天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

失明の危機・難病対策はメディカルルテイン

2016-11-28 | ルテインについて



★医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】で失明の危機を乗り越えよう

ほんの30年前までは日本には存在しなかった目の難病が増加しています。


加齢黄斑変性は白人の病気であると当時の医学の教科書には記載されていましたが、2016年現在、日本の失明にいたる難病の第3位になってきました。
緑内障や糖尿病網膜症なども治療法が確立していない目の難病であり、失明に至る確率が上昇しています。

欧米でも最先端医学では治療することが困難であるということから、優れた抗酸化力を有する天然のルテインが注目されています。
眼科の専門医も医療水準のルテインを常用していますし、患者にも勧めることが常識になっているのです。

では、何故、先進国の医療機関は天然のルテインに注目しているのでしょうか。


それは、ルテインが希少なキサントフィルであり、優れた抗酸化力を有する稀有な存在であるからに他なりません。
数々のエビデンス(医学的証明)を既にルテインは獲得しているのです。

医学的証明の中でも特に注目されているのは、ルテインの成分の働きとして活性酸素のスーパーオキシドを処理する酵素SODです。

SODというのは、スーパーオキシドディスムターゼ(Superoxide dismutaseを略して以下SODという)のことで、スーパーオキシドアニオン(・O2-)を酸素と過酸化水素へ不均化する【酸化還元酵素】のことを指します。

SOD活性は、年齢が若ければ若いほど高く、加齢とともに次第に失われていき、30代も後半になるとほとんど不活性化することが明らかになっています。
アスリートやプロのスポーツ選手の選手寿命とほぼ一致していることからも、研究対象として大きな注目を集めている研究分野でもあります。



SOD(スーパーオキシドディスムターゼ:superoxide dismutase)が活性化することにより、大量に発生する活性酸素の処理が可能になり、人は100歳前後まで寿命を延ばすことができると考えられているのです。

ヒトの1日の酸素摂取量は、約500Lですから、そのうち、2%に当たる約10Lの活性酸素が体内で発生します。

この膨大な量の活性酸素を処理する能力、すなわち、SOD活性の高い人ほど、寿命が長く健康体であることが明らかになっています。
SODを活性化するルテインの抗酸化力をお試しください。


失明のリスクから大切な目を守るための医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】
身体にやさしい遊離体ルテインですから身体に負担がかかりません。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

難病の危機から目の健康を守ろう

2016-10-16 | ルテインについて


ある日、突然、視野に異常が起きたら、そして、病院の検査で糖尿病網膜症や加齢黄斑変性と診断されたらどのように対処すればよいのでしょうか。

実は、毎年のようにある日突然、多くの方が見え方の異常に気が付いて病院へ検査を受けに行き、網膜の変性症などの診断を受けています。
これらの病気は、放置することで失明の危機にさらされる怖い病状です。

事実、2016年現在も、完治が期待できる治療法が確立されておらず、成人の失明原因の1位となっています。

欧米の多くの先進国がそうであるように、日本でも糖尿病網膜症や加齢黄斑変性といった難病に対処するために天然ルテインを使用するケースが増えてきました。

これは何を意味するのでしょうか。

ヒトの体内に発生する過剰な活性酸素は、ヒトの身体に起こりうるすべての病気の90%以上に関わっていることが明らかになっています。

加齢黄斑変性も糖尿病網膜症も原因を探っていけば体内に発生する過剰な活性酸素であることが明らかになっています。

天然ルテインは抗酸化物質として優れた力を有しています。






自然界においてはヒトの体内に発生する凶暴な活性酸素に対抗できる抗酸化物資はわずかに6つくらいしかありません。
それは、キサントフィルであるルテイン、ゼアキサンチン、ネオキサンチン、ビオラキサンチン、α-およびβ-クリプトキサンだけなのです。

中でもルテインには多くの可能性が指摘されており、優れた抗酸化物資であることがわかっています。

キサントフィル(独:Xanthophylle)は、活性酸素の中でも、特に凶暴な力を持つ【ヒドロキシルラジカル】に対抗し得る強力な抗酸化物質です。
物理的なストレスや、心的ストレスは、過剰な活性酸素を産生します。

特に、【ヒドロキシルラジカル】が体内に産生されると、ヒトの脂質は、瞬時に【酸化変性】されます。
酸化ストレスによって、ヒトの体内に【過酸化脂質】が産生されるのです。

【過酸化脂質】は、ヒトの細胞膜の機能を、容赦なく壊変していきます。
ヒトの細胞への攻撃と共に、酵素系や遊離蛋白にも、酸化による攻撃が始まります。

例えば、【過酸化脂質】が産生されると【酸化LDL】は、血管の主要構成組織である【血管内皮細胞】を攻撃します。
すると、ごく短期間に血管そのものがボロボロになって、動脈硬化を発症させていきます。

また、【過酸化脂質】の産生は、血栓ができやすい体質になるため、脳梗塞や心筋梗塞などの引き金を引く大きな要因になります。

例えば、脳や肝臓といった部位に、過剰な【過酸化脂質】が蓄積されると、アルツハイマーや認知症、肝臓がんなどを誘発する可能性が高くなります。


ここでいうところの【活性酸素】とは、Hydroxyl Radicalのことであり、ヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルのことです。
活性酸素と呼ばれる分子群のなかでも、最も反応性が高く、最も酸化力が強い、猛毒のような性質を孕んでいます。

ヒトの体内の糖質・タンパク質・脂質など、体内のあらゆる物質と瞬時に反応するのです。

現在、ヒトの体内から、ヒドロキシルラジカルを除去する最も有効な物質は、【抗酸化物質】です。

※ ヒドロキシルラジカル (hydroxyl radical) はヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルで、•OH と表されます。
活性酸素と呼ばれる分子種のなかでは最も反応性が高く、最も凶悪な酸化力を有しています。

特に糖質やタンパク質や脂質などあらゆる物質と反応する性質があり、反応性の高さゆえ通常の環境下では長時間存在することはできません。
生成後速やかに消滅しますがもしも、消滅しなければ人体は即座に死に至ります。

生成の仕組みは、 過酸化水素への紫外線の照射、酸性条件で過酸化水素と二価の鉄化合物を触媒的に反応させるフェントン反応によって生成されることがわかっています。



目が健康であるかどうかの検査では、網膜や水晶体にどれだけルテインが存在するか、血中濃度が高ければ高いほどその目は健康であるという指標のひとつになっています。


寝不足であったり、疲れがたまっているときは体内の活性酸素も過剰に産生されていきます。
大切な目の健康を守るためには優れた抗酸化物質は必要不可欠です。

医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】は優れた抗酸化物質です。
この機会に、ぜひお試し下さい。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

失明の危機から目を守ろう

2016-10-10 | ルテインについて


加齢性黄斑変性などの病気は、2016年現在も治療の方途が確立されていませんし、放置しているとやがて失明に至る怖い病気です。

このような難病は、細胞内で引き起こされている生体分子の傷害によって引き起こされることがわかっています。

緑内障・糖尿病網膜症などの失明に至る可能性を有する目の難病の原因は、細胞そのものを老化させる働きを持つ活性酸素の過剰な産生によるものであることが明らかになっています。
つまり、ヒトの生体に致命的ともいうべきダメージを与える代表的なものは『活性酸素』であり、人体に起こりうる病気の90%以上は、過剰に産生された活性酸素が原因であることが指摘されています。

酸によって鉄が錆びていくように、過剰に産生された活性酸素によって人体は錆びて老化が進みます。
これをフリーラジカルと言います。

こういった『フリーラジカル説』を提唱したのは、1956年にアメリカのD・ハーマンが『放射線によるDNA傷害』を老化の原因としたのが最初です。

さらに1969年には『SOD』が発見されて酸素ラジカル生成のシステムが解明されたことが『フリーラジカル説』を世界的な舞台へと押し上げていきます。

SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)とは、日々の生活で体内に発生する活性酸素を除去する働きのある酵素のことですが、酸化を防止する物質として抗酸化物質ともいいます。

これに加えて過酸化脂質や過酸化脂質ラジカルの生体へのダメージが実証されるようになると、D・ハーマンが当初想定していた範囲を大きく超えて、『フリーラジカル説』が発展してきたことになります。






※ その仕組みと効果的な対処法・・・


ヒトは1年間に2000g以上もの酸素ラジカルを体内に作っていることが明らかになっています。

ヒトの老化研究の権威であるR.G.カトラー博士が発表した1980年の論文では、肝臓・脳・心臓における比代謝率当たりのSOD活性と寿命の比較において、寿命とSODの関連性は、既に見事なまでに立証されています。

いままでまったく原因がわからなかった事象についても、明らかになってきました。
闇につつまれた分野を明るい場所へ引きずりだした、これまでにない新しい学問の登場です。
それが21世紀の分子生物学です。

いままでうかがい知ることのできなかったミクロの領域まで詳細に解明することができるようになってきたのです。
特筆すべきことに、分子生物学では、ターンオーバー(metabolic turnover)の仕組みが明らかになってきました。

いままではひと度、動脈硬化が起きれば、回復は不可能と考えられてきましたが、古くなったゴムホースのようなボロボロの血管でさえ、元の弾力を持った若々しい血管に再生可能であることがわかってきたのです。

血管では、内皮細胞もターンオーバーで元気に生まれ変わっていることが明らかになったからです。

ターンオーバー(metabolic turnover)とは、ヒトの生体で起こる代謝回転のことで、生物を構成している細胞や組織(生物学)が、新たに生体分子を合成したり、再び、細胞や組織を分解したりと、新旧の分子が、常に入れ替わりながら、ダイナミックな生体のバランスをとる【動的平衡状態】を言います。

ヒトの古い細胞や組織自体が、ある一定の期間を経て、新しい細胞や組織に入れ替わるのです。

もちろん、組織の種類によって、ターンオーバーの速度には大きな差異があります。

ルテインの効果を最大限に発揮させるためには、夜間に熟睡すること、喫煙の習慣を無くすこと、間接喫煙しないこと、昼間に紫外線を直接浴びない工夫をすること、車の排気ガスや大気汚染の影響を受けないこと、人的ストレスから遠ざかること、パソコンなどのブルーライトを避けること、電磁波を浴びない工夫をすることなどです。

全てを完璧にすることは困難なので、できることからチャレンジしましょう。

もちろん、医療水準の高機能サプリメントメディカルルテインの毎日の摂取が最も重要なポイントです。




大切な目の健康を守るために、医療水準の高機能サプリメント『メディカルルテイン』をぜひ、お試し下さい。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

高機能ルテインで失明の危機を乗り越えよう

2016-09-21 | ルテインについて


天然ルテインは脂溶性の栄養素ですから食後に摂取することで効率的に体内に吸収されていきます。
全ての栄養素がそうであるようにルテインにも体内の必要な部位に運んでいくための輸送体が存在します。

キロミクロン(英: chylomicron、)がルテインの輸送体であり、経路を通過するためにはこれ以外に輸送体は存在しません。


つまり、身体に吸収されたルテインが、眼の黄斑部位に輸送されていく経路は、たったひとつしかありません。

ヒトの体内に入ってきたルテインは、まず、キロミクロンに結合します。
キロミクロンの働きにより、リンパから肝臓を経てリポ蛋白と再結合することで体内を循環していくのです。

唯一、黄斑部位へのルテインの輸送は、この経路をたどる以外に道はありません。


ルテインが、ヒトの体内で最初に結合するキロミクロン(英: chylomicron、)というのは、リポ蛋白質粒子です。

トリグリセリドやリン脂質、コレステロールやタンパク質で構成されています。



キロミクロン(英: chylomicron、)の働きは、食物中の脂質栄養素を、腸から体内のその他の部位へと輸送することです。

脂肪やコレステロールは、血流の水性溶液中で移動できるようにしなければ、体内を循環することができません。

体内に摂取されたすべての脂質栄養素(外因性脂質)は、キロミクロンに結合することで、肝臓や心臓、あるいは、脂肪や骨格筋組織といったところに輸送できるのです。

もちろん、脂溶性栄養素であるルテインも例外ではありません。


摂取されたルテインの全てが、目にいくわけではありません。

子宮頚部や乳房は、もともと遊離体のルテインが多く集まっているところです。

紫外線のダメージを受けやすい皮膚にも遊離体のルテインは多く存在しています。

それは、紫外線などの酸化ストレスから、細胞の癌化を防御する働きをするために他なりません。


遊離体のルテインは、身体中を循環しているのですから、脳が必要としているのであれば脳に多く集まります。

もちろん、ルテインが体内を巡回して、必要な部位に到達するためには、上記の肝臓を経由するルートしかありませんから、日々の生活の中で、アルコールの飲みすぎや、肝臓に負担のかかるストレスなどを軽減できれば、さらにルテインが効果的に働く可能性が高くなります。

十分な睡眠や、心穏やかな状態が、より有利に働くのは言うまでもありません。

これから秋を迎えます。
この素晴らしい季節には、体調を整える豊かな力があります。

医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインの抗酸化力で失明の危機を乗り越えよう

2016-09-13 | ルテインについて


SOD(Super Oxide Dismutase)とは、スーパー・オキサイド・ディスムターゼの頭文字です。

日々の生活で体内に発生する活性酸素を除去する働きのある酵素のことですが、酸化を防止する物質として抗酸化物質ともいいます。
2016年現在もルテインという栄養素には熱い視線が注がれています。

例えば、健康と長寿の両面をサポートする物質の中で、キサントフィルであるルテインは史上最高の物質であり、その優位性は研究報告が重なるにつれ不動のものとなっています。





ルテインも酵素のひとつです。

2016然現在の計算方法では、体重当りの酸素消費量から、全ての動物の寿命が予測計算できます。
この計算方法によると、人の寿命は意外と短く、わずか15〜20年程度しかないことになります。

酸素消費量と寿命の関係は、例えば激しい運動を毎日繰り返す人は、その運動量と比例するように寿命も短いことが判明しています。
その理由は、運動量が多く激しいほど活性酸素の発生量も増えますから、発生した活性酸素の影響で、人の細胞が攻撃されて傷つく割合が
多くなるからです。


その一方で、毎日、年齢や体力に見合った適度な運動をしている人は、SODが活性化するため平均よりも長い寿命になることがわかっています。

SODのおかげで、人の寿命は20年以上であり70年から80年前後となっているのです。
それは、活性酸素のスーパーオキシドを処理する酵素SODの働きなのです。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ:superoxide dismutase)が活性化することにより、大量に発生する活性酸素の処理が可能になり、人は100歳前後まで寿命を延ばすことができると考えられています。

人の1日の酸素摂取量は、約500Lです。
そのうち、2%に当たる約10Lの活性酸素が体内で発生します。

この膨大な量の活性酸素を処理する能力、すなわち、SOD活性の高い人ほど、寿命が長いことが明らかになっているのです。

激しい運動をしない、あるいは過食をしないといった事が、寿命を延ばす要素ではありますが、もう一歩進んで、SOD活性を高める栄養素を摂ることは、さらに優れた健康法であると言えるでしょう。

ただ、寿命が長いだけでは人生を楽しむことができません。
いつも元気で、健やかであることが重要な問題ではないでしょうか。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

ルテイン60

天然ルテイン25mg配合サプリメントメディカルルテイン60粒(2か月分)

ポイント割引で2回目以降はさらに10%OFF