Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

アンダルシアの旅 13 ネルハ&フリヒリアナ

2017-08-13 17:32:39 | ヨーロッパ
5月9日

本日も朝一で朝食会場へ。
 
充実したビュッフェのパン・コーナーにはInes Rosalesというブランドのセビリアのお菓子がたくさん並んでいるが、これがどれもおいしくて大いに気に入る。

8時半にチェックアウトをすると頼んであった車がきっちり待っていてくれた。
思ったより大きな黒のワゴン車に、スーツを着てサングラスをかけたスキンヘッドの運転手。
マフィアのお迎えのようでいささかびびったが、寡黙なおじさんは実は親切な紳士だった。

この車でグラナダから地中海沿岸へ一直線。
 
高速を飛ばし、ダム湖の脇など通って、1時間ほどでネルハの町に到着。

ネルハは海辺の典型的なリゾート。
車を降り、運転手氏に言われた通り白い家の並ぶ細い道を進んで行くと
  
 
左手の玄関からはその向こうに海が見えたりして、ヨーロッパ人はこんな家を1ヶ月ぐらい借りて夏を過ごすのだろう。

10分ほど歩くと教会のある広場に出て、その先のヤシ並木を進むと
  
 海に突き出た「ヨーロッパのバルコニー」。

イスラム時代には海を見張る要塞があったと言うこの場所。
 
 
フェンスにもたれているのはこのバルコニーの名付け親、アルフォンソ12世。その視線の先にはリゾートホテルが立ち並ぶが
 砂浜もあるこの辺りの海はきれいだ。

帰り道を間違えて一瞬あわてつつ、冷静な友人のおかげで運転手氏と無事再会。
ネルハからは山道を上がって、15分ほどで次の目的地、フリヒリアナに到着。

町の真ん中、山の斜面に沿って建つ家々の下に車を停めると
 
すぐ上にそそり立つ大きな建物は現在も操業する黒糖工場。
この工場の右手は新市街、左手が旧市街と分かれているので、すぐ近くの観光案内所で地図をもらって歩き出す。

この町には何があると言うわけではないが、アンダルシアと言えば、の典型的「白い村」。
  
壁は文字通り真っ白、坂や階段が続く道は石畳がモザイク模様になっていてきれい。
  
ブーゲンビリアなどがきれいに咲き、階段には鉢植えも並べられている。

ただし階段だらけの細い道は車の通れるところも限られているので、力仕事には馬が活躍。
 
チビ犬はベランダから顔を覗かせる。

うろうろ歩き回って、数少ない見所(?)の「古い泉」を発見。
 
壁のタイルがかわいくて
 
バルの看板やマンホールの蓋もかわいい。

その少し先にあるのはシンプルな外観のサン・アントニオ教会。
  
 
中に入るとキリスト像の下に首が並んでいてぎょっとする。それぞれ聖人のお面のようで、祭りの時などに使用するのだろうが、この並べ方はちょっと・・・。

この先を町の中心方向に行くと土産物屋なども少し出現するが、どこの店もこじんまりとして店の人も商売気があまりない。
 
そんな店の一軒の二階からは遠くに海が見えていい景色。

この旧市街には確かに観光客もうろうろしているのだが心配するほどの数ではなく、静かな町では日常の生活がごく当たり前に営まれているのが感じられて、それが実にいい。

 
気持ちよく散歩した後は旧市街が見渡せるテラスで一休み。

約束した時間に運転手氏と落ち合って、
 
右手に山、左手に海を見ながら走ること1時間。アパートなどが見えてきたら大きなマラガの街に到着。

 
これも大きなマラガのバスターミナルで降ろしてもらって、スキンヘッドの運転手氏とはお別れした。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンダルシアの旅 12 ア... | トップ | アンダルシアの旅 14 セ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (霧のまち)
2017-08-13 20:10:07
さすがに地中海スペインは美しいですね。
白と青のコントラストがくっきり。
太陽がいっぱいですね。
本当にこんな場所で一か月過ごしたいです。
Unknown (タヌ子)
2017-08-13 22:57:57
あれ?行ったことがないのに何故見たことがある気がするんだろう?
デジャ・ヴュ現象かな?と思ったら、数か月前にこの2つの町はブロ友さんが旅行されていたところでした。
スペインの教会って日本人の感覚からすると、疑問符いっぱいなものがありますよね。
特に聖人像がマネキンっぽいのが私はちょっと苦手。
Unknown (Lunta)
2017-08-14 16:07:10
霧のまち様、

この日はお天気に恵まれ、まさにイメージ通りの青い空に白い壁が見られてラッキーでした。
1ヶ所で1ヶ月もの休暇、やってみたいものですね。


タヌ子様、

ネルハもフリヒリアナも定番の観光地のようですが、特にフリヒリアナは懸念したような商業化もほとんどなくてほっとしました。
スペインの聖人像、ほんとにマネキンみたいですよね。鮮やかに色づけされているせいかな。表情とかもわかりやすすぎるほどドラマチックですよね。
ホテルの朝食 (スクムビット)
2017-08-15 07:29:15
高級ホテルの朝食、私も好きです。
ホテル代込みの場合は気にならないけど、朝食代別の場合は驚くほど高い。
だけど豊富な食材や、その土地にしかない食べ物もあってそれだけで楽しいです。
目移りしちゃうけど、とても全部を試すほどは食べられない。

私なんか結局どこでも、トーストとハム、ソーセージ、卵料理を一つ、オレンジジュース、カフェオレとフルーツ。と代わり映えのしない朝食となってしまいます。

オレンジジュースはホテルによって様々で、そのホテルのレベルがわかります。
最高はなんといっても搾りたてのオレンジジュースですね。
Unknown (prego)
2017-08-15 13:51:42
こんにちは。
ほかの方もおっしゃってますが、
お花の感じといい、窓の感じといい、モザイクの感じといい、本当にきれいな町ですね~
この後行かれる「マラガ」いつか行ってみたい場所なんです!!楽しみにしています。
聖人のお面…くびを獲られた人かと思いました。こわいー(笑)
Unknown (Lunta)
2017-08-15 18:45:04
スクムビット様、

パラドールの朝食、55歳以上だとシニア特典で無料なんです。
年とっていいこともありますね(笑)。
高級ホテルの朝食はヨーロッパよりもアジア、洋食にローカル食がある所が好きです。
今までで一番よかったのはジャカルタのプルマンかな。


prego 様、

すいません、マラガはバスターミナルを使っただけで町はまったく見ませんでした。
結構な都会でしたよ。
聖人の生首はちょっと・・・日本人とは感覚が違いますね。

コメントを投稿

ヨーロッパ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL