アナログおやじのJazz&Audio日記

アナログ好きのおっさんが綴るJazz&Audioの四方山話です。夜な夜なレコード三昧、オーディオ三昧です。

Night Passage/Weather Report

2017年05月20日 23時44分01秒 | ジャズ








今宵の一枚は、Weather Reportのnight Passage。録音は1980年、レーベルはCBS/SONY。1980年代の第一作である。70年代の楽曲に比べよりより緻密さが増し、fusionの親玉のようなsoundからより多彩なジャンルへ展開しようとする意欲が、覗るアルバムである。Weather reportといえばザビエルが主導権を握っているバンドで、このアルバムもプロデュースしている。注目すべきはジャコも名を連ねていること。もちろん、Co-produceだろうが。sound面で彼のbassが今までになく効果的に演奏されているのがその証かな。ロバート・トーマスJrのパーカッションも聴きごたえがある。

A面3曲目のport of entryが面白い。このアルバムの白眉。ショーターの作曲で渾然一体となって提示されるsoundが楽しい。ラテンな要素が強くエスニックな香りが横溢するが躍動感にあふれ、圧倒される。ジャコのbassが凄い。B面ラストは1980年大阪公演のライブ。

録音はますまず、若干中央に音が固まるが、切れが良く厚みも十分で心地よい。

side A

1.「Night Passage」Zawinul
2.「Dream Clock」 Zawinul
3.「Port of Entry」Shorter
4.「Forlorn」Zawinul

side B
1.「Rockin' in Rhythm」 Carney/Ellington/Mills
2.「Fast City」 Zawinul
3.「Three Views of A Secret」 Pastorius
4.「Madagascar」


(personnel)

Wayne Shorter (Tenor Sax, Soprano Sax)

Joe Zawinul (Keyboards)

Jaco Pastorius (Electric Bass)

Peter Erskine (Drums)

Robert Thomas, Jr. (Hand Drums)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏場の熱気対策

2017年05月07日 23時34分37秒 | オーディオ





昨年も試みた夏場の意熱対策、去年はエアコンを買い替えで良しとなり、肝心なパワーアンプ選手交代は失敗に終わった。証拠にもなくリベンジである。以前一度使ったことがあるLO-D(日立)のHMA-9500を導入した。長岡教のご本尊とも言うべき名器である。世界で初めてMOS-FETをパワーデバイスに使ったアンプだ。620Bとの相性はどうなんだ、と思われる諸兄も多いことだろう。40年くらい前にSTEREO SOUND誌上でオーディオ評論家の上杉さんが「ALTECは物理特性が優秀なアンプで鳴らせば、良い音奏でますよ。」との趣旨の発言をされ、A5(A7?)を9500との組み合わせで推奨しており、検証?してみたかったのだ。(笑)ちなみに氏のSPシステムはALTECのユニットを使ったマルチシステム。当時は満更ウソではあるまい、程度の認識だった。

で620Bを鳴らしてみると---。一聴してクール、物理特性の良さが伺えるサウンドである。愛機MZ-1に比べると熱気が足りないが、切れ込みは素晴らしい。全帯域締まった音で明晰かつ鮮明。具体的に説明すると、例えばWaltz for Debbyを聴くと、piano の音が鮮烈でクリップするのでは、と思うほどに604-8Hが唄う。唄い方が全力。絶叫に近い。ユニットの限界までしごかれる感じである。音が滲まないのだ。オーディオ的な快感である。ただ引き込まれる、魅了される、耽溺する、といった風ではない。

ALTECの音色を補完したり強化するアンプではないが、これはこれでありだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

November talk/Lee Konits&Martial Solal

2017年05月05日 23時29分44秒 | ジャズ







今宵の一枚はLee Konitz&Martial Solalのデュオアルバム、「November talk」レーベルはHoro Records、録音は1977年11月。Free Jazzの範疇に入るのだろうか。?Lee Konitzがこんな演奏をするとは意外である。Lee Konitzといえば、枕詞的にLennie Tristano、cool Jazzだが、たしかにFreeの形を取りながらどこかcoolである。熱くならないのだ。正直Free Jazzはとっつきにくく、あまり好きではないがこのアルバムは音色自体暗くはない。片面20分弱あるB面もなんとか聴き通せる。


Martial Solalに関しては恥ずかしながら聴いたこともないし、名前も知らなかった。フレーズが明晰だが音色は冷たくならず、聴いていて心地よい。暖かくウエット、Lee Konitzとうまく補完し合っているのかな。?興味深いのはA面の2曲目、多重録音であたかもasが2本で演奏しているかのような録音。左右から旋律が違う音が流れる。これはおもしろい。より音に深みを与えている。




side A

1.November talk

2.Blues Sketch

side B

1.Rhythm Sweet


(personnel)

Lee Konits(as)

Martial Solal(piano)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の新顔登場

2017年04月30日 23時50分54秒 | オーディオ








新しい仲間が加わった。今回はオーディオボード、現在CDの出音がLPの出音を凌駕する状況で、改善必須。で、以前から導入したい、と考えていたオーディオボードを購入。素材により響きがずいぶんと違うので選択に迷ったがここは手堅く余韻が綺麗に出る、という固い素材に決めた。御影石である。市販品は大きさがフィットするものがなく、ワンオフで特注。幸い石材店を営む友人がおり、彼にお願いした。簡単に考えていたが、GT2000のサイズに合わせると、大きく、重い。55cm×40cm×3cm。重量約15Kgである。

さっそく試聴。濁っていた高域のハイハットの余韻が混濁せず綺麗に伸びるようになった。中低域もクリアーになった。しかし悩まし事態が。なんと、御影石同じ大きさでもう1枚あるのだ。というのも、部材の切り出しの関係で。55cm×40cm×3cmは中途半端とのことでもう1枚タダで進呈頂いたのだ。ありがたい。で、こちらもさっそくSA-60の下へ。ここで問題。ラックの内径は53cmしかないのだ。縦横逆に設置した。

いやはやCDの出音も大幅に向上。LP以上に全帯域クリアーでより方強い音に。回転系の振動はアナログよりデジタルの方が大きいわけで、こちらの方がより効果的なのだ。皮肉なことになんとも悩ましい結果に。根本的にはアナログプレーヤーの音質そのものの問題にどうしても帰結してしまう結果となった。

SP10かBL-111か。?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Swingin' The'20s/Benny Carter

2017年04月24日 00時29分25秒 | ジャズ







ご無沙汰である。久々の更新。で、今宵の一枚はBenny CarterのSwingin' The'20s。録音は1958年2月、レーベルはcontemporary。演奏はBenny Carter、Earl Hinesの両巨頭が大きくフィューチャーされる。説明するまでもない大御所である。この二人はアルバムタイトル通り1920年代に活躍した、いや当時(スイング時代)の代名詞とも言える人物。50年代、60年代のサウンドに慣れた耳にはどこかのんびりしているが、よく聴くとさすがの演奏である。貫録タップリで存在感が凄い。とりわけEarlのpianoのドッシリとした響きに圧倒された。Bennyの流れるようなasの響きもグイグイと引き込まれる。澱みなく朗々と流れる川のごとき演奏で、これぞスイングと快哉を叫びたくなる。二人の間が絶妙。素晴らしい。Bennyがtpを吹くとは恥ずかしながら知らなかった。これが意外に良い。(失礼)

一方リズム隊は二人のサポートに徹し決して前に出てこない。Shellyのdrumsが実に渋い。燻し銀である。


side A

1.Thou Swell(Richard Rodgers, Lorenz Hart)

2.My Blue Heaven (Walter Donaldson, George A. Whiting)

3.Just Imagine(Buddy DeSylva, Lew Brown, Ray Henderson)

4.If I Could Be with You (One Hour Tonight)" (James P. Johnson, Henry Creamer)

5.Sweet Lorraine" (Cliff Burwell, Mitchell Parish)

6.Who's Sorry Now?" (Ted Snyder, Bert Kalmar, Harry Ruby)

side B

1.Laugh, Clown, Laugh (Sam M. Lewis, Ted Fio Rito, Joe Young)

2.All Alone (Irving Berlin)

3.Mary Lou (J. Russel Robinson, Abe Lyman, George Waggner)

4.In a Little Spanish Town (Mabel Wayne, Lewis, Young)

5.Someone to Watch over Me (George Gershwin, Ira Gershwin)

6.A Monday Date(Earl Hines)



(personnel)

Benny Carter - as, tp

Earl Hines - piano

Leroy Vinnegar - bass

Shelly Manne - drums


コメント
この記事をはてなブックマークに追加