Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

オマーンの旅 13 ジュベル・コブラ~カールーフ村

2017-03-20 15:43:55 | 中近東/北アフリカ
2月6日

 本日もまた快晴。

テントを片付け、朝食をいただいたらジュベル・コブラと呼ばれるこの周辺をお散歩。
 
 足元に生える草は葉が袋のようになって中に水を蓄えている。

周りにそびえる岩は根元が白い石灰岩。
  
根元が削れてコブラのような岩があるのでジュベル・コブラという地名だと言うが、どれがコブラやら。

 
ここでもまたラクダのなれの果てを見ながら岩の上へ。
 

荒涼とした景色だけれど、広々と胸が広がる心地がする。

ここを離れた後はまた東に向かい
 
幹線道路を走ってしばらく、ようやく少しは町らしい所に出た。

本日のお昼も道路脇のローカル・レストラン。
  
 
ここもまたインド人経営の店でビリヤニ・ランチだが、どこもはずれがなくておいしい。

食後は南に向かって少し行くと
 海が見えた!

浜辺に出ると小さな漁村がある。

ここはカールーフ村。

 
 
よく見ると小さな貝殻で覆われた浜は遠浅。
 
沖に見えるのは魚を獲るダウ船。獲物は小さなボートに移して陸揚げするのだが、そのボートも浜には上がれないので途中から車で引っ張ってくる。
 
この錆だらけになってもけなげに働く車はトヨタだそうな。 

 午後もだいぶまわった時間なので浜は静かだが、作業をしているボートに近づいてみると
 
腕を真っ黒にしたお兄さんたちが水槽に移しているのはすごく立派なモンゴウイカ。
これは一杯約2000円とお高いが、今夜の夕食に、とこれを買っていると
 ロブスターを持ったおじさんが登場。こちらは1匹600円とお安くて、ツアー一同大興奮。ただ残念ながらこれは一匹しかなくて
 
別のボートで網から外す作業をしていたのはワタリガニ。でもこちらも卵を抱えていたりしておいしそう。
 
自分で外した分はタダで持って行っていいと言われたらしく、我らがドライバーたちも熱心に網外し(笑)。

このカニの網にもロブスターが一匹かかっていたのだが、こちらは船のオーナーが不在ということでどうしても売ってもらえなかった。
浜辺で働いているのはほとんどバングラデシュからの出稼ぎとか。
同じ南アジアからの出稼ぎでも、インド、パキスタン、バングラデシュでは働き場所の棲み分けができているらしい。

イカ、エビ、カニをゲットして、今夜の宿泊地へ向かう。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オマーンの旅 12 カーン... | トップ | オマーンの旅 14 ホワイ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (霧のまち)
2017-03-21 10:04:04
やっぱり岩山が多い国ですね。
漁村に行けてよかったですね~。貴重な経験です。
日本で売っているワタリガニはバーレーン産、やはり
中東ではよく採れるんですね。 トヨタのクルマが多いので 輸出入の均衡の為、インゲン栽培などをしているようです。元は砂漠で何もなく 一次産業に頼る事になりますね。
霧のまち様、 (Lunta)
2017-03-22 10:29:07
ワタリガニ、そう言えばスーパーで時々バーレーン産を見ますね。
よほどよく獲れると見えて、バケツ一杯買ってましたがいくらだったかは聞きそびれました。たぶん安かったのでしょう。
インゲンが車とのバーターとは、知りませんでした。
Unknown (タヌ子)
2017-03-23 06:39:02
Luntaさんの経験、凄く豊かだなぁ。
一生のうちで一度は見てみたいものはオーロラと砂漠。
砂漠はモロッコでちらっと見たことがある程度だし、考えてみたら私は砂丘にも行ったことがない。
砂漠で星を見ると人生観が変わるって言っていたのは曽野綾子だったかな。
日本人だけじゃなく、車も日本製は働き者なんですね。
フランス車だったらすぐにエンコしそう(笑)
獲れたての新鮮な海の幸満喫の夕飯の報告が楽しみ。
タヌ子様、 (Lunta)
2017-03-23 17:01:37
砂漠で一夜を過ごすとはまりますよ~。
満天の星空ももちろんだけれど、夜中にテントから離れると誰もいない静寂がすごく心地いいのです。
しかし曽野綾子さん、人生観変わってあれですかね(笑)。
今回の旅はツアーだからこそ経験できたこと、団体の制約はありますが、個人ではここまでいろいろできません。
ツアーもこういうのはお得です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL