天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

難病による失明を避けよう・・・天然ルテインの働き

2016-05-16 | ルテインについて
天然ルテインサプリメントメディカルルテインFloraflolutein(フローラグロールテイン)
天然ルテインサプリメントメディカルルテイン

目の難病による失明率を見ると、白内障や緑内障で視力を失う人々が多くいます。
先進国でも、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、あるいは緑内障によって失明する率は高く、医療によって完治させる方法は2016年現在も確立されていません。

特に日本では、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症による失明率が上昇しています。
原因は、ヒトの体内で産生される活性酸素によるものです。

ヒトの体内で起こりうる病気の90%以上は、過剰に産生された活性酸素によるもので、老化の原因でもあることが明らかになっています。

ヒトの身体を構成する細胞レベルでの酸化が加齢黄斑変性や白内障などの病気を発症させるのです。
これに対抗するには、スーパーオキシドアニオン(・O2-)を酸素と過酸化水素へ不均化する優れた酸化還元酵素が有効です。


加齢黄斑変性や白内障といった病気は、毎年、増加の傾向をたどっており、地球レベルでの環境の変化により、いつ、誰が発症しても不思議ではありません。

例えば、2016年現在もオゾン層の破壊は進んでおり、かつてない量の紫外線が地上に降り注いでいます。
紫外線を多量に浴びると髪の毛に強い毒性を有するヒドロキシラジカル(活性酸素)を産生します。

ヒドロキシラジカルによる酸化ストレスは、急激な白髪や抜け毛を誘発します。
活性酸素ヒドロキシルラジカルは、毛髪に存在する酵素蛋白(こうそたんぱく)を酸化変性させる強い力を持っているのです。

※ 酵素蛋白(こうそたんぱく)に酸化変性(さんかへんせい)が起きると、酵素活性(こうそかっせい)は低下します。
酵素活性の低下は、ヒトの細胞機能を、著しく低下させることがわかっています。






皮膚がんの急増は上記の理由によるものと分析されています。

元来、ヒトの身体にはルテインが分布しており、目の網膜・心臓・脳・皮膚・肝臓、女性であれば子宮頚部・乳房にルテインが集中していることがわかっています。
これは、肝臓がんや子宮頚部癌、皮膚がんなどから体を守るために必要な配置でもあります。

脳にルテインが減少するとアルツハイマーの罹病率が急速に高まることも確認されていることから、生命を維持する重要な臓器を優先して体内のルテインが配置されるのでないかと推定されています。

ヒトの体に存在する遊離体のルテインとしてメディカルルテインは、体に負担をかけることなく摂取が可能です。
紫外線の多い季節です。


失明のリスクから大切な目を守るための医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】
医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

失明の危機から目の健康を守る  天然ルテインの抗酸化力

2016-04-28 | ルテインについて
天然ルテインサプリメントメディカルルテインFloraflolutein(フローラグロールテイン)
天然ルテインサプリメントメディカルルテイン

ほんの30年前までは日本には存在しなかった目の難病が増加しています。

加齢黄斑変性は白人の病気であると当時の医学の教科書には記載されていましたが、2016年現在、日本の失明にいたる難病の第3位になってきました。
緑内障や糖尿病網膜症なども治療法が確立していない目の難病であり、失明に至る確率が上昇しています。

欧米でも最先端医学では治療することが困難であるということから、優れた抗酸化力を有する天然のルテインが注目されています。
眼科の専門医も医療水準のルテインを常用していますし、患者にも勧めることが常識になっているのです。

では、何故、先進国の医療機関は天然のルテインに注目しているのでしょうか。







それは、ルテインが希少なキサントフィルであり、優れた抗酸化力を有する稀有な存在であるからに他なりません。
数々のエビデンス(医学的証明)を既にルテインは獲得しているのです。

医学的証明の中でも特に注目されているのは、ルテインの成分の働きとして活性酸素のスーパーオキシドを処理する酵素SODです。

SODというのは、スーパーオキシドディスムターゼ(Superoxide dismutaseを略して以下SODという)のことで、スーパーオキシドアニオン(・O2-)を酸素と過酸化水素へ不均化する【酸化還元酵素】のことを指します。

SOD活性は、年齢が若ければ若いほど高く、加齢とともに次第に失われていき、30代も後半になるとほとんど不活性化することが明らかになっています。
アスリートやプロのスポーツ選手の選手寿命とほぼ一致していることからも、研究対象として大きな注目を集めている研究分野でもあります。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ:superoxide dismutase)が活性化することにより、大量に発生する活性酸素の処理が可能になり、人は100歳前後まで寿命を延ばすことができると考えられているのです。

ヒトの1日の酸素摂取量は、約500Lですから、そのうち、2%に当たる約10Lの活性酸素が体内で発生します。

この膨大な量の活性酸素を処理する能力、すなわち、SOD活性の高い人ほど、寿命が長く健康体であることが明らかになっています。
SODを活性化するルテインの抗酸化力をお試しください。


失明のリスクから大切な目を守るための医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】
医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

目の難病には天然ルテインを

2016-04-15 | ルテインについて
天然ルテインサプリメントメディカルルテインFloraflolutein(フローラグロールテイン)
天然ルテインサプリメントメディカルルテイン

21世紀に入ると医療システムは大きく進展して細胞を分子レベルで解析する機器が次々に開発されてきました。

その恩恵は眼科にも顕著です。
たとえば、視力の主要部位である【網膜神経細胞】を、分子レベルで解析する研究が、世界の医療先進技術を有する国々で新たにスタートしたことは、大きな希望であり、心強い限りです。

ヒトの身体の中で起こりうる【酸化ストレスに対する反応】など、いままでわからなかった謎が、明らかにされる可能性は非常に高いと考えられています。
日本人に多いと言われている糖尿病網膜症や糖尿病腎症などにおけるルテイン投与の経過では、それに関連してどのようなことが推測されるのでしょうか。






a, 網膜局所のアンジオテンシン僑鰻深容体では、細胞内シグナルERKの活性化によって神経シナプスにある小胞タンパクが減少していくことで、ルテイン(キサントフィル)の持つ抗酸化作用との相関関係が確認される可能性。

b, ルテインの継続的投与により、糖尿病に伴う網膜局所のERKの活性化を抑制して、シナプス小胞タンパクの維持が確認されると、糖尿病以外の心臓・肺・肝臓・脳などに起こり得る様々な病態にも、ルテイン(キサントフィル)の優位な働きが検証される可能性。

c, アンジオテンシン僑鰻深容体の、心房細動における神経体液性因子と酸化ストレスの関係・動脈硬化の病態における慢性炎症とルテイン(キサントフィル)の抑制効果の可能性。

d, 脳のニューロン(神経細胞)で行われる情報の処理(記憶など)において、ニューロン間のシナプスで、次のニューロンに情報が伝えられていくとき、抗酸化物質であるルテイン(キサントフィル)は、記憶の貯蔵庫にどのような働きをするのか、そして、ニューロンにある多くの樹状突起の線維やシナプスが、樹状突起の先端部分にあるスパインを介してニューロンからの情報をどのように処理するのか、ルテインは脳の可塑性にいかなる反応をおよぼしているのか、またイオンチャネルでの受容体の情報変換構造を、どのスパインが、いつ、入力を受けて記憶の痕跡を形成していくのかなど、ニューロンの情報処理に影響するアルツハイマーや認知症に関わる謎を解明する可能性。


上記以外にも、数多の研究報告が期待されています。

欧米などの先進国では、一足先にフリー体ルテインの一般販売がスタートして、それを受けて、厚生労働省は、治験を経て一般販売の認可となりました。
数々の治験でも副作用は見られず、欧米における数多のエビデンスは、多くの方にフリー体のルテインを試す道を拓いたのです。

ここ数年の分子生物学の進歩には、目を瞠るものがあります。
ひとつの例を挙げると、分子生物学では、ターンオーバー(metabolic turnover)の仕組みが明らかになってきました。

いままでは、ひと度、動脈硬化が起きれば回復は不可能と考えられてきましたが、古くなったゴムホースのようなボロボロの血管でさえ、元の弾力を持った若々しい血管に再生可能であることがわかってきたのです。

血管では、血管を構成している内皮細胞さえも、ターンオーバーで元気に生まれ変わっていることがわかっています。

ターンオーバー(metabolic turnover)とは、ヒトの生体で起こる代謝回転のことで、生物を構成している細胞や組織(生物学)が、新たに生体分子を合成したり、再び、細胞や組織を分解したりと、新旧の分子が、常に入れ替わりながら、ダイナミックな生体のバランスをとる【動的平衡状態】を言います。

ヒトの古い細胞や組織自体が、ある一定の期間を経て、新しい細胞や組織に入れ替わるのです。

もちろん、組織の種類によって、ターンオーバーの速度には大きな差異があります。

ちなみに、血管の内皮細胞のターンオーバー周期は、2年9箇月です。

この期間内に正しい生活習慣が履行できれば、動脈硬化などで傷ついた血管であっても修復が可能であるということがわかってきたのです。

正しい知識に基づいた生活習慣とは、

ヒトの身体に有害な紫外線や電磁波などの被曝を避ける工夫をする。
脂肪や塩分の多い食事を避ける。
睡眠時間をきちんと確保して疲労を溜めない。
よく歩き、良質の動物性タンパク質やビタミン、ミネラル、優れた抗酸化物質をしっかり摂る。
くよくよしないで、いつも朗らかに、物事を前向きに捉える。

このような生活習慣です。

週に3日以上は、牛肉・豚肉・鶏肉・牡蠣・魚などの良質の動物性タンパク質をしっかり摂ることが重要なポイントです。
ヒトの身体は、タンパク質で構成されているため、消化・吸収が早く、身体にかける負担が少なくて済むからです。


これらの栄養素を摂取しない食習慣では、DNAの改変や老化が進み、認知症やアルツハイマーなどの発症率も増加傾向を示すことがわかっています。




大切な目の健康を守るために、医療水準の高機能サプリメント『メディカルルテイン』を、ぜひ、お試しください。
失明のリスクから大切な目を守るため、、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】
医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

目の難病に負けない環境を整えよう

2016-04-07 | ルテインについて
天然ルテインサプリメントメディカルルテインFloraflolutein(フローラグロールテイン)
天然ルテインサプリメントメディカルルテイン

2016年現在、加齢黄斑変性になりやすい遺伝子が存在することは既に明らかになっています。
電磁波や紫外線、あるいは喫煙などの生活習慣がこの病気を発症する引き金であることからも【加齢黄斑変性】は【生活習慣病】であると認識されているのです。

例えば、パソコンのディスプレイを凝視する職業では、青色光網膜傷害(英: Blue-light hazard)が発症します。
これは、紫外線の波長が主に400nmから500nmであり、この光の暴露により光化学的に引き起こされる網膜損傷であるためです。

また、青色LEDの波長も紫外線とほぼ重なっているために網膜損傷を引き起こす光化学的なメカニズムは、目の光受容体による光吸収によって引き起こされることがわかっています。




光が光受容体に照射される通常の状態では、その細胞が白濁することで代謝過程を通して光受容体としての機能が回復する事が知られています。
ところが、いったん青色光を多く吸収してしまった場合は、細胞が白濁してから機能回復する前に再び悪化するプロセスを引き起こす事があり、網膜細胞の酸化的損傷の可能性を大きく増加させます。


皮膚や網膜は、それほど強くないレベルの紫外線放射や短波長光であっても、長期間暴露すると元に戻らなくなるほどの変化を引き起こすのです。

加齢黄斑変性の要因となる生活習慣では、煙草の喫煙と滲出型の加齢黄斑変性の間には、明確な因果関係があります。
40年以上喫煙の習慣があり、煙草の煙を肺の奥まで深く吸い込む習慣のある場合では、そのような習慣が無い人に比べると滲出型の加齢黄斑変性の発症率は1.7倍から2.3倍となります。

オゾン層の破壊によって増加してきた紫外線も、眼の網膜色素上皮細胞を確実に酸化させていきますから、加齢黄斑変性の大きな要因のひとつです。


目の難病に負けない環境を整える有効な手段として、優れた抗酸化力をもった【ルテイン】に注目が集まっています。

この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカル ルテイン】をぜひ、お試しください。

失明のリスクから大切な目を守るため、、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】
医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

目の難病  失明の危機から目を守ろう

2016-04-01 | ルテインについて
天然ルテインサプリメントメディカルルテインFloraflolutein(フローラグロールテイン)
天然ルテインサプリメントメディカルルテイン

2016年現在も、目の難病に対する有効な治療法は確立されていません。

完治させる手術もありませんし、そういった薬剤も存在しません。
唯一、iPS細胞に明るい希望があります。

この人工多能性幹細胞による治療では目の難病のひとつである加齢黄斑変性に対して、最も治療開始が早い時期に想定されており、唯一の明るい希望です。
一日も早く治療がスタートすることを願わずにはいられません。


それまでは大切な視力を失うわけにはいきません。
優れた抗酸化力を持つ天然ルテインに注目が集まっています。




ルテインの分子式は、 C40H56O2、CAS登録番号は、127-40-2です。

ルテインの色素は網膜の黄斑部と同じく黄色で、キサントフィル(xanthophyll)として、特に高い抗酸化作用を有しています。

また、ルテインの極大吸収波長 (Maximum absorption)は 445nm, 475nm, 508 nmで、紫外線防護物質として群を抜いて優れた特性を有しています。

ヒトの眼球の黄斑部や水晶体に多く存在しています。

紫外線による皮膚がんを防御するために、皮膚にもルテインが存在しています。
また、女性の乳房や子宮頸部にも、ルテインが集中して存在しています。

最新の医療研究において、老化による目の機能の衰えや、白内障・加齢黄斑変性などの眼病に、キサントフィルとしてのルテインの働きに注目が集まっていて、乳がんや子宮頚部癌を抑制する働きも報告されています。

大気汚染や紫外線の増大による環境変化、それに比例するように増えていく目の難病。
優れた抗酸化物質であるルテインに光が当たっています。

この機会に医療水準の高機能サプリメント『メディカルルテイン』をぜひお試しください。

失明のリスクから大切な目を守るため、、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】
医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

ルテイン60

天然ルテイン25mg配合サプリメントメディカルルテイン60粒(2か月分)

ポイント割引で2回目以降はさらに10%OFF