Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

オマーンの旅 16 スール

2017-03-26 12:29:45 | 中近東/北アフリカ
2月8日

これまた久しぶりのホテルの朝食。
 普通。

ラス・アル・ハッドを出てすぐに立ち寄ったのはこのあたりでは一番大きなスールの町。
昔からダウ船の製作場として有名なところで、今朝もその工場を見学すると言うことだったのだが、車を降りたリーダーはどんどん山の上へ。こんなところに造船所があるわけないと思ったら
 
案内してくれたのは町の見張り塔。


入り江の口にあるスールの町が一望できてすばらしい眺め。
橋の向こうには見張り塔がさらに2つあるし、その先には灯台が見える。
 
眼下に浮かぶダウ船の前にあるのが造船所。ということで次はそこに向かう。

 着いてみると入口はなんともそっけない門。
中も材木が雑然と積み上げられている感じだが、奥では3艘のダウ船を製作中。
  
 
伝統的な構造を踏襲しているとのことだが、昔は使われなかったはずの釘やボルトが使われているし
 
働いている職人はみな南インドから来ているとのこと。

昔は交易に使われていた帆船も今は船外機をつけられて初日に乗ったような観光クルーズに使われることが多く、大きくて豪華な船の注文はUAEあたりから来るそうだ。

真っ白な建物の並ぶスールの町を通り抜けて、また海岸沿いを走り
 
ほどなくやって来たのはティウィという小さな村。
 
ここは今回のドライバーたち4人の地元ということで、村を通りながら「ここが誰それの家」「あちらは誰それのおじさんの家」と、まあ村中が親戚のようなものだろう。
 
そんなわけで車を停めたレストランの前でも、「あのおじさんの写真を撮れ」「俺を撮れ」とフレンドリー。

ここでランチを仕入れたら、この後はまたハイキングが待っている。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オマーンの旅 15 ラス・アル・ハッド

2017-03-25 16:34:39 | 中近東/北アフリカ
2月7日

 海からの日の出を眺めて健康な一日の始まり。
 昨晩の残りの蟹味噌汁は一晩おいて濃厚な出汁が出て、インスタントだけれどおいしい!

 
テントを片付けたらまたカモメやラクダを蹴散らしながらホワイト・デザートを後にする。

昨日イカやカニを買ったカールーフの漁村に今日もちょっと寄り道。
 
エイやナマズのような魚がいたが、他に獲物はなくて静か。

今日はアラビア海沿いの道をひたすら北上する。
途中、道路脇に車を停めて砂丘をちょっと歩くことに。

 
ここもまた白くて細かい砂。車のそばにサンダルを脱ぎ捨てて海の方に向かうが、思いのほか遠くて大変。

しかし崖の上からのこの見事な眺め。
歩いてきた価値はある、と満足して車に戻ると、車道のそばは熱くて足の裏がヤケドしそうになった。

道はきれいに舗装されて快適なドライブだが、周りの景色はひたすら砂。
 
海沿いにポツポツと現れる漁村も質素な感じだ。

行程のちょうど中間あたりで、今日もまたカレーのお昼。
 
まるでインドを旅行しているようだが、不思議と飽きないのはどこも結構おいしいから。

北へ行くにしたがって漁港も少し港らしくなってきて
  
 
モスクや学校も見えてきた。

 やがて見えてきた町はラス・アル・ハッド。
5日ぶりに泊まるホテルは町はずれの海辺にあるHoliday Resort。
 
部屋は広いし、なによりシャワーがある。
砂まみれになったテント泊のあとではとにかく髪を洗いたい、とすぐにバスルームに入ってシャンプーを泡立てる。
日向水のようだがそのうちお湯になるだろう、と待てど暮らせど熱くならなくて、結局水で体を洗う羽目になった。熱いシャワーを楽しみにしていたのに

夕食はこれまた久しぶりのビュッフェ。
 
普通。

が今夜はゆっくり食事を楽しんでいる暇はない。
8時に出発して向かった先は車で15分ほど行ったラス・アル・ジンズのウミガメ保護センター。
 
石のカメに迎えられて、結構大きな建物の中へ。
 受付で予約をして
 
後は大勢の欧米人たちとひたすら待つ。

この辺りの砂浜はアオウミガメの産卵場所ということで、ガイドに先導されたグループでのみその様子を観察できる。
カメの産卵は夜間のみ、一グループは25名まで、最大8グループしか入れない決まり。
しかし産卵のピークは夏、今はシーズンオフなのでカメがいるかどうかわからない。そこで係員が浜辺を見回って、カメがいたらツアー催行、確認が取れるまでお待ちください、というわけだ。

しかしこのセンター、2階にウミガメ博物館の表示があるもののなぜかクローズ、小さなギフトショップもあるがろくなものはなくて、なんとももったいない。
オマーン人はまだまだ商売が下手。

やがて9時になってツアーの催行が決まり、オマーン人ガイドに先導されてぞろぞろと外へ。
センターから海辺まで15分ほど歩くが、今夜は半月で懐中電灯なしでも足元が見える。
ウミガメが好むのは暗闇なので、今夜は一匹しか浜辺にはいないとのこと。

その一匹が穴を掘っているところは他のグループが取り囲んでいるので、皆さんはこちらへ、とちょっと離れた所へ。
するとガイド、「皆さんはラッキーです。今日は生まれたばかりの赤ちゃんがいました」と、なんとポケットから子亀を2匹出してポイと砂の上へ。
 
おそらくこういう時のために子亀をストックしているのだろう。ちょこまか動く子亀はかわいいけれど、う~ん、これはいいのだろうか。
ちなみに一度に100個ほど孵る子亀の内、成人できるのは1,2匹とのこと。この子たちはどうなるのか。

やがて穴を掘っていた母亀が今夜は産卵をあきらめて動き出したというのでそちらへ移動。
 
こんな人数に囲まれていたら、それはカメもいやだろう。

 
体長1.5mほどだろうか、思ったより大きな体がずるずると砂浜を移動して、やがて海に入ってしまった。

ちなみにウミガメの産卵は2,3年ごとだけれど1シーズンに何度かは卵を産むそう。
ただし産卵の時以外は陸に上がることはなく、だからオスは一度海に入ったら一生陸には上がってこないのだそうだ。

と、ウミガメのことはいろいろ教わったし
 まさかこんな姿が見られるとは期待していなかったが、この見学ツアーはいろいろ考えさせられてしまった。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

オマーンの旅 14 ホワイト・デザート

2017-03-22 19:44:53 | 中近東/北アフリカ
2月6日 続き

カールーフの漁村を出てちょっと行くと道端にラクダがいた。
 

 さらに進むと砂浜に出て、車は海辺を疾走。
 
車の行く手にいる大量のカモメたちが次々に飛び立つのが壮観。

 今いるのはアラビア海のマシーラ湾。
このあたりは砂が真っ白で、この砂浜で今夜は4泊目のキャンプ。
 
テントの設営も3回目となれば慣れたもの、今日は食堂テントも張られた。

眼の前はアラビア海。
 
波もほとんどないほど穏やかなので、気温はあまり高くないがものすごく久しぶりに海の中へ。
細かい砂が舞って期待したほどの透明度ではないが、入ってしまえば水温は高め、プカプカ浮かぶと気持ちいい~。
 
砂浜のいろいろな足あとを見るのも楽しい。

しばらく水遊びをして、日が傾いてきたところでみんなで砂丘のお散歩。
 テントの裏の砂山をよじ登ると
 
白い砂が見渡す限り続いている。

この白い砂は海辺から2,3キロも内陸まで続いているそうで

名付けて「ホワイト・デザート」って、そのままじゃん。

ここはローカルやツーリストにもキャンプ地として知られているようで
 隣が見えるか見えないかのあたりにポツポツとテントが張られている。
そのためこれまでのキャンプ地のようにゴミ一つない、という環境ではないのがちょっと残念。

 夕日が沈むのを見届けて、我らがキャンプに戻るとドライバーたちが今夜のバーベキューを準備中。
 
大きなモンゴウイカを丁寧に小さく切って串に刺してくれているのだが、なぜか3杯も買ってしまったので時間のかかること。もっと大雑把でもいいのに。
 
でこれを炭火で焼くともちろんおいしいのだが、なぜかオマーン人、同じものをすべて焼いてからでなければ他の物を焼こうとしないので、イカの串ばかり「食べろ、食べろ」と3本も4本も渡される。
もう1年分のイカをいっぺんに食べた気分。

これまたバケツ一杯買ってきたワタリガニはカニご飯にしたらどうだろう、と提案したがオマーン人はそんなことしたことがない、と不審そう。
そこでいつものように米の水加減をしてもらい、そこに適当に切ったカニと醤油を少々加えて炊いてもらった。
 
出来上がりは水加減がちょっと多すぎ、思ったほどカニの出汁も出なくて日本人にはいまいちだったが、なぜかオマーン人には大好評。
残ったご飯は朝食の雑炊にしよう、と話していたが、夜のうちに4人のドライバーたちに平らげられてしまった。

そして期待のロブスター。なかなか焼いてくれないので待ちくたびれたが、やっと登場すると
 
思った以上に身が詰まり、味噌もおいしくて、これなら一人で一匹食べられる。
10人で分けたら一口づつになってしまったけれど、思わぬご馳走に満足。

 海辺のテントもよく眠れる。 


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オマーンの旅 13 ジュベル・コブラ~カールーフ村

2017-03-20 15:43:55 | 中近東/北アフリカ
2月6日

 本日もまた快晴。

テントを片付け、朝食をいただいたらジュベル・コブラと呼ばれるこの周辺をお散歩。
 
 足元に生える草は葉が袋のようになって中に水を蓄えている。

周りにそびえる岩は根元が白い石灰岩。
  
根元が削れてコブラのような岩があるのでジュベル・コブラという地名だと言うが、どれがコブラやら。

 
ここでもまたラクダのなれの果てを見ながら岩の上へ。
 

荒涼とした景色だけれど、広々と胸が広がる心地がする。

ここを離れた後はまた東に向かい
 
幹線道路を走ってしばらく、ようやく少しは町らしい所に出た。

本日のお昼も道路脇のローカル・レストラン。
  
 
ここもまたインド人経営の店でビリヤニ・ランチだが、どこもはずれがなくておいしい。

食後は南に向かって少し行くと
 海が見えた!

浜辺に出ると小さな漁村がある。

ここはカールーフ村。

 
 
よく見ると小さな貝殻で覆われた浜は遠浅。
 
沖に見えるのは魚を獲るダウ船。獲物は小さなボートに移して陸揚げするのだが、そのボートも浜には上がれないので途中から車で引っ張ってくる。
 
この錆だらけになってもけなげに働く車はトヨタだそうな。 

 午後もだいぶまわった時間なので浜は静かだが、作業をしているボートに近づいてみると
 
腕を真っ黒にしたお兄さんたちが水槽に移しているのはすごく立派なモンゴウイカ。
これは一杯約2000円とお高いが、今夜の夕食に、とこれを買っていると
 ロブスターを持ったおじさんが登場。こちらは1匹600円とお安くて、ツアー一同大興奮。ただ残念ながらこれは一匹しかなくて
 
別のボートで網から外す作業をしていたのはワタリガニ。でもこちらも卵を抱えていたりしておいしそう。
 
自分で外した分はタダで持って行っていいと言われたらしく、我らがドライバーたちも熱心に網外し(笑)。

このカニの網にもロブスターが一匹かかっていたのだが、こちらは船のオーナーが不在ということでどうしても売ってもらえなかった。
浜辺で働いているのはほとんどバングラデシュからの出稼ぎとか。
同じ南アジアからの出稼ぎでも、インド、パキスタン、バングラデシュでは働き場所の棲み分けができているらしい。

イカ、エビ、カニをゲットして、今夜の宿泊地へ向かう。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オマーンの旅 12 カーン・キブリット~ジュベル・コブラ

2017-03-16 19:17:31 | 中近東/北アフリカ
2月5日

今朝も朝焼けに染まる砂山を見ながら起床。
 
 テントを撤収して、砂の上の朝食。
 初日の風で砂まみれになったのにはまいったけれど、風が治まればやっぱり砂漠は素敵で、この美しい砂山の眺めと別れるのは名残惜しい。

キャンプ地から離れて20分、ドライバーが立ち寄ってくれたのは
 サウジアラビアとの国境。
 
日が当たる東側がオマーン、西側がサウジアラビア。
現在サウジは観光ビザを一切発行していないそうなので、この裏側に回り込んだ一歩は貴重。
サウジ、オマーン、UAE国民は陸路に限りパスポートのチェックもなくそれぞれの国境を越えられるのだそうで、だからこそ標識以外には塀も何もない無防備な国境なのだろうが、それ以上にこんな砂漠をわざわざ越える人間もいないと言うことだろう。

ここから進路を東に取ってまた砂漠の中の道を行くと
 さすがに国境近くと言うことで軍のキャンプがあった。
 あとは道端にラクダの屍骸が転がっているぐらい。

 そのうちにタンクローリーの姿を見かけるようになり
 
 
また石油関連施設が見えてきた。

途中、車一台のパンクなどありつつ、お昼過ぎにやって来たのはカーン・キブリットという岩山。
 
ここもまた平地に唐突な感じで岩が突き出ているのだが、その一つに10人入ればいっぱいの小さな洞窟があり、
 
中は塩の結晶で覆われている。この辺りの地下水は塩分濃度が濃く、それが長い時間をかけて結晶化したものなのだそうだ。

ここを出て、ようやく幹線道路上のドライブインのような所にたどり着いたのは午後3時。
 
野菜満載のトラックも停まる、素敵なレストランでやっとお昼。
 
中は4,5人でいっぱいになる小部屋に分かれていて、絨毯に座っていただいたのはカレー。
 
 
こういう所はほとんどがインドやパキスタン人がやっていて、味もいいのはお腹が空いていたからだけではない。
 入口で見かけたアイスキャンディーをおねだりしたら、これがちょっとびっくりのおいしさ。UAE製で確か30円ぐらい。

 ここからまた幹線を離れ、今夜の宿泊地は地図上の星印、ジュベル・コブラ。

あたりは石灰岩がごつごつと続く景色なのだが、到着した時にはもう夕暮れなので急いで岩陰にテント設営。
 

今夜は風がないので食堂テントもなし。

 
野天で食べるチキン・バーベキュー、おいしかった。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加