Wunder Kammer(驚異の部屋)

今日も小ネタにZoom In!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

iPobに新機種登場!?

2005-04-01 07:15:36 | Koneta
Mac系噂サイトとして有名な「Think Secret」から、ポータブルミュージックプレーヤーの新機種について、最新の噂が届きました。

Aplle ComputerのCJO*(匿名)によると、大ヒットしているデジタル音楽プレーヤー「iPob」に新しい製品ラインを加えることが決定したという。

Think Secretのインタビューに答えたCJOは、いつもの黒ずくめではなくNIKEのトレーニングウェアに身を包み語った。

「音楽とスポーツはいつも良い関係にある。我々のiPobは、メジャーリーガーをはじめとした多くのプロスポーツプレーヤーのトレーニング、コンセントレーションに欠かせない製品となっている。
この素晴らしい関係をより強化するために、我々はiPobの新しい製品ラインとしてiPob Sportsを開発した。
今日は、その中から3つの商品を紹介したいと思う。」

【iPob muscle】(写真)
健全な精神は健全な肉体に宿る。
まずは、誰にでも使えるダンベル・タイプにする事で、すべての人に筋肉を付けてもらいたいと考えた。
ジョギング中に、これを持って走る事で上半身も強化されるという訳だ。

【iPob hustle】
これは、muscleの日本向け専用商品になる。
OGAWAという人が日本での広告を担当すると聞いている。

【iPob tackle】
フットボール型になっていて、スピーカーが内蔵されている。
これは、競技中にも音楽を聴きたいという要望から生まれた製品だ。
持って走らないと音楽が聴けないし、タックルされると曲が変わるようになっている。
自分の好きな曲を聴くためには、タッチダウンを目指して走ることだね。
キックにも耐えうる耐振動性は我社だけが提供できるものだ。

【iPob russel】
登山家のために用意した。
雪山をラッセルしながら進むときには、音楽が一番だ。
遭難したときにも好きな音楽と一緒なら慌てずに助けを待つ事ができる。
低温でもバッテリが長持ちするように工夫が必要だったよ。


ということで、「スポーツ」と名づけられている割には、何となく偏ったラインナップに思えるのは僕だけでしょうか?

まあ、「iPob muscle」なんかはこういうソフトを愛用している人にはいいかも知れませんが…

っていうか、大丈夫か?こんなん出して…
普通に商品ライン増やすだけでもリスクはあるのに。
今の商品群を普通にスポーツするときに使えばいいだけじゃん!

ただ、言葉の端々に新たな技術開発をしているっぽい内容が含まれているのが気になります。
もっと画期的な新商品を開発する過程で出来た技術のスピンアウトなのでしょうか?

まあ、現段階ではあくまで「噂」ですので、落ち着いて見守るようにしたいと思います。

<追記>2005/4/1
Intermezzo(めっつぉ)さんによると、エビフライ型の「iPod shrimp」も発売されるそうです。
機能より外見にこだわるあたり、ポータブルオーディオ業界はまさに戦国時代の兜飾りの様相を呈してきましたね。















*CJO:Chief Joke Officer

Think Secretの記事

関連記事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴッホ | トップ | 目指せ!トラバ王 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Koneta」カテゴリの最新記事

トラックバック

見つけたネタを報告します。(追記23:55) (ミズタマのチチ)
エイプリルフールネタを集めてみました。 ただいま収集中。