天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

難病の危機から目の健康を守ろう

2016-10-16 | ルテインについて


ある日、突然、視野に異常が起きたら、そして、病院の検査で糖尿病網膜症や加齢黄斑変性と診断されたらどのように対処すればよいのでしょうか。

実は、毎年のようにある日突然、多くの方が見え方の異常に気が付いて病院へ検査を受けに行き、網膜の変性症などの診断を受けています。
これらの病気は、放置することで失明の危機にさらされる怖い病状です。

事実、2016年現在も、完治が期待できる治療法が確立されておらず、成人の失明原因の1位となっています。

欧米の多くの先進国がそうであるように、日本でも糖尿病網膜症や加齢黄斑変性といった難病に対処するために天然ルテインを使用するケースが増えてきました。

これは何を意味するのでしょうか。

ヒトの体内に発生する過剰な活性酸素は、ヒトの身体に起こりうるすべての病気の90%以上に関わっていることが明らかになっています。

加齢黄斑変性も糖尿病網膜症も原因を探っていけば体内に発生する過剰な活性酸素であることが明らかになっています。

天然ルテインは抗酸化物質として優れた力を有しています。






自然界においてはヒトの体内に発生する凶暴な活性酸素に対抗できる抗酸化物資はわずかに6つくらいしかありません。
それは、キサントフィルであるルテイン、ゼアキサンチン、ネオキサンチン、ビオラキサンチン、α-およびβ-クリプトキサンだけなのです。

中でもルテインには多くの可能性が指摘されており、優れた抗酸化物資であることがわかっています。

キサントフィル(独:Xanthophylle)は、活性酸素の中でも、特に凶暴な力を持つ【ヒドロキシルラジカル】に対抗し得る強力な抗酸化物質です。
物理的なストレスや、心的ストレスは、過剰な活性酸素を産生します。

特に、【ヒドロキシルラジカル】が体内に産生されると、ヒトの脂質は、瞬時に【酸化変性】されます。
酸化ストレスによって、ヒトの体内に【過酸化脂質】が産生されるのです。

【過酸化脂質】は、ヒトの細胞膜の機能を、容赦なく壊変していきます。
ヒトの細胞への攻撃と共に、酵素系や遊離蛋白にも、酸化による攻撃が始まります。

例えば、【過酸化脂質】が産生されると【酸化LDL】は、血管の主要構成組織である【血管内皮細胞】を攻撃します。
すると、ごく短期間に血管そのものがボロボロになって、動脈硬化を発症させていきます。

また、【過酸化脂質】の産生は、血栓ができやすい体質になるため、脳梗塞や心筋梗塞などの引き金を引く大きな要因になります。

例えば、脳や肝臓といった部位に、過剰な【過酸化脂質】が蓄積されると、アルツハイマーや認知症、肝臓がんなどを誘発する可能性が高くなります。


ここでいうところの【活性酸素】とは、Hydroxyl Radicalのことであり、ヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルのことです。
活性酸素と呼ばれる分子群のなかでも、最も反応性が高く、最も酸化力が強い、猛毒のような性質を孕んでいます。

ヒトの体内の糖質・タンパク質・脂質など、体内のあらゆる物質と瞬時に反応するのです。

現在、ヒトの体内から、ヒドロキシルラジカルを除去する最も有効な物質は、【抗酸化物質】です。

※ ヒドロキシルラジカル (hydroxyl radical) はヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルで、•OH と表されます。
活性酸素と呼ばれる分子種のなかでは最も反応性が高く、最も凶悪な酸化力を有しています。

特に糖質やタンパク質や脂質などあらゆる物質と反応する性質があり、反応性の高さゆえ通常の環境下では長時間存在することはできません。
生成後速やかに消滅しますがもしも、消滅しなければ人体は即座に死に至ります。

生成の仕組みは、 過酸化水素への紫外線の照射、酸性条件で過酸化水素と二価の鉄化合物を触媒的に反応させるフェントン反応によって生成されることがわかっています。



目が健康であるかどうかの検査では、網膜や水晶体にどれだけルテインが存在するか、血中濃度が高ければ高いほどその目は健康であるという指標のひとつになっています。


寝不足であったり、疲れがたまっているときは体内の活性酸素も過剰に産生されていきます。
大切な目の健康を守るためには優れた抗酸化物質は必要不可欠です。

医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】は優れた抗酸化物質です。
この機会に、ぜひお試し下さい。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失明の危機から目を守ろう | トップ | 失明の危機・難病対策はメデ... »
最近の画像もっと見る