天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

高機能ルテインで失明の危機を乗り越えよう

2016-09-21 | ルテインについて


天然ルテインは脂溶性の栄養素ですから食後に摂取することで効率的に体内に吸収されていきます。
全ての栄養素がそうであるようにルテインにも体内の必要な部位に運んでいくための輸送体が存在します。

キロミクロン(英: chylomicron、)がルテインの輸送体であり、経路を通過するためにはこれ以外に輸送体は存在しません。


つまり、身体に吸収されたルテインが、眼の黄斑部位に輸送されていく経路は、たったひとつしかありません。

ヒトの体内に入ってきたルテインは、まず、キロミクロンに結合します。
キロミクロンの働きにより、リンパから肝臓を経てリポ蛋白と再結合することで体内を循環していくのです。

唯一、黄斑部位へのルテインの輸送は、この経路をたどる以外に道はありません。


ルテインが、ヒトの体内で最初に結合するキロミクロン(英: chylomicron、)というのは、リポ蛋白質粒子です。

トリグリセリドやリン脂質、コレステロールやタンパク質で構成されています。



キロミクロン(英: chylomicron、)の働きは、食物中の脂質栄養素を、腸から体内のその他の部位へと輸送することです。

脂肪やコレステロールは、血流の水性溶液中で移動できるようにしなければ、体内を循環することができません。

体内に摂取されたすべての脂質栄養素(外因性脂質)は、キロミクロンに結合することで、肝臓や心臓、あるいは、脂肪や骨格筋組織といったところに輸送できるのです。

もちろん、脂溶性栄養素であるルテインも例外ではありません。


摂取されたルテインの全てが、目にいくわけではありません。

子宮頚部や乳房は、もともと遊離体のルテインが多く集まっているところです。

紫外線のダメージを受けやすい皮膚にも遊離体のルテインは多く存在しています。

それは、紫外線などの酸化ストレスから、細胞の癌化を防御する働きをするために他なりません。


遊離体のルテインは、身体中を循環しているのですから、脳が必要としているのであれば脳に多く集まります。

もちろん、ルテインが体内を巡回して、必要な部位に到達するためには、上記の肝臓を経由するルートしかありませんから、日々の生活の中で、アルコールの飲みすぎや、肝臓に負担のかかるストレスなどを軽減できれば、さらにルテインが効果的に働く可能性が高くなります。

十分な睡眠や、心穏やかな状態が、より有利に働くのは言うまでもありません。

これから秋を迎えます。
この素晴らしい季節には、体調を整える豊かな力があります。

医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインの抗酸化力で失明の危機を乗り越えよう

2016-09-13 | ルテインについて


SOD(Super Oxide Dismutase)とは、スーパー・オキサイド・ディスムターゼの頭文字です。

日々の生活で体内に発生する活性酸素を除去する働きのある酵素のことですが、酸化を防止する物質として抗酸化物質ともいいます。
2016年現在もルテインという栄養素には熱い視線が注がれています。

例えば、健康と長寿の両面をサポートする物質の中で、キサントフィルであるルテインは史上最高の物質であり、その優位性は研究報告が重なるにつれ不動のものとなっています。





ルテインも酵素のひとつです。

2016然現在の計算方法では、体重当りの酸素消費量から、全ての動物の寿命が予測計算できます。
この計算方法によると、人の寿命は意外と短く、わずか15〜20年程度しかないことになります。

酸素消費量と寿命の関係は、例えば激しい運動を毎日繰り返す人は、その運動量と比例するように寿命も短いことが判明しています。
その理由は、運動量が多く激しいほど活性酸素の発生量も増えますから、発生した活性酸素の影響で、人の細胞が攻撃されて傷つく割合が
多くなるからです。


その一方で、毎日、年齢や体力に見合った適度な運動をしている人は、SODが活性化するため平均よりも長い寿命になることがわかっています。

SODのおかげで、人の寿命は20年以上であり70年から80年前後となっているのです。
それは、活性酸素のスーパーオキシドを処理する酵素SODの働きなのです。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ:superoxide dismutase)が活性化することにより、大量に発生する活性酸素の処理が可能になり、人は100歳前後まで寿命を延ばすことができると考えられています。

人の1日の酸素摂取量は、約500Lです。
そのうち、2%に当たる約10Lの活性酸素が体内で発生します。

この膨大な量の活性酸素を処理する能力、すなわち、SOD活性の高い人ほど、寿命が長いことが明らかになっているのです。

激しい運動をしない、あるいは過食をしないといった事が、寿命を延ばす要素ではありますが、もう一歩進んで、SOD活性を高める栄養素を摂ることは、さらに優れた健康法であると言えるでしょう。

ただ、寿命が長いだけでは人生を楽しむことができません。
いつも元気で、健やかであることが重要な問題ではないでしょうか。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインの抗酸化力は史上最強  目の難病に負けない・失明の危機を乗り越えよう

2016-09-07 | ルテインについて


わずか30年ほど前には日本に存在しなかった目の難病。
それが加齢黄斑変性です。

2016年現在の日本では、放置すると確実に失明に至る目の難病として増加傾向にあります。
しかも、いまの医療ではこの難病を完治させる方途は確立されていません。

欧米などの医療先進国では、天然のルテインを摂取することにより、抗酸化力で失明の時期を遅らせることを推奨しています。
ヒトの病気の90%以上は過剰に産生される活性酸素が関与しており、優れた抗酸化力に期待が寄せられているのです。

今回は、抗酸化力と免疫系について記述いたします。

ヒトの身体に、細菌やウィルスが侵入してくると、活性酸素であるスーパーオキシド(superoxide)は、白血球(Leukocyte)の中に入ってきた細菌を殺す働きをします。

末梢血内の白血球には、

① 好中球
② 好酸球
③ 好塩基球
④ リンパ球
⑤ 単球

の5種類があります。





ヒトの体内に侵入した細菌やウィルスは、好中球に接触することで、好中球の表面にあるレセプターによって、侵入者を異物と認識します。

認識された異物は、好中球に接着結合されて、好中球形質膜に包みこまれます。

好中球内に取り込まれた細菌やウィルスは、活性酸素や過酸化水素などによって次々と殺菌されていきます。

加水分解酵素も、これと同様に異物を殺菌するためにヒトの体内に生成されるのです。



怪我をした際に出る膿(うみ)は、細菌やウイルスを飲み込んで殺した好中球の死骸です。

膿は体外に排出されるか、マクロファージ(※)などによって体内で消化処理されて消えていきます。

(※)マクロファージ( MΦ)
【マクロファージも白血球の1つです。
リンパ球のB細胞(B lymphocyte)などの白血球は、マクロファージから進化したことがわかっています。
心臓や血管を構成する細胞とも、その起源を同一にしています】。


ヒトの免疫システムの一部を担っている【活性酸素】ですが、体内に過剰に産生されると、今度は、その強大な力で、正常な細胞や遺伝子そのものに攻撃を開始します。


現在、ヒトの身体に起きる病気の90%以上は、活性酸素が関与していると言われています。

細胞内には、SODのように、過剰に産生された活性酸素を消去(除去)するために働く酵素があり、これらは、ヒトの細胞内のミトコンドリアから産生される活性酸素に強く働きます。

ところが、細胞外にはあまり存在しないので、ヒトの細胞は、外からの活性酸素の攻撃には、耐えられないという弱点が指摘されています。


滲出型加齢黄斑変性のVEGF(血管内皮増殖因子;vascular endothelial grows factor)も、酸化ストレスによるサイトカイン誘導が関与していると考えられています。


ルテインには、VFGFの発現因子を抑制する働きがあると考える研究者は少なくありません。

加齢黄斑変性における、網膜神経細胞上の炎症性のサイトカインが、ルテインの投与によって【炎症の発現が抑制】されたことにより、酸化ストレスに対する反応のひとつとして【炎症反応に伴うルテインの抗炎症作用】が確認されているのです。

このように、特別な抗酸化力を持った優れた物質をキサントフィルといいます。

この地上には希少なキサントフィルですが、ルテインは、キサントフィルとして特に優れた力を持っています。

この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

目の難病に負けない 失明の危機を乗り越えよう

2016-08-31 | ルテインについて


欧米などの医療先進国でさえ、目の難病による失明率は年々、高まっています。

その要因のひとつに、地球規模の環境変化を挙げる研究者も少なくありません。
オゾン層の破壊は、当初、考えられていた規模よりも遥かに大きく、フロンガス規制などの防御措置による復元時期も大幅にずれこんでいくと予想されています。

復元といっても1985年の状態に戻ることを目標としており、この時点ですら地球のオゾン層は大きく破壊されていたことが指摘されるようになってきました。

宇宙から降り注ぐ大量の紫外線は、ヒトの体内に過剰な活性酸素が産生される要因であり、酸化された細胞は加齢黄斑変性などの目の難病の引き金になっています。

放置すれば確実に失明に至る目の難病自体も増加傾向にあるのです。





では、加齢黄斑変性の症状とはどのようなものなのでしょうか。
その特徴を見ていきましょう。

1.物がゆがんで見える
物がゆがんで見える症状を「変視症」といいます。
この症状は、多くの場合、網膜の中心である「黄斑部」に障害が起きていることを示しています。
例えば、「加齢黄斑変性」や、黄斑部に水がたまって腫れる「中心性漿液性網脈絡膜症」になると、物がゆがんで見えるようになります。


2.中心部が暗く感じる
視野の中心部が黒ずんで見えにくい状態を「中心暗点」といいます。
中心暗点は、網膜の黄斑部にむくみや孔が生じたときによく起こります。
変視症と同じく、加齢黄斑変性や中心性漿液性網脈絡膜症、糖尿病網膜症、「黄斑円孔」などで、しばしばみられます。

3.左右の目で大きさが違って見える
また、黄斑部にむくみが起こったほうの目で物を見ると、健康な方の目で見るときより、少し小さく見えることがあります。

一方の目に異常があっても、両方の目で見ていると、異常がない方の目で視野が補われるため、気がつかないことがあります。
片方の目を覆って、ものを見てみる。そして、もう片方の目も同じように見えるかどうかを定期的にチェックすることも必要です。

少しでもおかしいなと感じたら、専門医の検診を受けるべきです。
加齢という冠がつく病名ですが、2016年現在では40代前半で罹病することも珍しいことではありません。

抗酸化力の極めて高い物質の摂取も重要なポイントです。
失明の危機を予防する抗酸化物質は、現在、キサントフィルとして働く天然のルテインしかありません。

毎日の食生活の中で、野菜や果物を取り入れ、抗酸化物質を意識的に摂取することも有効な方法のひとつです。
野菜や果物などに多く含まれるカロテンやビタミンA、C、Eなどに抗酸化作用があります。

これらは普段の食事で容易に摂取できるものばかりです。

強力な抗酸化作用をもつルテインは、医療水準の高機能サプリメントで効率的に摂取する以外に方法はありません。
ルテイン25㎎配合のメディカルルテインは、手術を受けられた方や加齢黄斑変性と診断された方にも支持されています。


近い、将来、ips細胞による本格的な治療がスタートすることは間違いありません。
その時まで、大切な視力を失うことのないようにしたいものです。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。


この記事をはてなブックマークに追加

医療関係に従事する方たちのための特別なルテイン

2016-08-22 | ルテインについて



メディカルルテインはその名前が示すように医療関係に従事する人々のために開発されたサプリメントです。
眼科医の方の中にもご愛用いただいている方が少なくないのは、上記の理由によります。

また、ごく近い将来、iPS細胞を軸とする完全無欠の治療が開始されることは時間の問題であり間違いありません。
それまでは、なんとしてでも失明の危機を避けたいという思いも多くの方が抱いているのではないでしょうか。




難病解決の糸口は、いろんな分野からアプローチされています。

いまからおよそ60年前の1956年。
初めてフリーラジカル仮説を提唱したのはデナム・ハーマン博士でした。

その当時の科学では抗酸化物質の摂取がヒトの寿命や健康に多大な影響を与えると考える人はひとりもいなかったのは周知の事実です。
もちろん、『フリーラジカル仮説』は、当初、科学界の異端扱いを受けていました。

21世紀を迎える頃になると分子生物学などの最先端科学の分野の研究成果が活発化、それにともなって、活性酸素とミトコンドリアの関係が明らかになりました。
2016年現在では多くの研究者により、フリーラジカル仮説の正当性を立証するような研究報告が続出するようになるまで、実に長い歳月を要しました。

脂質や紫外線が加齢黄斑変性を誘発する原因であることや、活性酸素の仕組み、あるいは強い抗酸化物質が寿命を延ばしたり健康を促進する働きがあることが判明したのは、つい最近のことなのです。

それは寿命を制御する遺伝子の力を示すテロメアや、長寿遺伝子を活性化させる栄養素(FR)などの存在が、最近になってようやく明らかになってきたからに他なりません。

いまでは食物から摂取される抗酸化物質には、脂質の酸化を抑制する働きがあり、癌を抑制したり、動脈などの血管を健康に保つ働きがあることが実証されてきて、多くの研究者はこの分野に大きな可能性があると考えています。

多くの方に支持されているメディカルルテインですが、原料の高い品質を維持することや一定の数量を確保することが年々、厳しい状況になっていることも事実です。
厚生労働省がサプリメントとして販売を認可したのはその安全性や有用性からでしたが、
それ故に安価な原料から製造されたあまり価値のないものはルテインサプリメントとして販売が継続されるかも知れませんが、医療水準の天然ルテインはこれからは入手すること自体が困難な状況になっていくことが予想されます。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。




この記事をはてなブックマークに追加

ルテイン60

天然ルテイン25mg配合サプリメントメディカルルテイン60粒(2か月分)

ポイント割引で2回目以降はさらに10%OFF