ルアー・ジギング船魚拓号 平野船長

白浜渡船・ルアー・ジギング船魚拓号の情報をお伝えします。

0714

2017年07月14日 14時09分38秒 | Weblog

スロージャークに、時々誘う。
死にかけのベイトの動きを演出出来れば、勝利するようだ。

サーフェスで、シュパシュパやっているのは、本ガツオだと云う事が判明した。

水温23.6℃から、また本流の接岸により、26.3℃まで上昇した。
上昇してから本ガツオに変化した。
その後ろに、キハダが居る。

AMのみ2名で出船。
打率5割、ワラサ(4キロ)1本、本ガツオ(2.8キロ)1本etc。

フルキャスト(70g前後のジグ、白のバケフック)、カウントダウン20~30、中層。

ブリ系は、ボトム。
大物の予感がビシバシ。

PMの方が良いかも。

予約変わらず、少数。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0713 | トップ | 0715 »

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事