Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

済州で女子会 6 旧済州

2016-12-07 17:31:45 | 東アジア
11月6日

 最終日もしっかり朝ご飯。
ホテル・レオは最後までとても良かった。

本日はまず韓流時代劇ファンの自分の趣味で旧済州市にある済州牧官衛址へ。
 ここは朝鮮王朝時代の役所跡。
正面にある兵士の訓練場以外は日本占領時代に壊されてしまったそうで
 
現在あるのは今世紀に入ってから復元されたもの。敷地内にいくつもの建物が独立して建っている様子は王宮の造りと同じだ。

門を入ってすぐの回廊の中はちょっとした資料館になっていて
 済州の町が元々城壁に囲まれていたのがわかる。
 
役人の行列の絵がツボで、歴代のお代官様のリストがあるのも面白いが、この島に流された重要人物たちの名前などがないのが残念。
光海君ファンなので彼に関する資料があるのではないかと期待したのだが、「罪人」の展示はないらしい。

建物の中には往時の様子を伝える人形が置かれていて
 
罪人を取り調べる看守とか、お代官様とか。こいつらも一般庶民をいじめてたんだろうか。
 
タンスの中には衣装が入っていて、えらいお役人になって写真を撮ることもできる。

執務室の前には時代劇でおなじみ、取り調べのための拷問道具が!
 
後から来た日本人グループもこれを見てはしゃいでいたのは韓ドラファンに違いない。

思ったより充実した牧官衛址を出ると、今回の手配を頼んだ済州の旅行社の人がお土産を持って来てくれた。
 おやつに栄養ドリンク、フェイスパックまで入っていて、本当は昨日のオルレ・ハイキングの前に渡すはずが間に合わなかったとか。コマッスムニダ~。

次は役所跡からほど近い東門市場へ。
 
ここももちろん魚が豊富で
 
売っている種類は昨日の西帰浦の市場より多いかもしれない。
  鮮やかな黄色いヒレのシマフグもいる。

 
魚以外にも野菜やミカンも売られていて
 
大量の唐辛子やら
 
おいしそうな豚足やら、買いたいものはあったのだが案内役のドライバー氏は急ぎ足でどんどん先に行ってしまう。
 何とか買えたのはこのミカンジュースだけで、今回の運転手とは最後まで相性が悪かった。

市場の出口でホットックを食べていると、道端には野菜を売るおばちゃんたちがいる。
  この人たち、身なりは質素だが実は金持ちなんだ、とドライバー氏。すると本当に孫らしい男がいい車でやって来たのには笑った。

この後は農協ハナロマートとイーマートでお買いもの。
 
いつものごとく消え物ばかりだが、ハナロマートの済州特産品売り場のおばちゃんが言葉は通じないが親切でうれしかった。

買い物を終え、空港に向かう前に済州最後の食事。
イーマート向かいのうどん屋で水餃子と
  
 
豚骨うどんに海鮮うどん。豚骨の方はラーメンのような黄色い麺でスープにいささか臭みがあり、稲庭うどんのように滑らかな白い麺に海鮮スープの方がおいしかった。

と、済州を満喫していよいよ空港へ。
 
携帯電話を返すためにまず国際線ターミナルへ行くとすごい人でびっくり。出発案内板を見ると上海やら武漢やら、中国の地名ばかりずらり。
国内線の出発の方も大にぎわいで、現在済州では西帰浦に第二空港を計画中だそうだ。

帰国便では荷物は羽田までスルーなので
 
金浦空港でゆっくりお茶をして
 機内食で豆腐を1パック食べたらおなか一杯になった。

期待以上に楽しかった済州、またオルレを歩きに行かなきゃ。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 済州で女子会 5 オルレ6... | トップ | 奈良田温泉 「白根館」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東アジア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL