Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

断食明けイフタール@池袋「パルミラ」

2017-06-25 14:42:42 | 食べ歩き
2017年のラマダーンも最終日、「世界の伝統料理と特殊食材を食べる会」と言う集まりに初参加させていただき、kimcafeさん主催の「手食シリーズ⑤イフタールにカブサを共食」へ。

会場は池袋にあるアラビアレストラン「パルミラ」
 
JR西口から10分弱、中華料理屋の2階の店へはらせん階段を上がる。

それほど大きくない店だが、手前には普通のテーブル席、奥が靴を脱いで上がる絨毯敷きの座敷になっていて
 普段は置いてある低い座卓も片づけられて、アラブ式の会食のための準備は万端。

日没は19時1分とのことだが、その少し前にレストラン・オーナーから「あと5分」の呼び声。
それからほどなくしてラマダーン明けのお祈りが流れ始めて、「よし」のご託宣。

まずはお作法通り水と甘いデーツをいただき
 
これもイフタール(断食明け)に付き物と言うレンズ豆のスープ。クミンが効いているがやさしい味付けでいかにもお腹に良さそう。

サラダにかかっているのはアラブ料理でおなじみのザクロ・シロップ。
 
ピタパンに付けて食べるペーストは左下からザクロシロップ入りで甘酸っぱい焼きナスのババガヌーシュ、ニンニクの効いたやはりナスのムタバル、ヒヨコ豆のホンモスに、濃いヨーグルトのラブネ。
 オクラと肉のトマトソース煮込みは酸味が効いて、でも食べやすい味。

これらの前菜はどれもパンに付けて食べるのでいずれにせよ手食だが、次の料理が本日のメイン・イベント。
 大皿に盛られたマトン・カプサをアラブ式に手でいただこうと言う趣向。
 
お米は細長いバスマティ・ライス。水分は少ないのでポロポロとまとまらないが、脂っぽさもなくこれも優しい味付け。良く煮こまれたマトンも手で簡単にほぐれて臭みもなく、食べやすくておいし~。
オーナーによるとこれはサウジアラビア式ピラフだそうで、多くて食べきれないかと思った大皿も4人づつできれいに完食。
皆さん、ちゃんとスプーンなど使わずに食べて、手の方がおいしいよね。

 
デザートにはサービスでバクラヴァを出してもらい、ミントティーの保温ポットがいけていると思ったらなんと日本製。中東への輸出用に作られているのだろうが、これ、ほしいなあ。

東京でアラブ料理の店はなかなか定着しないようだが、ここは今まで食べた中でもおいしいし、レバノン人オーナーとシェフにはぜひ頑張っていただきたい所。

おいしいものを楽しく食べられて「世界の伝統料理と特殊食材を食べる会」とkimcafeさんに感謝。

ムスリムの皆様、断食明けおめでとうございます。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾 4月の果物

2017-06-23 11:32:48 | 東アジア
フルーツ天国、台湾でのビタミン補給はもちろん果物。

日本人が台湾で食べると言えばマンゴーだけれど、4月の中旬ではさすがにまだ早い。
それでも高雄の六合夜市の果物屋台で愛文マンゴーよりも早く出る土マンゴーを見つけた。
 
小さいけれど酸味が強くて味の濃い土マンゴーは大好き。
今回はナイフを持ってこれなかったが、ちゃんと皮を剥いたものがあるのがありがたい。
しかし最盛期になれば1つ20円ぐらいになるのが7つで80元(約300円)とまだ高く、味もさすがにまだ甘くなかった。

 高雄には大きな果物屋さんもいっぱいあって
 
さらにそそるディスプレイのフルーツ・ジュース屋さんもある。
 果物屋さんで買ったパイナップルはたったの10元(40円弱)!しかもめちゃくちゃ甘くておいしくて、これ以降マイ・パイナップル・ブーム到来。台北ではこの2.5倍ほどの量で50元したのでやっぱり高雄は安い。
これも大好きなパッションフルーツの生ジュースは40元。

台東の正気路は週末の夜には観光夜市が立つそうだが、昼間は果物の屋台が並んでいる。
 
台東は来る道中でも見た通り釈迦頭の産地。旬は冬と聞いたが、ここにはたくさん並んでいるではないか。
中でも釈迦頭と南米のチェリモヤを掛け合わせたと言う鳳梨釈迦を食べてみたかったので「すぐ食べられるものを」とおばちゃんに頼むと、おばちゃん重さも計らずに「100元」と言うのは少しぼられたかな。
 
しかし食べてみると釈迦頭の激甘にほどよい酸味も加わって、これはおいしい。しかも釈迦頭ほど種が多くなくて食べやすいし、100元に悔いなし。
別の屋台で買ったグアバ30元の方は残念ながら高雄のかき氷ほどの甘さはなくて、これはもうちょっと研究が必要。

今回の台湾でもう一つはまったのは蓮霧(レンブ―)。
 
これ、タイで食べたことがあるが、シャクシャクとした食感と水分だけで、のどが渇いた時にいい甘くない果物と思っていた。
ところが皮も剥かずに食べられるからという理由で台北の朝市で買ってみると、これが甘くておいしくてまたにわかに開眼。値段も一つ10元ほどと安い。
調べてみるとへたの部分の口が大きく開き、中にピンクの輪が見えるものが甘いんだそうだ。次回のために覚えておかなければ。

台湾ではバナナも好きなのだが
 今回はなぜかおいしいものに当たらず、この太っちょバナナもいまいち。
一番おいしい小さなモンキーバナナが見当たらなかったのは時期の問題だろうか。

果物を食べるためだけでも、またすぐ台湾に行きたい。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

台湾縦断の戦利品

2017-06-21 16:11:24 | 東アジア
昨日、所要で神保町へ。
帰りにはいつものごとく柏水堂でケーキを買おうと思ったら、あるべきところに店がない!
ビルごと無くなっていて、呆然としていたら通りかかった人が連れに「柏水堂、閉店しちゃったんだよね」と言うではないか。

帰ってから調べてみると、なんとおととしの春に完全閉店したとのこと。
2年も知らなかったなんてショック、しかしあの老舗がなくなるなんて考えたこともなかった。
ここのマロンシュークリームが大好きだったのに。
神保町の楽しみが一つなくなってしまった。



さて、恒例、旅の戦利品。
台湾では当然食べ物ばかりで、そのためにLCCも帰りは最初から荷物を預けるべく予約しておいた。

 蓮池潭のほとりにある高雄物産館ではめぼしいものがなくて、期待した地元のバナナもなし。エッグロールはチョコバナナ味とあったが、バナナの香りはまったくしない。
 こちらは駁二芸術特区で見つけたコーヒーと高山茶のティーバッグ。絵本作家の店だそうで、猫好きの友人に喜ばれた。

 薄くてパリパリの生地の上にアーモンドやシラス、葱の乗ったこのスナックは高雄名産とあるが実は桃園空港で見つけた。高雄で見た覚えはないが、これはとてもおいしくて、また高雄に行くことがあったら絶対に探そう。

 知本駅の売店で買ったのは初鹿牧場の薄焼きクッキー。これもパリパリととてもおいしいのだが、面白いのはジッパーが袋の長い辺に付いていること。この方が食べやすいが、他では見たことがない。

 台東ではこの地の特産、乾燥金針。米苔目を食べた老東台できれいなものを売っていたので購入、150元。お湯で30分、冷水で洗って水にさらに30分さらして使用する。
花自体に味はないが、シャキシャキした食感でスープに入れるときれいだ。

客家の街、北埔の老街では客家の金柑のソースを購入。塩とわずかに唐辛子の入ったこのソースが肉にも野菜にもいろいろ使えて優れもの。店ごとに自家製を売っているので、味見をしてから買うのがいい。
 
やはりこのエリア特産の東方美人茶はバス停の前にあった農協直売店のような所で購入。
ティーバッグになっているが、これがさすがのおいしさ。確か20袋入りで260元。

 新竹ではもちろんビーフンを買ったが、安いものは米以外のでんぷんも使っていると言うことで米100%のものを。水で戻さずにすぐ使えて、いつも食べているものより堅めの食感。ちなみに左の茶色いのは玄米のビーフン。
もう一つの新竹名物と言うピーナッツバターは店でもおすすめされたが本当においしい。砂糖が入っているので少し甘いが、濃厚。

迪化街ではビーフン炒め用に干し海老とキクラゲを購入。
 富自山中というおしゃれに改装された乾物屋さんで買ったが、どちらもとても質がいい。
キクラゲは小さいのはタイ産、購入した大きいのは台湾産とのことで、軽いががさばるので少しにしたが、おいしいのでこれはもっとたくさん買えばよかった。

 同じく迪化街の台湾物産ではパイナップルとマンゴーのジャム。ただしマンゴーの味はまったくわからない。

あとはスーパーで大好きな鉄卵や豆干。
 
豆干はすぐ食べられるドライもおいしいが、火を通さなければならない左の物も野菜などと炒めると塩気がちょうど良くてとても便利。日本のスーパーでも売ってくれればいいのに。

 
方塊酥はパイのように生地が層になったサクサクのクッキーで、甘すぎない所が好み。
嘉儀のお菓子だそうで確かにどちらも嘉儀のメーカーだが、左は台北のカルフール、右は高雄駅内の売店で購入。どちらもおいしい。

そして台湾に行ったら必ずあちこちで買い集めるパイナップルケーキ。
 今回は高雄の金龍彩というちょっと高級な店で買った赤いパッケージのクランベリー入りが特に気に入った。同じ店の平安糕は柔らかい落雁のようでこれも美味。

台湾はお土産までおいしいものがいっぱい。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

17年台湾縦断 20 桃園から帰国

2017-06-19 19:32:23 | 東アジア
4月17日

本日、帰国日は月曜日。
 宿泊した部屋の窓から外を見ると民権西路をバイクがガンガン通って行く。

そこでホテルの前に出て台北大橋を見れば
 
文字通り湧くように降りてくるバイクの海。皆さん、ご苦労様です。

さて、帰国便は桃園からとは言え14時35分発、なので午前中はまだ遊べる。
と言うわけで宿から徒歩10分ほどの慈聖宮へ。
 
ここは海の神様、媽祖を祭る廟ということだが、他のお宮同様、仏教の仏様なども祀られていてにぎやか。
祭壇の前では歌うようにお祈りしている信者さんたちがいるし
 
お供え物の売店はまるでスーパーの棚のよう。
今回ほど台湾のお宮にお参りしたのも初めてだ。

ところで台湾のお宮は周りに食べ物屋台が集まっていることが多くて、この慈聖宮も例にもれず。
 実はここにやって来たのもこちらで朝食を摂ろうかと思ったからなのだが、8時半でもまだ開店準備中の店がほとんど、営業している所もローカル度が高すぎてさすがに躊躇してしまった。

そこで2つ目のオプション、すぐ近くの「呷二嘴」へ。
  
 
この店は米苔目のかき氷で有名な店なのだそうだが、かき氷などの夏メニューは4月26日からと店頭にも大書されていて、この日はまだ冬メニュー。
 そこで注文した筒仔米糕は大きなお肉と椎茸の乗ったおこわ、35元に厚揚げと大根のスープ、40元。どちらもやさしい味で、特に台湾の大根スープは大好き。

最後の朝食にも満足して、近くのスーパーで買い物。
さらに宿の裏の朝市をまた覗いてみるも、初日にいた葱餅屋さんはやっぱりいなくて涙。
 
それどころか10時を過ぎると食料品を売る屋台の多くはもういなくなってしまうようで、愛想のいいおばさんから肉団子を買うのがやっと。
朝市はなかなか難度が高い。

スーパーではもちろん消え物関係をもろもろ買い込んで荷物がだいぶ増えたが
 宿のフロントにはちゃんと秤があって、これは助かる。

重量オーバーがないことを確認したらホテルをチェックアウト。
すぐ近くの大橋頭駅からはまずMRTで3駅先の三重へ。
 
この駅でエスカレーターを上がるとすぐに今年の3月に開通したばかりの桃園機場線の駅があり、歩く距離もほとんどないので非常に便利。
 
この駅もできたばかりでとてもきれいだ。

ただし三重駅には快速は止まらないので各駅停車に乗車。
 
車内はごく普通の通勤電車という感じ。

この普通車で次の駅は新北産業園区。ここですぐ隣のホームから快速に乗り換えることができたのだが、時間もあることだし、とそのまま乗っていたらやっぱり各駅はだるくて、いささか後悔。
 
すれ違う列車など見つつ40分で桃園空港到着。快速より10分余計にかかったらしい。

 帰路は重くなった荷物を預けて
 量の少ないジュースが120元もすることに憤慨しつつ、残った台湾バナナを片付け 
 今度もブリッジを通ってほぼ満席の成田行きで無事に帰国。

タイガーエアは発着の時間もいいし、高雄も気に入った。
これは癖になりそう。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17年台湾縦断 19 迪化街散歩

2017-06-16 18:29:34 | 東アジア
4月16日 続き

北投から戻り、ホテルにいらないものを置いたらまだ明るい迪化街へ。

おとといの夜に来たあたりを改めて見てみると
 
この通りの北の端は赤レンガのすっきりした外観。

それが南へ下るにつれて
  
 
装飾的なファサードが多くなる。
 
ちょっと凝った窓の桟もツボで萌え~。

1階のお店はと言うと
 
昔ながらに商品を積み上げた問屋さんや乾物屋さんもまだ多いけれど
  
  
えらくスタイリッシュな店が増えておしゃれになった。
 
こんな気取った写真も撮れたりして。

この通りの中ほどで本日の一デザート。
 
「夏樹甜品」は杏仁豆腐の店なので、注文も杏仁豆腐氷、85元。このふわふわのミルク氷も杏仁の風味がふわっと香り、
 その下には選んだ緑豆と仙草ゼリー、さらに杏仁豆腐も入っていて、これはおいしい。杏仁好きにはたまらない。

氷でクールダウンした後もお店を覗きながら迪化街を南下して
 
おなじみ霞海城隍廟と永樂市場までやって来た。

ここからホテルに戻ろうとにぎやかな通りをはずれると
 
たちまち生活感あふれる雰囲気。
 
学校や病院のレトロな建物もいい。

さて、台湾での夕食もとうとう最後。
選んだのはまたホテル近くの延三夜市のこちら。
 
〆も思いきりB級なこちらの店で
 
枸杞土虱なるスープ、70元。店頭の大きな鍋でクコの実ほか薬膳と一緒に煮こまれている土虱とはナマズの一種だそうで、実際他のテーブルの丼からはひげがはみ出しているのも見えた(笑)。
しかし食べてみれば真っ黒い皮のしっかりした白身に泥臭さなどはまったくなくて、食べごたえも十分。
この店はこれと、同じようなスープで骨付き豚肉を煮込んだ薬燉排骨が売りのようでどのお客さんもそのどちらかを食べているが、薬膳臭さが苦手でなければ珍しいメニューでおすすめ。

温泉入って薬膳食べて。本日も健康的な一日。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加