Welcome to my Attic!

ちろとみっこの秘密の部屋

あの時の挫折

2017年05月13日 | 日記


ずっと心の片隅にあった悔しい、残念な思い。それは〇十年前の大学受験。第一志望のA大学に失敗し、滑り止めのD大学へ進学したこと。もしも。。。という思いはずっとあった。

ある日、突然思い至った。D大学でよかったんだと。A大学の文学部はあのころ(今は知らない)、一類と二類があって、英文科に進みたかった私は、確か二類を受験した。ところが、二類には英文科やら仏文科やらいろいろあったように思う。専攻を決めるときは恐らく成績のいい人は英文科に進む人が多かったのではないか。だとすると、私は希望しない科を選択せざるを得なかったかもしれない。

D大学はストレートに英文科を選択できた。そういう仕組みだった。他にも候補にあがった大学があったが、やはりそこが合格しても英文科には進めなかったかもしれない。今になってそのことに気づいた。あれでよかったのだ。そう思った。やっと、自分はD大学出身なのだと自覚しているいまだ。ないものねだりはいくつになっても延々と続く。これでいいのだと落ち着くには紆余曲折がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰省04/15~16 | トップ | 自分の最後を考える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。