悟るまでの日記

ブログ開始後225日目に悟りが訪れました。発見あり、挫折ありのリアルな成長日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春分の日 見えない力が降り注ぐ 2017

2017-03-20 15:59:21 | 日記
疑い深い性格の私ですが、春分の日に、なにか見えない力が動くというのは、もう、疑いようがないです。

見えない力が動くなんて、なんてうさん臭い言葉でしょう!

そう感じている方の気持ち、強く理解できます。


2015年の春分の日の記事を読んだ方に、「とても淡々と綴っているね」と言われ、

1年後に読み返してみたら、書いている内容は、驚くべきことなのですが、

非常に冷静に淡々と綴っているなと自分でも思いました(笑)

1年と時間が空いたからそう感じたということもあります。

実際に体験すると、そんなものなんですよね。

ありえないと思っていても、実際目にすると、それはもう、普通のことになるような感じ…

だから、起きた事実のみ、書いていたら、

感情表現のない、淡々とした記事になっていました(笑)

淡々過ぎて、うさん臭いですね(笑)

分かっていますが、でも、これからも起きたことを、淡々と綴っていく記事になるかと思います。


私が日本から今住んでいる国に引っ越してから、早1年10ヶ月、

この国に来てからは、日本である期間に続けて起きた神秘的な体験はとても少なくなっていました。

しかし、先週一週間、続けて沢山の体験、沢山の理解が私の元にやってきました。

・突然体が宙に浮く感覚になり、無意識に、手足をバタバタさせて、下に戻ろうとした。

・私が空間と一体化して、私が宇宙の中心にいて、尚且つ私は宇宙のマテリアルなんだと体感し、

だからこそ、私が宇宙に影響を及ぼす力があるのだということが分かった。

・私がストレスに感じてしまう人への理解。もうDNAレベルで人のタイプは決まってしまっている。

だから「イライラするなぁ、この人」って、感じる人に対しても、とても温かい目で見守る感情が湧いた。

DNAは言わば、その人の「設定」。

そういう設定で生まれてきたのだから、しょうがないものね。

精神的な弱さ、鬱などの精神疾患、コミュニケーションが苦手な人も、DNAレベルで決まっているんです。

だから、自己嫌悪に陥ったりしないで!

この世界の創造者が、そのように作っただけ。

DNAという設定で決まっているのだから、受け入れて、上手く付き合っていくしかない。

これに加えて、子供の頃の家庭環境も、人格形成に大きな影響を及ぼす。

家庭環境も子供の力では、操作することはできない。

親を責めてもいけない。

親も、そのように育てられたのだから。

ルーツを辿ると果てしない。

大人になってからできることは、先祖からのネガティヴなルーツを自分の代でカットする努力。

子供に引き継がせない努力はできる。

自分を知り、自分を受け入れ、ネガティヴ要素をどう改善するか、意識することができる。

個人の自由だけど、与えられたものがこうだから仕方ないと、諦めて、何もしないよりは、

自分にできることをする方が、日々の生活にフォーカスして話せば、だいぶ、人生は良くなる。


・これは以前にも突然訪れたのですが、ストレスを感じている、悩んでいることを、

リラックスして楽しむことができる感覚が再来した。

地球という名の、演劇場に、魂の姿の私が訪れ、

この劇場で公演されている、喜劇、悲劇に参加しているだけ。

私の魂が、私の身体にふっと入っていく姿が見えました。

私の身体はまるで人形のように見えました。

私達がいるこの世界が、人形劇のように見えて、

おもちゃのようで、全くリアル感がないんです。

魂の姿である方が、リアルでした。

本来の自分を忘れ、この演劇の役柄が自分だと思ってしまっている感を、大きく感じました。


最近いろんな情報が入ってきたり、不思議な体験があるなぁ、思っていたら、

「春分の日」が、近いことに後から気付きました。

日本のカレンダーがないから、忘れてしまっていました。

春分の日のパワーは、1日だけでなく、春分の日前後にも大きな力が動いているんですね。

古代の遺跡には、春分の日を重視していた証拠が沢山ありますよね。

春分の日になると、大蛇の姿が現れるピラミッドがあったり




古代にはテレビもゲームもインターネットもない静かでシンプルな暮らしだったから、

見えない力に敏感に気付けていたのでしょうか?


見えない力が降り注ぐ今日を大切に過ごします。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 邯鄲の夢 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL