天然ルテインで眼を大切に。

加齢横斑変性症(AMD)、白内障、黄斑色素変性等の眼の疾患のために天然ルテインを。

失明の危機を乗り越えよう ルテインの力

2016-07-21 | ルテインについて



21世紀に入って、それまで日本に存在しなかった難病が増加の傾向にあります。

環境の変化のスピードが大きな要因と考えられています。

自らの健康を守るためには、正しい知識と知恵が必要です。
いちばん大事なことは、治療法や取り組み方が、本当に現在の日本人の体質に適合しているかという事です。

カルテがドイツ語で書かれていた時期は、ドイツの医療が進んでいた時代の名残でしたし、近代から1970年代までは、日本はアメリカの医学を、そっくりそのまま模倣していた時代です。

例えば、1970年代の日本の医療は、『アメリカのコレステロール悪玉説』そのままを鵜呑みにして、日本の当時の臨床医たちが、自分の患者たちに『肉や卵の摂取を極端に禁じた』ため、血管そのものが弱くなり、高血圧の患者の中には、脳卒中を発症してバタバタと人が死亡していき、骨も弱くなって、転んだだけで骨折、そのまま寝たきりという人が続出した、悪夢のような時代がありました。

そもそも、1970年代の日本人は、欧米のように大量に肉や卵を食べていないにも関わらず、日本人の体質を考えようともしないで、安易に、そのような指示を出してしまったのでしょうか。

良質のたんぱく質は、骨や血管を強くする原料ですし、少量のコレステロールがなければヒトは生存できません。

コレステロールは肝臓から血液によって運ばれ、それぞれの臓器で細胞膜になったり、各種ホルモンの原料になります。
コレステロールも健康のためにはなくてはならない栄養素のひとつなのです。

余ったコレステロールは、肝臓に再び戻ってきます。
もちろん、使用済みのコレステロールも肝臓に送り返されます。

肝臓発のコレステロールは『LDLコレステロール』といいます。
肝臓に戻るコレステロールは『HDLコレステロール』です。

どちらも、健康のためにはなくてはならない物質なのです。


ただし、LDLコレステロールが酸化すると事情は変わってきます。

酸化することで、動脈の血管壁に沈着していき、プラークを形成するからです。

そうなると、血管が狭くなりますから、動脈硬化を引き起こして、高血圧になっていきます。




『酸化ストレス』が、動脈硬化などの【血管の老化】を引き起こすことは、多くの研究者の指摘するところですが、『酸化ストレス』は、また、加齢黄斑変性(AMD)を発症させる引き金でもあります。

これを予防する手段としては、『酸化ストレス』を取り除く『酵素』である、SODを摂取することが有効であるといわれています。

SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)は、日々の生活で体内に発生する活性酸素を除去する働きのある酵素のことですが、酸化を防止する物質として抗酸化物質ともいいます。

目の健康を守る抗酸化物質の雄は、もちろん『ルテイン』です。
ルテインは動脈硬化を防ぐ働きがあることも知られています。

抗酸化物質であるルテインは、がんのリスクファクターである『酸化ストレス』によって引き起こされる遺伝子へのダメージを減少させるという報告もあります。

ルテインには、悪性腫瘍など突然変異した細胞をアポトーシスへと誘導する働きがあることがわかってきました。
マウスの実験では『ルテインはリンパ球を増殖させ、腫瘍の成長を抑えた』と報告されています。


ちなみに実験用のマウスのSODを欠失させる実験では、体内の抗酸化物質(SOD)を消されたマウスは拡張型心筋症を発症し早期に死亡することがわかっています。



この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。


この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインで失明の危機を乗り越えよう

2016-07-13 | ルテインについて




21世紀に入って地球規模の環境変化が起きています。

糖尿病の原因となるフルクトース飲料の出現、パソコンのディスプレイやIH、電子レンジや携帯電話などの電子機器による電磁波の被曝、拡大するオゾンホールによる膨大な量の紫外線被曝など

加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、白内障、緑内障などの目の難病の引き金が増加しています。

特に、ほんの30年前までは日本に存在しなかった加齢黄斑変性は21世紀型の目の難病であり、潜在的な患者数はかなりの数になると推定されています。

加齢黄斑変性にはどのような特徴があるのでしょうか。


①【萎縮型の加齢黄斑変性】
②【滲出型の加齢黄斑変性】
大きく分類すると上記の2種類の病状が知られています。


主な原因としては、食生活などの生活環境が多大な影響を及ぼしています。
また、最近では、加齢黄斑変性になりやすい遺伝子の存在も指摘されています。

SOD活性が弱い体質など、加齢黄斑変性になりやすい体質もあります。

残念なことですが、【萎縮型の加齢黄斑変性】には、2016年現在も、確たる治療方法はありません。

【滲出型の加齢黄斑変性】の治療法としては、ブルッフ膜を突き破って発生する【脈絡膜新生血管】を抑えこみ、退縮させる方法がとられます。

この方法では、ある程度視力が改善されることも確認されています。
但し、元の正常視力に戻るのかというと、完全に戻ることは、ほとんどありません。





では、その治療法とは具体的にどのようなものでしょうか。

① PDT光線力学的療法

これは、眼科PDT(photodynamic therapy)の認定医による治療法です。

② 薬物治療
 
この治療法は、新生血管発生の原因である血管内皮増殖因子を阻害させるため、血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬としてマクジェンあるいはルセンティスという薬物を、硝子体腔に定期的に注射する治療法です。

③ レーザー凝固

レーザー光線による治療法です。
黄斑の中心から離れた場所にある【新生血管』だけを狙って、レーザー光線で凝固し破壊する治療法です。

④ 新生血管抜去術

手術により新生血管を抜去する治療法です。
CNVが中心窩下に無い場合のみの適用になり、抜去後、新たに暗点が生じる可能性があります。

⑤ 放射線療法

脈絡膜新生血管を退縮させる目的で放射線を照射する治療法です。

⑥ ステロイド

トリアムシノロン アセトニドをテノン嚢下又は硝子体内に投与することにより、【新生血管】を退縮させる治療法です。
投与により緑内障を発症させる可能性があります。


以上が2016年現在行われている主だった【加齢黄斑変性の治療法】ということになります。

欧米ではこれらの目の難病には医療機関が天然ルテインを推奨することが常識となっています。

近い将来、先端医療の進歩は画期的な治療法を確立すると信じて疑いません。

それまでは失明するわけにはいきません。


医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

失明の危機から目を守ろう

2016-07-06 | ルテインについて


太陽光のなかの青色光によって視細胞が酸化し傷むことが、黄斑の老化に関係する研究で明らかになっています。

ブルーライトは、可視光線の380nmから500nmの紫から青色の短波長光を指します。

光の中では紫外線の次に強く、可視光線の中では最もエネルギーが強い光がブルーライトなのです。


目の難病の引き金となるのは、ほとんどがこのブルーライトであり、強い酸化力を有しています。

パソコンのディスプレイを長時間見ていると眼への負担が強く、夜間に長時間浴びると、時計遺伝子を破壊して体内時計を狂わます。





網膜の中心窩・黄斑にはレチノールをレチナールに酸化するためのアルコール脱水素酵素が豊富に存在しています。

例えば、ヒトが誤ってメタノールを飲んだ場合、網膜内でホルムアルデヒドが大量に産生するため、ホルムアルデヒドの毒性で視細胞が死滅するため失明します。

ブルーライトにも同じような特性があり、視細胞の老化を進めるため失明に至る難病の引き金になるのです。


2016年現在も、これらの目の難病を完治させる医学的方法は確立されていません。

医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。

この記事をはてなブックマークに追加

失明の危機 ほんの30年前には日本にはなかった難病

2016-06-30 | ルテインについて



紫外線や電磁波は、ヒトの細胞に、深刻な酸化ダメージを及ぼすため、加齢とともに消化されなくなった老廃物は、ブルッフ膜に溜まりだすのです。

眼底検査をすると、老廃物はドルーゼンと呼ばれる白い塊として現れます。



このドルーゼンによる慢性の弱い炎症反応は、消化されることもなく増えていく老廃物によって、いつまでも持続していきます。

このような、ドルーゼンによる慢性的な弱い炎症が原因となって、目の健康に、様々な不具合を引き起こしていくことがわかっています。

ヒトの体内にある防御システムでは、このような炎症を防ぐために、色素上皮やブルッフ膜の周辺には、細胞による生理的な作用が起こります。



それは、炎症を防ぐ働きであり、細胞からは、多くのサイトカインが分泌されていきます。

サイトカイン (cytokine) とは、細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に情報伝達を行うのです。

特に免疫、炎症に関係して、細胞の増殖、分化、細胞死、創傷治癒に関係した働きをします。

本来、身体の健康を守るためのシステムとして働いています。

ところが、この時、サイトカインとともに、活性酸素も多量に分泌されますから、炎症はますます悪化します。







また、サイトカインは周辺の細胞に働きかけて、新生血管を伸ばす作用まであることがわかってきました。



この季節は、なるべく、夜は早めに就寝して、目覚めのよい朝を迎えることが最も重要なポイントです。

早めの就寝は、体内に摂取されたルテインの効果を倍増させる働きが指摘されています。

老廃物を除去するために働く、リンパ節や免疫系機能に、強いパワーを与えることになるからです。




ヒトの身体には、本来、優れた防衛システムが構築されています。

紫外線の無い夜に、きちんと身体を休めておくことは、この防衛システムをフル稼働させることにつながっていきます。

さらに、優れたキサントフィルであるメディカルルテインが加われば、より高度な防衛システムが構築されていく可能性があります。

この機会に、医療水準の高機能サプリメント【メディカルルテイン】を、ぜひ、お試しください。



医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。




この記事をはてなブックマークに追加

天然ルテインで失明の危機から目を守ろう

2016-06-23 | ルテインについて


現在、アメリカでは、4000人規模の臨床実験が行われています。
これは、ルテインを中心としたキサントフィル(独:Xanthophylle)の、加齢黄斑変性などへの効果を見るための、かつてない程の大規模検証実験です。

ルテイン(キサントフィル)は、ヒトの身体にどのような影響を及ぼし得るのでしょうか。

分子レベルで細胞を解析する機器が開発されて、視力の主要部位である【網膜神経細胞】を、分子レベルで解析する研究が、世界の医療先進技術を有する国々で新たにスタートしたことは、大きな希望であり、心強い限りです。

ヒトの身体の中で起こりうる【酸化ストレスに対する反応】など、いままでわからなかった謎が、明らかにされる可能性は非常に高いと考えられています。





電磁波・喫煙・紫外線などの影響で体内に生じた活性酵素が、遺伝子や細胞に与えるダメージが、重大な機能障害を引き起こすことがわかっています。

加齢黄斑変性における、網膜神経細胞上の炎症性のサイトカインが、ルテインの投与によって【炎症の発現が抑制】されたことにより、酸化ストレスに対する反応のひとつとして【炎症反応に伴うルテインの抗炎症作用】が確認されています。

ルテインのように、ヒトの体内で健康に有為に働く栄養素をキサントフィル(独:Xanthophylle)といいます。

キサントフィルは色素物質であり、β-カロテンやリコピンなどと同様にカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。

ルテインは、カロテノイド由来の色素ですが、その分子構造は、水素原子のいくつかがヒドロキシル基、または同じ炭素原子に結合する水素原子のペアがオキソ基と置換した構造を持っていて、カロテノイドとは異なる分子構造をしています。

このように、カロテノイドでありながら、分子構造が異なるキサントフィルには、強力な抗酸化作用という働きがあることがわかっています。

カロテノイドにもいろんな種類があります。
同じカロテノイドでも、ブルーベリーなどに含有されているアントシアニンには、残念ながらこのような強い働きはありません。

医療水準の高機能サプリメント、【天然ルテインサプリメントメディカルルテイン】をぜひ、お役立てください。



この記事をはてなブックマークに追加

ルテイン60

天然ルテイン25mg配合サプリメントメディカルルテイン60粒(2か月分)

ポイント割引で2回目以降はさらに10%OFF