Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

17年台湾縦断 1 高雄初上陸

2017-04-23 23:27:56 | 東アジア
2017年4月7日から17日 台湾東部縦断の旅

4月7日

台湾には何十回と行っているが、ほとんどは仕事で台北ばかりだったので高雄には行ったことがない。
そこで今回は初めて高雄から入ることにし、LCC利用なので成田発。

その成田に行くのに今回は昨年の秋から運行開始したと言う大崎発のシャトルバスを使ってみた。

 大崎駅新西口からデッキを歩いて行くと眼下に小さなバスターミナルが見える。降り口にはツタヤ内にスタバもあるので早めについても大丈夫。

運行はウィラーと京成バスの共同で、今回はウィラーの車体に当たった。
 
きれいな座席で久しぶりにレインボーブリッジなど通り、朝のラッシュ時だったが1時間10分で成田空港到着。
ネット予約だと1000円なので、我が家からだとこれが最安値で成田に行く方法。特に第三ターミナルに行く時には重宝しそうだ。

ただし今回はタイガーエア利用なのでLCCでも第二ターミナルからの出発。
 Gカウンターとはどこぞや、と思ったら中央の島の向こう、出発口の並びの端にあった。

早めに着いたが出発2時間半前にチェックイン開始。
短めの列もサクサクすすんで、往路は持ち込みにした手荷物も問題なし。
これは楽勝と思ったら思わぬところに伏兵。まじめに液体物をプラスチックバッグに入れてやったら、セキュリティーチェックの兄ちゃんが110mlの日焼け止めを「これはダメです。廃棄します」と取り上げやがった。
たったの10ml、なんて融通が利かないんだ。

搭乗ゲートは予想通り、ターミナルのどん詰まりで第三ターミナルも目の前。
 
それでも沖止めではなくブリッジ使用だったのはうれしい驚き。

定刻の11時35分よりちょっと早めに出発した高雄行きのA320は7割ほどの搭乗率。
3席並びの中央が空いていたし、座席幅もそれほど狭く感じることなく、問題なし。
 
日本各地を紹介する虎のキャラクターが笑える。

ちょうどお昼だったので、往路には機内食を予約しておいた。
 ご飯の上に排骨肉と煮卵が乗った典型的台湾弁当。
これで980円は高いけれど、へたな機内食よりもおいしくて満足。

高雄到着は予定よりもちょっと遅れて15時。
 
こちらもブリッジに付けられて、入国も早い。

空港を出る前にコンビニで悠遊カードに1000元をチャージ。
これが今回地下鉄は元より、どこのバスにも使えて実に便利だった。
台湾で悠遊カードは必須。

そのカードを持って空港ターミナルを出ればすぐに地下鉄の駅。
  
 聞きしに勝る便利さだが
  
高雄の地下鉄はどこも萌えキャラだらけで日本よりすごい。飲食厳禁なのは許すと何でも食べちゃいそうだからだろうな。

空港駅からは7駅で「世界で2番目に美しい駅」に選ばれたことがあるという美麗島駅に到着。
2番というのが微妙だが、その理由はこの中央ホールのステンドグラス。

確かに見事なものだが、広い構内は意外に人が少なくて閑散としている。

 
この駅から地上に出て高雄駅方面に向かい、途中で折れて7分ほどで今夜の宿、Bamboo Hotelに到着。

  
ビルの横に大きな広告が出ているが下の階に入っているのは予備校、ホテルの入り口は小さくて、ビルも相当古そう。
 5階にあるフロントもしょぼくていささか不安になるが、日本語を話すお姉さんが一人いて丁寧に受け付けてくれ、宿泊階へのエレベーターはカードでガードされている。

そして部屋に入ってみると、こちらはきれいにリフォームされて広さも十分。
  
 
バスルームも清潔だし、大通りに面した眺望も悪くない。これで1泊6000円しないのだからいいじゃないの。

と部屋に落ち着いたのが高雄上陸後1時間の16時。
気温は30℃でもう汗だく。さすが南は暑い!


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

アラブっぽい看板

2017-04-21 17:21:25 | 中近東/北アフリカ
アラブと言えばイメージはラクダ。
 実際、道端をラクダがうろうろしている。

人間の姿はと言えば
 白いゾロゾロ姿。これはカタールのドーハだけれど
 オマーンではなぜかよたったような姿。

もっともどちらの国でも街中を歩いているのは貧乏な外国人だけ。
自国民は車で移動するので外を歩いている姿など見かけない。

オマーン人の正装を見るのは
 
トイレの標識ぐらい。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ポスト・コレクション 15

2017-04-20 19:19:55 | コレクション
久方ぶりのポスト・コレクション。

まずはオランダ。

 
街中のポストにべたべたとシールが貼られてしまうのはイタリアと一緒。なぜか2つづつ並んでいるが、どちらのポストも郵便番号別に投入口が2つあるまったく同じものだ。
 こちらはたしかバッグ博物館のショップ内にあった古い形のポスト。
四角い形とオレンジ色が植民地のインドネシアに渡ったことがよくわかる。

キルギスのビシケクではオシュ・マーケット前に郵便局と青いポストを発見。
 
旧ソ連圏ではポストを郵便局以外の街頭で見かけることはほとんどないように思う。

こちらはインド、ロータン・パスの麓、コクサール村の郵便局。
 この缶型ポストはすでに何回も登場しているが、かわいくてたまらない。

 オマーンのニズワにあったポストはどうやらハンジャルを模しているらしい。 
 
マスカットのホテル前のポストは普通の形だったが、ここから出した絵葉書の切手もハンジャルの柄。
 王様の絵葉書はちょうど10日で日本に着いた。

同じくオマーンだが、ティウィ村の郵便局にあったポストは青ではなく黄色。
 
どうやら黄色から青へ変更中のようだが、郵便局のゆるーい雰囲気同様、変更のペースもゆるーいようだ。


過去のポスト・コレクションはこちら↓

ふみの日記念 ポスト・コレクション
ポスト・コレクション 2
香港のポスト
ポスト・コレクション 4
ベトナムのポスト
バングラデシュのポスト
キプロスのポスト
ポスト・コレクション 8
モロッコのポスト
ポスト・コレクション 10
タジキスタンのポスト
ポスト・コレクション 12
ポスト・コレクション 13
ポスト・コレクション 14


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

台湾・北投温泉 瀧の湯リニューアル

2017-04-18 18:21:15 | 東アジア
台湾から無事に戻りました。

今回の旅のきっかけはご存じJR東日本の大人の休日倶楽部。
北海道新幹線開業1周年でまたお得なパスが出たのだが、北海道は行ったばかりだし、26000円出せばLCCで台湾に行けるんじゃね?と調べると確かに行けそうと言う所から始まった。

結局日にちや時間を選んでいるとお安いキャンペーンは使えないし、26000円よりは足が出てしまったのだが、台湾国内は交通費が安いし、安ホテルも清潔、なによりも食事が安くて、一人で小吃など食べていれば一食400円もかからない。
あそこも行きたい、ここも行っておこう、とやっているうちに11日間になってしまったが、楽しいし安いし、やっぱり台湾、最高!

内容盛りだくさんで長い旅行記になりそうだし、すぐまた出かける予定があるので鮮度の高い情報を先に一つだけ上げておこう。


昨年からしばらく休業していたと言う北投温泉の老舗、瀧の湯。
4月7日からリニューアル・オープンとの情報を得たので16日に行ってみた。

日曜日でにぎわう温泉公園を抜けて目指す場所まで来てみると
 
あら、前と全然変わってないんじゃないの?
玄関前に確かにお祝いらしい胡蝶蘭が見えるけど、と中に入ってみると
 
フロント周りはすっきりときれいになっていて、以前はあった手書きの日本語の注意書きなどなくなり、番台も以前は日本語を話すおじさんだったのが今は英語を話す若いお兄さんとお姉さんになっている。
入浴料も以前の90元から150元に値上がりしているが、料金を払うとなんとロッカーの鍵を渡される。

ここから先は写真はなしだが、のれんをくぐるとまずはすっかりきれいになった下足箱があって、奥の壁には鏡とドライヤーが一つ。
その先には鍵のかかるロッカーが並ぶ更衣室ができている。

ここで裸になって浴室に入ると、すぐに浴槽があるのは昔のまま。
ただし以前からの高温槽の横にその半分ほどの大きさの低温槽ができている。

その奥が洗い場なのも昔のままだが、一番奥にあった棚はなくなって、床は新しいレンガ、壁際にはシャワー付きのカランが3つ並んで、天井から下がるランプも和風でおしゃれ。
さらにシャワーの横にはトイレができていて、これがまた広くてとてもきれい。

図にするとこんな感じだが
 
おそらく白い部分の浴槽は昔のまま、ピンクの部分を建て増ししたものと思われる。

天井は木の梁が見える造り、照明は十分ながら光量を押さえて全体に落ち着いた感じも以前どおり。
そして肝心のお湯は昔のまま、高温槽で44.7℃の表示があり、なめればレモンのように酸っぱい強酸性のお湯は肌にピリリと強烈。
低温槽の方は湯量を絞って42℃ほどの入りやすい温度になっているが、入り比べればやっぱり源泉ざばざばの高温槽がお湯の鮮度がまったく違って気持ちいい。

感心したのは途中でお姉さんが入って来てお湯の温度を計って湯量の調整をし、排水溝の掃除などしていったこと。
かなり頻繁にチェックしていると見た。

リニューアルしたての日曜なので混んでいるかと懸念したが、入っていたのは4,5人のベテランのお姉さま方ばかり。
みなさんおしゃべりもせずにゆっくりとお湯を楽しんでいて、さすがこのお湯の常連。

お湯に浸かるよりも外で涼む方が長くなるが、入浴後は汗が引かなくなるほど相変わらずパワフルなお湯。
それをそのまま、浴室の雰囲気も踏襲しつつ清潔に生まれ変わらせて、このリニューアルのセンスの良さには本当に感心した。
このお風呂を維持するためなら150元への値上げにも十分納得できる。

ちなみに料金表にあった個室湯屋はまだ準備中。
 フロントの右側にも休憩室ができるようだがこちらもまだ未完成。

リニューアルした瀧の湯のこれからも楽しみだ。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

飽食週間

2017-04-06 18:47:06 | 食べ歩き
先週、なぜか知り合いとの会食が続いておいしいもの責め。

まずはお久しぶりの御成門、「桝ざき」にて。

 スタートはいつも茶わん蒸しなのだが、この日はなんとフォワグラに新玉ねぎのソースという変わり種。フォワグラが濃厚で、これはもうフレンチで出てきても不思議ではないお味。おいし~。
 続く前菜はいつもよりちょっとおとなしめ?
 お椀は鯛の白子真薯とのことだが、蓋を取った時の香りにうっとり。
 品数豊富なお造りはミズダコが特においしい。
 焼き物は季節柄、桜鱒がお餅と桜の葉にはさまっていて、これまた香りが素晴らしい。
こちらのお店、なぜか桜の季節に来ることが多いのよね。
 続く野菜のおろし煮は今回一番気に入ったお料理。ふんだんに入った木の芽がさわやかで、丁寧に仕事をされた野菜を引き立てる。

ここまででもうかなりお腹いっぱいになってしまったので
 
桜エビが香ばしい土鍋ごはんはほんの一口。残りはお土産にしてもらえるし
 デザートがあるからね。
これも今回はちょっとおとなしめのデザート、ほうじ茶のアイスクリーム、うまし。


と、この食事から3日後、今度は恵比寿で10年ぶりに会うオーストラリア人と会食。
最後に一緒に行った店に再びお連れしたが、こちらの隠れ家は今は一見さんお断りになってしまったので店名は内緒。

   
大間産のすごい大トロのあぶりとか、鹿肉、野ブタ、三つ葉の下に隠れているのは大きな桜鯛の切り身入りうどん。

珍しい日本酒を堪能して連れは喜んでくれたけど、一番おいしかったのはみょうがだったらしい。
英語がないので説明に困るが、みょうがってしょうがの仲間、だよね?


さらにその翌日、今度は我が家のすぐ近くで新規開拓。

 
大きなフランス国旗の掛かった入口から2階に上がる店の名は「マルティニーク」
今年の2月に開店したばかりのクレオール・フレンチとのことなので、友人たちと3人でトライ。

注文を終えて、まず登場したのは突出しの揚げ物。
 野菜を使った「アクラ」というクレオール料理と説明されたが、中はねっとりしたペースト状で、スパイスが効いた香りはインドのサモサっぽい。カラリと揚げたてがとてもおいしくて、これは幸先がいいかも。

前菜にはアシェット・クレオールという盛り合わせを頼んでみたが
 「ちょっと変わったものが入っていますが」と言われた右上の黒い四角、これがブーダンノワールなのだがなめらかでものすごくおいしい!ブーダンノワールと言えば脂身も入ったソーセージだと思っていたが、ここのはまるでチョコレート・ムースのようで、味は脂っぽくないフォワグラみたい。
左側のチキンもスパイスを効かせた皮がパリパリで、サラダ類も美しくてうまし。
 温野菜のソースはアンチョビ入り。
 シュークルートのベーコンやソーセージもすべて自家製だそうで、ベーコンの脂身もしつこくない。奥入瀬の豚を半頭買いしているそうで、この店はシャルキュトリーが得意のよう。
 最後はフレンチらしくはないがパエリアを頼んで、どのお料理にも大満足。

この店の建物、元々は確か歯医者だったと思うのだが、その後アジア料理やイタリアンなど入りながら長続きしなかった。
アーケードからちょっと入って目立たないのが厳しそうだが、おいしいのでがんばってほしい。
クレオール料理がもっと増えてくれるとうれしいので、通って常連にならねば。


と飽食の一週間を過ごしたが、明日からは台湾に行く。
最近コレステロール値が高くてとうとう薬を出されてしまったのだが、あれも食べたい、これも食べたい・・・。 
   
 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加