カエサルの世界

スマホで見る場合も「PC版」をオススメします。

◎2011年3月19日(ガソリン渋滞)

2017年02月18日 | ☆東日本大震災  

 熊本地震を経験された方の手記にインスパイアされ、東日本大震災のときの生活を振り返ってみるというシリーズの3回目ということになります。
 カエサルは、津波や原発事故などの被害にあったわけではなく、避難所や仮設住宅などでの生活を強いられたわけでもありません。それでも当時の生活はたいへんだったんですけど、そうした日々を忘れつつあるということに気づいたのです。こうしたことは、何度でも振り返っておく必要があると思いました。
 今回は、2011年3月19日です。震災9日目ということになります。


 この日(3月19日)は土曜日で、20日は日曜、21日は春分の日ですから、3連休の初日だったんだと思います。3月11日以来、毎日が休日のようなところもありましたけど、気分は違います。生活の立て直しを図ろうと思いました。
 この4日前、3月15日から電気が来ていました。夜でも明るくすることができるし、暖房を使えるようになったし、カセットコンロを使わずにお湯が沸かせるようになったし、インターネットも使えるようになりました。それまでの4日間と比べれば、夢のような生活が始まっていました。
 心配だったのは、まず、食料です。

 写真は、この日の朝の時点でのカエサルが持っていた食料です。
 インスタントラーメンが30袋くらいあります。この時点で、こんなに食料をもっていたのはカエサルくらいかもしれません。毎日3袋ずつ食べても10日間はもつ、2袋ずつなら15日間もつと思っていました。
 餓死することはないだろうと思っていました。


 コンビニへ買い物に出かけました。ローソン仙台茂庭店です。カエサルんちから歩いて10分くらいのところにあります。震災後、初めての買物ということになります。
 開店10分前くらいに着いたのだけど、行列などはありませんでした。開店時間になると、従業員の方が出入口のところに立って、先頭の3人くらいを中に入れ、その後は、1人が出てくると1人を入れるというしくみでした。
 それほど待つこともなく店内に入ることができましたが、商品棚はほとんどからっぽです。カップラーメンなどはありましたが、1人2個までといったような制限がありました。
 タバコを買うことはできました。いつもの銘柄ではないのですが、1カートン買うことができました。そういう買い方ができたのはこのときが最後だったと思います。その後は、まったく売ってないか、売っていても1人2箱までといったような制限がつくことになりました。




 ガソリン渋滞です。
 コンビニから西に1kmほどのところにガソリンスタンドがあるのだけど、コンビニの東側から延々と自動車が並んでいます。これが、ほとんど動きません。この渋滞がどこから始まっていたのかはわかりませんが、少なくとも2km、場合によっては5kmくらい続いていたんだと思います。
 こういう光景が、仙台のあらゆるところで見られました。ここは片側2車線なのでまだよいのですが、片側1車線のところでは反対側車線で交互通行するようなことになります。交通整理をする人がいるわけではなく、はっきり言って、めちゃくちゃです。カエサルは、この渋滞に加わる気にはなれませんでした。
 カエサルの車には、それなりにガソリンが入っていました。この前日までは車で通勤していたし、営業している店などを探して近所を車で走り回ったこともあります。そうしたことを続けていれば、ガソリンはなくなってしまいます。残っているガソリンは緊急のためにとっておくことにし、車には乗らないことにしました。
 職場へは、徒歩で通勤しようと思いました。片道5kmくらいで、坂もあるので楽な道のりではないんですけど、1時間くらいで着けるだろうと思っていました。
 自転車があればよかったのだけど、ありません。買うこともできません。お金があっても買えないというのは、不思議な感じがしました。困ったと言うよりも、不思議な感じがしていました。




 コンビニからの帰り、「応急給水所」を発見しました。給水車による給水ではないので、特定の時間に来なければならないということではないみたいだし、混雑もしていません。嘘じゃないかと思いました。
 それまで、水は職場からもらってきていました。職場では水が出たのですが、それを運ぶためには車が必要です。でも、ここならば、徒歩で給水しにくることができます。ありがたいことだと思いました。

 水の話のついでに洗濯の話をしておきたいと思います。水道が出なければ、洗濯はできません。洗面器などを使っての手洗いは可能ですが、洗うとき、濯ぐとき、かなりの水を使うことになります。貴重な水を使うのは難しいです。
 カエサルんちで水道が出たのは3月28日、震災18日目です。その間、洗濯は一度もしませんでした。


 震災3日目に家の中にある食料をかき集めたわけですが、その後も食料の探索は続けていました。けっこう出てきます。
 写真は、そうやって発見した菓子パンです。これ、消費期限が2010年12月31日なんですね。消費期限を3ヶ月以上も過ぎているわけで、さすがのカエサルも躊躇しました。結局は食べなかったんですけど、とっておきました。毎日毎日腹を空かせていたし、いつ頃になったらまともに買物ができるようになるかがわからなかったわけで、とてもじゃないけど、捨てることなんてできませんでした。


この記事を面白いと思ったら →  ← 遠慮なくクリックしてね。

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎輪郭抽出 | トップ | ◎Cの食卓(170213-18)ロー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆東日本大震災  」カテゴリの最新記事