天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

医療関係に従事する方たちのための特別なルテイン

2016-08-22 | ルテインについて



メディカルルテインはその名前が示すように医療関係に従事する人々のために開発されたサプリメントです。
眼科医の方の中にもご愛用いただいている方が少なくないのは、上記の理由によります。

また、ごく近い将来、iPS細胞を軸とする完全無欠の治療が開始されることは時間の問題であり間違いありません。
それまでは、なんとしてでも失明の危機を避けたいという思いも多くの方が抱いているのではないでしょうか。




難病解決の糸口は、いろんな分野からアプローチされています。

いまからおよそ60年前の1956年。
初めてフリーラジカル仮説を提唱したのはデナム・ハーマン博士でした。

その当時の科学では抗酸化物質の摂取がヒトの寿命や健康に多大な影響を与えると考える人はひとりもいなかったのは周知の事実です。
もちろん、『フリーラジカル仮説』は、当初、科学界の異端扱いを受けていました。

21世紀を迎える頃になると分子生物学などの最先端科学の分野の研究成果が活発化、それにともなって、活性酸素とミトコンドリアの関係が明らかになりました。
2016年現在では多くの研究者により、フリーラジカル仮説の正当性を立証するような研究報告が続出するようになるまで、実に長い歳月を要しました。

脂質や紫外線が加齢黄斑変性を誘発する原因であることや、活性酸素の仕組み、あるいは強い抗酸化物質が寿命を延ばしたり健康を促進する働きがあることが判明したのは、つい最近のことなのです。

それは寿命を制御する遺伝子の力を示すテロメアや、長寿遺伝子を活性化させる栄養素(FR)などの存在が、最近になってようやく明らかになってきたからに他なりません。

いまでは食物から摂取される抗酸化物質には、脂質の酸化を抑制する働きがあり、癌を抑制したり、動脈などの血管を健康に保つ働きがあることが実証されてきて、多くの研究者はこの分野に大きな可能性があると考えています。

多くの方に支持されているメディカルルテインですが、原料の高い品質を維持することや一定の数量を確保することが年々、厳しい状況になっていることも事実です。
厚生労働省がサプリメントとして販売を認可したのはその安全性や有用性からでしたが、
それ故に安価な原料から製造されたあまり価値のないものはルテインサプリメントとして販売が継続されるかも知れませんが、医療水準の天然ルテインはこれからは入手すること自体が困難な状況になっていくことが予想されます。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。




この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインで、目の健康を守ろう

2016-08-12 | ルテインについて


21世紀に入って医学は目覚ましい発達を遂げています。

多くの難病の原因などが解明されてきました。

ただ、それによってどれぐらいの目の難病が解決されたのでしょうか。

白内障は加齢によって誰もが発症する病気ですが、原因は解明できても根本的な治癒は不可能です。

では、視力を失わない方法はとなると手術しかありません。

この場合の手術は目の水晶体を取り除き、取り除いた水晶体の代わりにピントを合わせる働きをする眼内レンズを挿入するというものです。
2016年現在も、手術以外に白内障そのものを完治させることは不可能なのです。

何故、不可能なのかをわかりやすく言いますと、水晶体の細胞は特殊なタンパク質で構成されておりこの部位の細胞の発生時にクリスタリンが他の器官に触れることで萎縮を起こしてしまうのです。萎縮することでタンパクの合成機能も失われるのでクリスタリンは他のタンパクと異なり交換・補充が利きません。

水晶体を構成しているクリスタリンとは、一生にわたって使用される特殊なタンパク質なのです。





α-クリスタリンのシャペロン機能が十分に機能しなくなると、シスチン結合などを形成して固まってしまうことがわかっています。
そうなると水晶体は透明度を失って、視力に障害が生じます。
これが白内障の原因です。

加齢によって起こる白内障は手術するしか方法は無いのは上記の理由によります。

他の目の難病である加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・緑内障などの治療法は未だ、確立されていません。
つまり、完治させる手術の方法も確立されていないのが現状です。

欧米などの医療先進国では、天然ルテインの使用を勧めるケースが圧倒的に多いのは上記の理由があるからに他なりません。

医療水準の天然ルテインは材料を確保すること自体が困難であり、需要と供給のバランスから考慮すると、今後、高品位のサプリメントを入手することはさらに難しくなると予想されます。

2016年現在もルテインに代わる抗酸化物質は発見されていません。

ブルーベリーなどはほとんど効果も期待できませんし、市販のルテインといっても内容を確認すると肝心のルテインはほとんど配合されていないものが大半を占めています。

目の健康を守るために、安全性に欠ける安価な合成のルテインではなく、天然ルテインを原料とする医療水準の高機能サプリメントをご使用ください。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

目の難病に負けない 失明の危機を乗り越えよう

2016-08-01 | ルテインについて


ほんの30年前には日本には存在しなかった病気、それが加齢黄斑変性です。

激変する環境の変化はわたしたちの健康を脅かしています。

2016年現在、加齢黄斑変性になりやすい遺伝子が日本人に存在することは既に明らかになっています。
圧倒的に増加している糖尿病網膜症も失明リスクの高い難病のひとつです。

難病の定義は、いまの医療技術では完治することが困難な病気を指します。
つまり、一旦、上記のような難病に罹病してしまえば、元の健康な目を取り戻す術が無いという事実です。

2016年現在も、放置しておけばやがて確実に失明に至る目の難病は増加するばかりです。

電磁波や紫外線、あるいは喫煙などの生活習慣がこの病気を発症する引き金であることからも【加齢黄斑変性】は【生活習慣病】であると認識されているのです。

例えば、パソコンのディスプレイを凝視する職業では、青色光網膜傷害(英: Blue-light hazard)が発症します。

重篤な眼の傷害の危険性が確認されています。
これは、紫外線の波長が主に400nmから500nmであり、この光の暴露により光化学的に引き起こされる網膜損傷です。

また、青色LEDの波長も紫外線とほぼ重なっているために網膜損傷を引き起こす光化学的なメカニズムは、目の光受容体による光吸収によって引き起こされることがわかっています。

光が光受容体に照射される通常の状態では、その細胞が白濁することで代謝過程を通して光受容体としての機能が回復する事が知られています。
ところが、いったん青色光を多く吸収してしまった場合は、細胞が白濁してから機能回復する前に再び悪化するプロセスを引き起こす事があり、網膜細胞の酸化的損傷の可能性を大きく増加させます。





皮膚や網膜は、それほど強くないレベルの紫外線放射や短波長光であっても、長期間暴露すると元に戻らなくなるほどの変化を引き起こすのです。

加齢黄斑変性の要因となる生活習慣では、煙草の喫煙と滲出型の加齢黄斑変性の間には、明確な因果関係があります。
40年以上喫煙の習慣があり、煙草の煙を肺の奥まで深く吸い込む習慣のある場合では、そのような習慣が無い人に比べると滲出型の加齢黄斑変性の発症率は1.7倍から2.3倍となります。

オゾン層の破壊によって増加してきた紫外線も、眼の網膜色素上皮細胞を確実に酸化させていきますから、加齢黄斑変性の大きな要因のひとつです。


目の難病に負けない環境を整える有効な手段として、優れた抗酸化力をもった【ルテイン】に注目が集まっています。

この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカル ルテイン】をぜひ、お試しください。




医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

失明の危機を乗り越えよう ルテインの力

2016-07-21 | ルテインについて



21世紀に入って、それまで日本に存在しなかった難病が増加の傾向にあります。

環境の変化のスピードが大きな要因と考えられています。

自らの健康を守るためには、正しい知識と知恵が必要です。
いちばん大事なことは、治療法や取り組み方が、本当に現在の日本人の体質に適合しているかという事です。

カルテがドイツ語で書かれていた時期は、ドイツの医療が進んでいた時代の名残でしたし、近代から1970年代までは、日本はアメリカの医学を、そっくりそのまま模倣していた時代です。

例えば、1970年代の日本の医療は、『アメリカのコレステロール悪玉説』そのままを鵜呑みにして、日本の当時の臨床医たちが、自分の患者たちに『肉や卵の摂取を極端に禁じた』ため、血管そのものが弱くなり、高血圧の患者の中には、脳卒中を発症してバタバタと人が死亡していき、骨も弱くなって、転んだだけで骨折、そのまま寝たきりという人が続出した、悪夢のような時代がありました。

そもそも、1970年代の日本人は、欧米のように大量に肉や卵を食べていないにも関わらず、日本人の体質を考えようともしないで、安易に、そのような指示を出してしまったのでしょうか。

良質のたんぱく質は、骨や血管を強くする原料ですし、少量のコレステロールがなければヒトは生存できません。

コレステロールは肝臓から血液によって運ばれ、それぞれの臓器で細胞膜になったり、各種ホルモンの原料になります。
コレステロールも健康のためにはなくてはならない栄養素のひとつなのです。

余ったコレステロールは、肝臓に再び戻ってきます。
もちろん、使用済みのコレステロールも肝臓に送り返されます。

肝臓発のコレステロールは『LDLコレステロール』といいます。
肝臓に戻るコレステロールは『HDLコレステロール』です。

どちらも、健康のためにはなくてはならない物質なのです。


ただし、LDLコレステロールが酸化すると事情は変わってきます。

酸化することで、動脈の血管壁に沈着していき、プラークを形成するからです。

そうなると、血管が狭くなりますから、動脈硬化を引き起こして、高血圧になっていきます。




『酸化ストレス』が、動脈硬化などの【血管の老化】を引き起こすことは、多くの研究者の指摘するところですが、『酸化ストレス』は、また、加齢黄斑変性(AMD)を発症させる引き金でもあります。

これを予防する手段としては、『酸化ストレス』を取り除く『酵素』である、SODを摂取することが有効であるといわれています。

SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)は、日々の生活で体内に発生する活性酸素を除去する働きのある酵素のことですが、酸化を防止する物質として抗酸化物質ともいいます。

目の健康を守る抗酸化物質の雄は、もちろん『ルテイン』です。
ルテインは動脈硬化を防ぐ働きがあることも知られています。

抗酸化物質であるルテインは、がんのリスクファクターである『酸化ストレス』によって引き起こされる遺伝子へのダメージを減少させるという報告もあります。

ルテインには、悪性腫瘍など突然変異した細胞をアポトーシスへと誘導する働きがあることがわかってきました。
マウスの実験では『ルテインはリンパ球を増殖させ、腫瘍の成長を抑えた』と報告されています。


ちなみに実験用のマウスのSODを欠失させる実験では、体内の抗酸化物質(SOD)を消されたマウスは拡張型心筋症を発症し早期に死亡することがわかっています。



この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。


この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインで失明の危機を乗り越えよう

2016-07-13 | ルテインについて




21世紀に入って地球規模の環境変化が起きています。

糖尿病の原因となるフルクトース飲料の出現、パソコンのディスプレイやIH、電子レンジや携帯電話などの電子機器による電磁波の被曝、拡大するオゾンホールによる膨大な量の紫外線被曝など

加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、白内障、緑内障などの目の難病の引き金が増加しています。

特に、ほんの30年前までは日本に存在しなかった加齢黄斑変性は21世紀型の目の難病であり、潜在的な患者数はかなりの数になると推定されています。

加齢黄斑変性にはどのような特徴があるのでしょうか。


①【萎縮型の加齢黄斑変性】
②【滲出型の加齢黄斑変性】
大きく分類すると上記の2種類の病状が知られています。


主な原因としては、食生活などの生活環境が多大な影響を及ぼしています。
また、最近では、加齢黄斑変性になりやすい遺伝子の存在も指摘されています。

SOD活性が弱い体質など、加齢黄斑変性になりやすい体質もあります。

残念なことですが、【萎縮型の加齢黄斑変性】には、2016年現在も、確たる治療方法はありません。

【滲出型の加齢黄斑変性】の治療法としては、ブルッフ膜を突き破って発生する【脈絡膜新生血管】を抑えこみ、退縮させる方法がとられます。

この方法では、ある程度視力が改善されることも確認されています。
但し、元の正常視力に戻るのかというと、完全に戻ることは、ほとんどありません。





では、その治療法とは具体的にどのようなものでしょうか。

① PDT光線力学的療法

これは、眼科PDT(photodynamic therapy)の認定医による治療法です。

② 薬物治療
 
この治療法は、新生血管発生の原因である血管内皮増殖因子を阻害させるため、血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬としてマクジェンあるいはルセンティスという薬物を、硝子体腔に定期的に注射する治療法です。

③ レーザー凝固

レーザー光線による治療法です。
黄斑の中心から離れた場所にある【新生血管』だけを狙って、レーザー光線で凝固し破壊する治療法です。

④ 新生血管抜去術

手術により新生血管を抜去する治療法です。
CNVが中心窩下に無い場合のみの適用になり、抜去後、新たに暗点が生じる可能性があります。

⑤ 放射線療法

脈絡膜新生血管を退縮させる目的で放射線を照射する治療法です。

⑥ ステロイド

トリアムシノロン アセトニドをテノン嚢下又は硝子体内に投与することにより、【新生血管】を退縮させる治療法です。
投与により緑内障を発症させる可能性があります。


以上が2016年現在行われている主だった【加齢黄斑変性の治療法】ということになります。

欧米ではこれらの目の難病には医療機関が天然ルテインを推奨することが常識となっています。

近い将来、先端医療の進歩は画期的な治療法を確立すると信じて疑いません。

それまでは失明するわけにはいきません。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

ルテイン60

天然ルテイン25mg配合サプリメントメディカルルテイン60粒(2か月分)

ポイント割引で2回目以降はさらに10%OFF