Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

バンコクの蟹、上海の蟹

2007-11-11 12:22:07 | 東アジア
仕事も後半戦に突入、4都市目上海到着。
この時期にここに来たらこれしかないでしょう、の上海蟹。
実は香港ですでに食べてしまった。なにしろ街中いたるところで蟹さんが藁でくくられているのだから。

香港のレストランで上海蟹を頼むとまずはこのセットが運ばれてくる。
 蟹フォークとはさみ、そしてゴム手袋!確かに手は汚れないけど、ちと味気ない。
 蟹さんの後姿
 解体姿
上海蟹はなんと言ってもみそ。これがトロトロとおいしくてたまらないのだが、これはみその量がちょっと少ないかな。たちまち食べてしまって、後は小さな身の隙間や脚をほじくることに専念する。

で昨晩、上海到着後ただちに現地人に連れられて蟹専門店、新天地の「六會館」へ。なんと2日連続の上海蟹となった。
 本場の蟹とご対面
 香港のよりみその量も多く、味も濃厚。身もこちらの方がしっとりしていておいしい。鮮度が違うようだ。
さらに  蟹みそと豆腐
 青梗菜の蟹みそあんかけ
白いご飯に乗せて食べたい!

蟹は重さにより一匹150元から250元ぐらい、3000円前後。香港より上海の方が若干安いかもしれないが、いずれにしても大変な贅沢。せっかく食べるならやはり本場の上海に軍配が上がる。

ところで蟹はバンコクでも食べた。
おなじみソンブーンの蟹カレー。

上海蟹の繊細さとはまったく違うが、これはこれでおいしい。ご飯と一緒にガシガシ食べる。

仕事をしに来たのか、蟹を食べに来たのか、よくわからなくなってきた。

にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンコクでマッサージ | トップ | インド映画 \"Cheeni Kum\" »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です! (lumiere)
2007-11-11 16:20:47
ハードスケジュールの中、マッサージにグルメと楽しんでおられるあたりは、さすがluntaさん!…って、これもお仕事のうちですね。お疲れ様ですー。

それにしても、蟹さん美味しそう。わたしもずいぶん前に香港で食べました。おいしそうなメスの蟹をお店でさがして、友人宅で蒸してもらって無言でむさぼり食べたこと、なつかしく美味な思い出です。
無事のご帰国をお祈りしております。
lumiere 様 (lunta)
2007-11-12 02:59:13
ご声援、ありがとうございます。
一応仕事で来ているのですが、つい好きなことに走ってしまって寝る暇を惜しんで体重を増やしております。

上海蟹はやっぱりおいしいですよね~
旧暦9月はメス、10月はオスがおいしいんだそうです。なので今回は2匹ともオスをいただきました。
懐かしい! (Kmala KMAR)
2007-11-12 10:12:23
懐かしいって、上海蟹のほうでは御座いません!(笑) 上海蟹さんには遭遇したことも御座いません。中国も香港も行ったことないですもん。あっ、訂正、香港の空港だけは、かなり行っているんですけど、空港から出たことがない・・・ でね、懐かしいのは、ソンブーンの蟹カレー。まだ健在なのですね! 食べたい。
kmala KMAR 様 (lunta)
2007-11-14 00:41:39
バンコクのソンブーン、健在どころか市内に3軒もできてお店もきれいになっています。各国人入り乱れて蟹カレーを食べていますよ。
解体作業 (bagu)
2007-11-17 06:20:13
上海で行った店は、お姉さんが全部解体してくれる所でした。あまりの美味しさに翌日別の店に行ってみたら、自力解体。ほじくれた量がぜんぜん違いました・・・やはり解体のプロはすごい。けど、自分でほじくる楽しみも欲しいし、と悩むところでした。そんな事より、青梗菜の・・・・おいしそすぎます~~!!
bagu様、 (lunta)
2007-11-18 00:14:05
お姉さんが解体してくれるお店って高級店にいらっしゃったんですね。庶民は指をなめつつ蟹をしゃぶりました。

エジプトでも蟹は食べますか?紅海の方ならでかいのがいそうですけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
岡村・東野のインド珍道中に期待! (上海生活を満喫!モッチャンの上海ヨレヨレ滞在記)
タレントの東野幸治さんとナインティナインの岡村隆史さんが、正月特番のためにインドへ“2人旅”するそうです。行くからにはインドのスタイルでやるとのこと!でも、トイレの後、左手でふくのはできないかも・・・上海駅の北側にある長距離バス乗り場(結構新しい建物)...