天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

失明の危機 ほんの30年前には日本にはなかった難病

2016-06-30 | ルテインについて



紫外線や電磁波は、ヒトの細胞に、深刻な酸化ダメージを及ぼすため、加齢とともに消化されなくなった老廃物は、ブルッフ膜に溜まりだすのです。

眼底検査をすると、老廃物はドルーゼンと呼ばれる白い塊として現れます。



このドルーゼンによる慢性の弱い炎症反応は、消化されることもなく増えていく老廃物によって、いつまでも持続していきます。

このような、ドルーゼンによる慢性的な弱い炎症が原因となって、目の健康に、様々な不具合を引き起こしていくことがわかっています。

ヒトの体内にある防御システムでは、このような炎症を防ぐために、色素上皮やブルッフ膜の周辺には、細胞による生理的な作用が起こります。



それは、炎症を防ぐ働きであり、細胞からは、多くのサイトカインが分泌されていきます。

サイトカイン (cytokine) とは、細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に情報伝達を行うのです。

特に免疫、炎症に関係して、細胞の増殖、分化、細胞死、創傷治癒に関係した働きをします。

本来、身体の健康を守るためのシステムとして働いています。

ところが、この時、サイトカインとともに、活性酸素も多量に分泌されますから、炎症はますます悪化します。







また、サイトカインは周辺の細胞に働きかけて、新生血管を伸ばす作用まであることがわかってきました。



この季節は、なるべく、夜は早めに就寝して、目覚めのよい朝を迎えることが最も重要なポイントです。

早めの就寝は、体内に摂取されたルテインの効果を倍増させる働きが指摘されています。

老廃物を除去するために働く、リンパ節や免疫系機能に、強いパワーを与えることになるからです。




ヒトの身体には、本来、優れた防衛システムが構築されています。

紫外線の無い夜に、きちんと身体を休めておくことは、この防衛システムをフル稼働させることにつながっていきます。

さらに、優れたキサントフィルであるメディカルルテインが加われば、より高度な防衛システムが構築されていく可能性があります。

この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。




この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインで失明の危機から目を守ろう

2016-06-23 | ルテインについて


現在、アメリカでは、4000人規模の臨床実験が行われています。
これは、ルテインを中心としたキサントフィル(独:Xanthophylle)の、加齢黄斑変性などへの効果を見るための、かつてない程の大規模検証実験です。

ルテイン(キサントフィル)は、ヒトの身体にどのような影響を及ぼし得るのでしょうか。

分子レベルで細胞を解析する機器が開発されて、視力の主要部位である【網膜神経細胞】を、分子レベルで解析する研究が、世界の医療先進技術を有する国々で新たにスタートしたことは、大きな希望であり、心強い限りです。

ヒトの身体の中で起こりうる【酸化ストレスに対する反応】など、いままでわからなかった謎が、明らかにされる可能性は非常に高いと考えられています。





電磁波・喫煙・紫外線などの影響で体内に生じた活性酵素が、遺伝子や細胞に与えるダメージが、重大な機能障害を引き起こすことがわかっています。

加齢黄斑変性における、網膜神経細胞上の炎症性のサイトカインが、ルテインの投与によって【炎症の発現が抑制】されたことにより、酸化ストレスに対する反応のひとつとして【炎症反応に伴うルテインの抗炎症作用】が確認されています。

ルテインのように、ヒトの体内で健康に有為に働く栄養素をキサントフィル(独:Xanthophylle)といいます。

キサントフィルは色素物質であり、β-カロテンやリコピンなどと同様にカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。

ルテインは、カロテノイド由来の色素ですが、その分子構造は、水素原子のいくつかがヒドロキシル基、または同じ炭素原子に結合する水素原子のペアがオキソ基と置換した構造を持っていて、カロテノイドとは異なる分子構造をしています。

このように、カロテノイドでありながら、分子構造が異なるキサントフィルには、強力な抗酸化作用という働きがあることがわかっています。

カロテノイドにもいろんな種類があります。
同じカロテノイドでも、ブルーベリーなどに含有されているアントシアニンには、残念ながらこのような強い働きはありません。

医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

光老化は失明の大きな要因

2016-06-17 | ルテインについて


前回からの続き

この季節の紫外線は、曇りの日でも安心はできません。
厚い雲を突き抜けて、多量の紫外線が降り注いでいるからです。

目の健康を守るためには『光老化』に注意する必要があります。




光老化とは、顔・首・上肢といった、常に太陽光線に曝される部位にできるシミやシワのことです。

これは、紫外線が、ヒトの身体を構成しているたんぱく質や糖質、脂肪などを、酸化させることで起きる老化現象のひとつなのです。

シミやシワだけではありません。
ほくろが出現したり、肌がくすんだり、あるいは、肌のたるみといった老化現象は、紫外線によるものなのです。


また、目の健康を守る上で、紫外線を避けることは、非常に有効な手段です。

紫外線を浴びると、目に酸化ダメージが生まれ、老廃物を消化する働きのある【網膜色素上皮】の機能が、どんどん低下していきます。
白内障の原因である水晶体に生成される老化物質も水晶体を構成しているタンパク質の酸化によって増加していきます。


精神的なストレスも、酸化ダメージを及ぼすため、消化されない老廃物は、ブルッフ膜に蓄積していきます。
眼底検査をすると、老廃物はドルーゼンと呼ばれる白い塊として現れます。

このドルーゼンによる慢性の弱い炎症反応は、消化されることもなく増えていく老廃物によって、いつまでも持続していきます。
ドルーゼンの蓄積による慢性的な弱い炎症が原因となって、目の健康に、様々な不具合を引き起こしていくことがわかっています。

ヒトの体内にある防御システムでは、このような炎症を防ぐために、色素上皮やブルッフ膜の周辺には、細胞による生理的な作用が起こります。
それは、炎症を防ぐ働きであり、細胞からは、多くのサイトカインが分泌されていきます。

サイトカイン (cytokine) とは、細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に情報伝達を行うのです。

特に免疫、炎症に関係して、細胞の増殖、分化、細胞死、創傷治癒に関係した働きをします。

本来、身体の健康を守るためのシステムとして働いています。

ところが、この時、サイトカインとともに、活性酸素も多量に分泌されますから、炎症はますます悪化します。


最新の研究では、サイトカインは周辺の細胞に働きかけて、新生血管を伸ばす作用まであることがわかってきました。


この季節は、なるべく、夜は早めに就寝して、目覚めのよい朝を迎えることが最も重要なポイントです。

早めの就寝は、体内に摂取されたルテインの効果を倍増させる働きが指摘されています。

老廃物を除去するために働く、リンパ節や免疫系機能に、強いパワーを与えることになるからです。


ヒトの身体には、本来、優れた防衛システムが構築されています。

紫外線の無い夜に、きちんと身体を休めておくことは、この防衛システムをフル稼働させることにつながっていきます。

さらに、優れたキサントフィルであるメディカルルテインが加われば、より高度な防衛システムが構築されていく可能性があります。

この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。


この記事をはてなブックマークに追加

メディカルルテインで失明の危機から目を守ろう

2016-06-10 | ルテインについて



メディカルルテインは、1錠に25mgの高濃度ルテインを含有しています。

疲労が重なったり、睡眠時間が思うようにとれない時には、そうでない時よりも早く体内にあるルテインが消費されていきます。


ルテインにも、生物学的利用能(bioavailability)があります。

積極的に、目の健康を守るためには、状況に応じて、必要な量のルテインを、的確に摂取することが重要なポイントになります。

バイオアベイラビリティ(bioavailability)とは、生物学的利用能の事です。

例えば、ある薬物が人体に投与された場合、その薬物(製剤)が、全身の循環血中に、どのような速度で到達し、その作用を受ける範囲がどこまで及んでいるかを確定するための指標として生物学的利用能を計算するのです。

a, Extent of bioavailability(生物学的利用率)

体循環液中に到達した割合を表します。

B, Rate of bioavailability(生物学的利用速度)


薬物が吸収されて、体循環血液中へ到達する速度のこと。
薬物の最高血中濃度(Cmax)と最高血中濃度到達時間(Tmax)が指標となります。






経口摂取されたルテインが、体循環血液中に入った総量を直接測定することは困難なので、ルテイン血中濃度の時間経過を表したグラフで生物学的利用能を評価する方法です。

     薬物血中濃度-時間曲線=グラフ表示による評価

ここで理解しておかなければならないことは、薬剤などの静脈内投与では、投与された薬物は、100%近く生体で利用されるのに対して、経口摂取で投与された薬物は、その全て100%が、循環血液中に到達しないということです。

それは何故かというと、経口投与では消化・吸収の効率と、代謝という生理作用があるためです。

消化管からの吸収効率や肝臓・消化管での代謝(初回通過効果)の影響を受けるため、循環血液中にすべてが到達するわけではないということです。

血中濃度と横軸(時間軸)によって表された部分の面積

(薬物血中濃度-時間曲線下面積:AUC)


  生物学的利用率(%)=経口投与AUC/静脈投与AUC × 100

経口投与されたルテインの血中濃度-時間曲線は、時間0からTmaxまでの間に最大値Cmaxまで上昇し、その後は低下するという曲線を描きます。

高濃度にルテインを含有するマリーゴールド花弁抽出物のケースでは【メディカル ルテイン】は、バイオアベイラビリティの計算上でも、高濃度のルテインを効率よく摂取されていることが報告されています。



次回に続く



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。


この記事をはてなブックマークに追加

失明の危機から目の健康を守ろう

2016-06-03 | ルテインについて


2016年現在の最先端MEDICINEサイエンスでは、ヒトの網膜の発生や再生をテーマにした研究が進んでいます。

20世紀の終わり頃に【ルテイン】の持つ優れた力に注目が集まりましたが、ルテインの血中濃度や、内臓における遊離体ルテインの測定方法など、解析器具の開発が途上状態であったため、分子レベルでの研究成果は将来の課題とされてきました。

やがて21世紀に入って、網膜神経細胞を分子レベルで解析する研究がスタートしました。

その中で、酸化ストレスに対する反応など、いままでわからなかった成果が多くの研究により明らかにされようとしています。

炎症性のサイトカインが、ルテインの投与によって発現が抑制されたことにより、炎症反応に伴うルテインの抗炎症作用が確認されています。

生体調節機能を有する高機能栄養素(キサントフィル)についての研究は、まさに緒に就いたばかりであり、多くの可能性を開くことが期待されているのです。




特に、加齢黄斑変性に、どのような影響を及ぼし得るのか、また、白内障やその他の目の病気との関連性については・・・等々、新たな視点での研究が始まっています。
抗血管内皮増殖因子製剤などが次々と開発されつつある2016年現在も、滲出型の加齢黄斑変性では、元の健康な状態にすることは不可能であり、現状を維持することに目標が置かれているのが実情です。

萎縮型の加齢黄斑変性に至っては2016年現在も確立された治療法はありません。

わたしたちの通常の生活では、ケールやほうれん草、あるいは、オレンジや鶏卵を食事で食べることにより、経口摂取された【ルテイン】は、まず、腸の上皮に吸収されてわたしたちの血中に取り込まれていきます。

その多くは肺・肝臓・皮膚・乳房・子宮頚部など、ルテインを必要とする部位に運ばれて、【ルテイン】はヒトの体内に蓄積されていくのです。

何故、このような生命活動を維持する大切な部位に【ルテイン】は運ばれて蓄積される必要があるのでしょうか。

さらに、何故、【ルテイン】は網膜神経細胞へ運ばれていく径路を有していて、【黄斑部】に蓄積されていくのでしょうか。

網膜の中心的な存在は、黄斑であり、ここには、光の受容体(視細胞)が集中しています。
つまり、視力の重要な部位にルテイン濃度が高ければ高いほど、目は健康ということになるのです。

この黄斑部から網膜の広い範囲にわたって、ルテインが集中的に集められています。
それは、生物学的に大きな意義があるからに他なりません。


失明の危機から目の健康を守るために、医療水準の高機能サプリメントメディカルルテインをぜひお試しください。





医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

ルテイン60

天然ルテイン25mg配合サプリメントメディカルルテイン60粒(2か月分)

ポイント割引で2回目以降はさらに10%OFF