しがないハナシ。

日常で感じたことを、ぽつぽつと更新中。

エチオピア エルタ・アレ

2017-01-25 20:40:57 | エチオピア
ようやく重い腰を上げて
エチオピアの旅行記をアップしたいとおもいます。

****
ここ何年か旅好きの間で超ブームになっているエルタ・アレ
アファール盆地にある、バリバリの活火山
アファールの人達の言葉でエルタは煙、アレは山の意

エルタアレには、北と南の火口があって
南の火口が下の写真の様な溶岩湖となっているので
火口を間近で覗けるのがポイント
ナショナルジオグラフィックが何年か前に撮影した画像がこれ


だったのだが、2016年末に私が訪れたときの状態はコレ

活動が活発すぎて、溶岩溢れてます…
まけまけ一杯。
おかげで、溶岩湖の間近までは寄れず

昼間は観光客もいないので、
見張りの軍人さんものんびりしておりました。
トランプ一緒にやろうぜ~!みたいな感じ。

しかし、この人たちに火山活動が活発だから
「近づいちゃダメ―」と言われると近づけないのである。
↓結構新しい溶岩


我々は昼間も山頂にいたので、北の火口までぐるっと一周
ずっとジェットエンジンの音がするなーと思っていたら、
火口からガスが噴き出る音でした。
北の火口は溶岩湖は無いです。


昼間は閑散とした山頂ですが、
真夜中の山頂はカオス!
観光客とラクダ使いでカオス!!
トイレ~~~と(もちろん青空トイレ)と思い暗闇を歩いていると
休憩中のラクダにぶちあたります

しかし、暗闇になってからのエルタアレが本番
火口付近は真っ赤で、かなり活動が活発なのか
マグマがジャブジャブしています
 
大迫力でずっと見ていたい光景

しかし、山頂までのアプローチは案外遠く
ゆっくり歩いて4時間
高低差も少なく、傾斜も緩いので、
山というより丘という感じでした。


ちなみに、2012年エルタアレ登山中に外国人旅行者が
アファール革命民主統一戦線(Afar Revolutionary Democratic Unity Front、ARDUF)に
殺害・誘拐される事件があったったため、
我々も、警察官を連れての登山でありました。
山頂に軍隊が駐留してるのも、その対策もあるのかな。



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しがないハナシ | TOP | エチオピア ダロール »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | エチオピア

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。