月の鏡

月の鏡... 人魚の歌... 硝子の蝶...
Lunatic Venus 鏡[Kagami]のblog

充足感。

2016-10-12 00:52:50 | 創作
こんばんは。
Lunatic Venus 鏡です。

いま、横濱物語が完成した……
ということもあってか
少し、ぼんやりとしています。

そんな靄がかかったような頭で
いろんなことを考えたり
思い出したりしていました。
そして、久しぶりというか
何年ぶりか、なのかな。
忘れてさえいたんだけど(笑)
たまたま見付けたので
Lunatic Venusを始めるより前の
動画や、自分の曲を視聴しました。

いやー、Lunatic Venus凄いね←
対過去の自分で考えたら
そりゃあ当たり前なのですが。
私の技術も拙いし
色々、まだまだなのも確かですが
ちゃんと進化しているんだな、と
安心しました。

ずっと、やりたかったことが
いま、できています。

私がやってみたかったこと。
もう、Lunatic Venusを始めて
そろそろ二年になりますが
Lunatic Venusは
私がやりたかったことの塊です。

音楽のように手軽に聞けて
尚且つ、ミュージカルではない。
そうして考え出した、この形式。
語りと台詞と効果音とBGMを混ぜて
一気に流しす!!
オーケストラの経験があったから
この方法に辿り着けたと思います。

最近、皆さんには
どうやって聞こえているのかなって
結構気になるんですけどね(^_^;)
私は、昔から聖徳太子で
全部バラバラに聞こえているので
聞き取れているのですが
もしかして、……とか思って。
いや、聞き取れるよね!?

ただのボイスドラマより
形から幻想的にしたくて。
様式美みたいなものです。

そして、ずっとずっとだけど
やっとできたと言うのも皮肉ですが。
2.5次元、みたいな。

ずっと、実写のメディアを
使いたかったのです。
これは、LV以前からの悲願でした。

イラストも好きだし素敵だけど
そうすると、どうしても
どこかアニメっぽくて……。
アニメも大好きな私ですが
アニメっぽさは脱却したかった。
そうでなければ
わざわざ、こういう形式で
聞き取り辛くしてまで
雰囲気を作る意味が!!
と、思ったりしていました。
手の写真とかでも良かったんだけどね。

特に今回、横濱物語は
映画のように作りたかったのです。
映画のようにというのも難しいな。
アニメではなくて
ドラマともちょっと違って。
あの、映画独特の画の雰囲気に
憧れていました。
実写的なボイスドラマにしたかった。

それでも、私たちの作品なので
やっぱり幻想的だし
完全な現実世界ではないし
不思議な雰囲気が漂っています。

今回は、いろいろな事情があって
(最初、CDにする気がなかった)
尺が制限されていたので
10本に収められています。
でも、ちょうど良かったと思う。
足りない……と思って書きました。
できたときも、足りなかった!
なんて思いました。
だけど、ちょうど良かったと思うww

凄く聴きやすくて。
BGMの関係で←私のせいね
一般より少し早口ですが
まあ、LVだとよくあるよね←

だから、音楽のように聞いてほしい!

いやぁ、良い作品ができたなぁ。
満足だなぁ(笑)
今までで一番良いんじゃないかな。

私は幸せです。
仲間は勿論、いろんな人の協力で
今日まで活動できています。
もっと、腕をあげたい。

ということだので
M3は第二展示場2階 サ-10bです!
来てね!


それでは!
今日はここまで!
おやすみなさい!


鏡【Kagami】

人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日のこと♪ | トップ | 日曜日のホスピタル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL