に私の授業を聞いてアドバイスしてくれた丁永寿先生でした!
この方が執筆した「看図説話」はよく補充教材として授業で使われるため、中国語講師の参考書としてぜひオススメな一冊です~

中国語のマラソン用語
有眼不识泰山(yŏu yăn bù shí tài shān)→
目があっても泰山が見えない、重視すべき人または尊敬すべき人を見損なうたとえ
讲学(jiăng xué)→学術講演をする
任教(rèn jiāo)→教員を務める
执笔(zhí bĭ)→執筆する

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国語 接客 用語(7)支払い方法・クレジットカード・会員カード・ポイントカードはお持ちですか

2011年03月10日 | 中国でビジネス・接客販売・赴任

中国人のお客様に対するお支払い方法の尋ね方や各種カードの表現の仕方などについて紹介させていただきます。

日本だけではなく、中国ではカードの利用が年々増えています。クレジットカードはもちろん、商業的に有効な手段として、ポイントカードや会員カードが大量に発行され、機能によって呼び方は違います~

中国語で各種カードの言い方は

  • 银卡(シルバーカード)
  • 金卡(ゴールドカード)
  • 白金卡(プラチナカード)
  • 钻石卡(ダイヤモンドカード)

  • クレジットカード:信用卡
  • 銀聯カード:银联卡
  • ポイントカード:积分卡 会员积分卡
  • 会員カード:会员卡
  • VIPカード:贵宾卡

などいろいろあります。

 他にはお支払いの際に、中国語で

  • 「会員カードはお持ちですか」
  • 「ポイントカードはお持ちですか」
  • 「クレジットカードは限度額オーバーでご利用できません」

の言い方を覚えると使えます~

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

中国語学習ブログの作り方-ブログの開設・注意点

2011年03月09日 | 中国語学習に役たつツール・教材

学習ブログの作り方-記事の書き方・続け方

来日6年目、ブログ歴4年!外国人でありながら、外国語を使いブログを書き続けた私はまだまだ未熟ですが、中国語学習ブログを開設する時の注意点や体験談を話してみたいと思い、書かせていただきました。パソコンのプロではありませんが、ご参考になりましたら幸いです。

中国語が正しく反映

中国語初級者の方には日本のブログがおすすめですが、せっかく中国語で文章を書いても文字化けで見れなければ、意味がない事です。ブログを開設する前に一度中国語でテストしてみてはいかがでしょうか?

体験談:ブログによっては、本文は中国語対応になっているものの、タイトルが中国語を上手く反映できないものがあります。また、本文中で四声付きのピンインを表示できない場合がありますので、要注意です!

海外への閲覧制限

中国語を学んでいる方の中には日本と海外を行ったり来たりしている方が多いのですが、中国に行ってもブログを中断したくない場合は海外での閲覧制限がないブログが良いですね~

体験談:今利用してるgooブログは中国でも問題なくアクセスができて、一時帰国した時でもブログを続けられます。予告がなく突然、海外閲覧制限の対象となったブログをいくつか目撃!中国で更新したいブロガーは可愛いそうで・・・

データ容量の問題

ブログを更新しようと思ったら、急に「もう容量が一杯で」という事態に直面し、驚いたブロガーが結構いるようです。ブログのの引っ越しは大変な作業になります。長い目で考えれば容量にも気を付けて選んだ方が良いでしょう~

体験談:ブログで画像や動画の投稿を多くしたい方は容量の大きさが肝心!

カスタマイズ性

ブログのデザインにこだわりのある方は、ブログのカスタマイズ性を重視!それはブログ会社によって大きな差があります~テンプレートやブログパーツ、動画に対応などある程度事前に調べた方があとあと後悔しないように・・・

安定性

就職と同じく信頼性のある会社で働きたいですね~頻繁なメンテナンスや不具合でブログ更新に支障が出るのも困ります。

体験談:最初、gooブログとクルルブログを内容により使い分けていましたが、1年後にクルルの方が、急にサビースを終了したという連絡があり、ビックリ!改めてgooにして良かったな~と思いました。

中国現地の会社が提供しているブログサービスの利用

本気で中国語学習ブログを作りたい中級レベル以上の方は、中国産のブログをオススメします~読者は中国人が相手となりますので、コメントなどの交流は当たり前のように中国語を使います。



メリットはいろいろ

  • 中国現地のブログサービスの技術水準は高く、日本では馴染みのない機能の面白さも味わえる
  • ネットは実際の付き合いとは違う面もありますが、国民性や思考習慣などをリアルで実感できる
  • 中国のネット環境で、興味のある分野で関係する語彙を増やせることが期待できる
  • 国際的なビジネスチャンスやアイデイアが生まれる可能がある
  • ブログ操作も全部中国語で、IT関係の用語に詳しくなる

体験談:まさに今の私がやっている事で、日本語を学ぶには日本のブログを利用し、日本語で書くことです~ちなみに、中国の「新浪ブログ」のユーザーIDも持っています。人気ブログランキングや著名人・芸能人の公式ブログも充実しています~


↑北京在住、日本人俳優んの矢野浩二さんのブログです。
中国で最も有名な日本人俳優とされて中国をメインに活動しています。
矢野浩二の公式ブログ(中)


↑中国ネットでアクセス数1日2万回の日本人人気ブロガー東京パンダ(TokyoPanda)
TOKYO PANDA-中国で活躍する日本人ファッションブロガー
TOKYO PANDAの公式ブログ(中)

 簡単に登録ができますので、一度お試しになってはいかがでしょうか?

    
↑新浪ブログの登録      ↑百度ブログの登録      ↑網易ブログの登録

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中国語 声調の習得について(上)

2011年03月08日 | 発音の研究室

 「上海」をピンインで読むと「shàng hăi」と読みます。中国語では「上」は第四声、「海」は第三声です。日本語では「シャンハイ」と読みます。日本語読みでは「ジョウカイ」と読むべきところですが、中国語を学習したことがなくてもほとんどの人がそれなりに読めてしまうので、不思議な単語の一つです。

中国語の「shang」と日本語の「シャン」は明らかに違う発音ですが、日本語の「シャン」は上から下げ方向で読む感じのため、中国語と同じように第四声に聞こえてきます。

それでは、中国語の初学者が「上」は第四声だと最初から知っているかというとそうではありません。事実、「上」の感じだけを取り上げて、「中国語では何声ですか?」と聞いても、「まだやっていないので分かりません」という答えが返ってきます。

上記の事例から分かることは、「上海」を即座に読む場合、「shàng」を第四声と意識しているわけではなく、「上海」という言葉を通じて自然と身体に染みついてしまったわけです。会話をするときには、いろいろな単語についてこのような状態に引き上げることが重要ですね~

それについての唯一の方法は、中国語の音を音として理解するための、繰り返しのトレーニングしかありません。(具体的にはヒアリング、シャドウイング、リピーティングの練習など) その都度、音を漢字やピンインに置き換えて声調を考えながら話せば良いのでは?という考え方もありますが、残念ながら反応速度の低下により実際のコミュニケーションが成り立たないでしょう~

それでは、マスターしたはずのある漢字の発音について、前後の文字の組み合わせが異なると、とたんに正しく発音できなくなってしまうという経験はないでしょうか?次回は、そのメカニズムについてお話したいと思います。

一言中国語
替换(tì huàn)→置き換える
构造(gòu zào)→メカニズム

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

成語からわかる中国の消えた刺身

2011年03月07日 | 中国のグルメ・漢方・茶



中国語には「膾炙人口」という四字熟語があり、広く人々に好まれる、という意味です。実はこの言葉の由来を考えてみると、中国ではかつて刺身を食べる習慣があったということが分かります。

鱠(なます)は、魚介類や野菜類を酢を基本にした調味料で作った料理で、生食文化が盛んな日本では一般的な料理です。「膾」は生の魚、「炙」は炙った肉を意味します。

中国語ではかつて時代が進化し、火力が焚火から石炭に移り変わると、いつの間にかに生の魚を食べていた習慣が消えていきました。日本独特の良い素材をそのまま味わうということよりも素材を加工してより良く味わうという方法に移っていったわけです。

人々の食に対する基本思想が、その後の食文化の方向性を大きく左右したと思いますが、なぜもともとの基本的な考え方が違っていたのかはまだまだ研究中です~

一言中国語
脍炙人口(kuài zhì rén kŏu)→広く人々に好まれる
不知不觉(bù zhī bù jué)→知らず知らずのうちに、いつの間にか
醋拌凉菜(cù bàn liáng cài)→酢の物

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

中国語の類義語-「忘と忘記」の違い・使い分け

2011年03月07日 | 違いがわかる中国語類義語

中級向けの類義語「忘」「忘記」の使い分けについて説明します~「忘れる」という意味で共通して使われる場合がありますが、ニュアンスや語法による違いがメインとなります。

上手に使い分けするには、まず以下のヒントを参考にしてください~

vs 忘记

  • 意味は基本的に同じ、は話し言葉で忘记は書き言葉に多く使う
  • 忘记は経験した事が記憶にない、または、やるべきのことをうっかりして忘れてしまった場合に多く使う

「忘+在+場所」
物をどこかに置き忘れたことを表す
◯书忘在学校了 
☓书忘记在学校了

「忘+了+目的語」
◯不会忘了你 
☓不会忘记了你

「忘+得+補語」
◯忘得一干二净  
☓忘记得一干二净


 ↑常用の組み合わせを覚えてもっと使いこなせるようになりましょう~

※今回紹介しきれない特殊な用法や例外は他にもあると思いますので、ご注意ください。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加