通信事業と金鉱山

アフリカで金鉱山、世界で通信事業。

ギニア国境の金鉱山

2017年03月24日 07時00分00秒 | 日記
           [ 3月 24 ]    
 
[ オッサンも変わる ]
 
創業124年。口中清涼剤の“仁丹”で知られる森下仁丹が40代から50代を対象に中途採用を実施しています。
中高年の採用を“第四新卒”と名付け、今月1日から募集。新聞広告等で大々的に告知。幹部候補数人を採用する
予定です。
 
実際、1日付の日経新聞では“オッサンも変わる。ニッポンも変わる。”とインパクトある大広告を掲載。
同社は「通常の中途採用は人材紹介会社を通じて行うところ、今回は新卒のような形でやってみようとなったの
です」
中高年を募集するのには、理由がある。
同社は14年前、赤字が30億円、と業績の厳しい時代がありました。主力の仁丹の売上が下がり、それに代わる商品
を生み出せなかったからです。その頃、社員の転職が相次いだため、現在、40代から50代の人材が薄くなってし
まったと言う経緯があります。
 
かつては時代に取り残された伝統ある企業だったが、同じ頃、三菱商事を辞めた現在の駒村純一社長が、執行役員
として入社。中途採用を増やしていきました。
 
さらに、独自の技術である継ぎ目のないカプセル、シームレスカプセルを様々な分野に応用。
現在は約104億円の売上に対し、4億円の黒字を出せるまでになった。

社長がそもそも転職組の上、約300人の社員のうち、半数が中途採用です。出世するのに、派閥うんぬんというもの
はなく、会社で実績を残せた人が出世します。幹部の多くも中途ですからのんびりした社風を想像されるかもしれ
ませんが、実際には、創業間もないベンチャー企業のような雰囲気です。
 
7
日の段階で、応募者はすでに1100人以上。外様から社長を目指すのに、持参してほしいのは熱意だけ……。
この仁丹と当社は強いつながりを構築しつつあります。
 
   [ 川  柳  ]
 
[ アプリより サプリ気になる お年頃 ]  アプリを使えないままサプリの世話に。

  [ 腹八分 口も八分が 良さそうだ ]  腹、満腹口は機関銃の如しです。
 

   
     左の写真は昨日に引き続き、ジャバテが行っていたギニア国境のKouremale金鉱山。
              右の写真はギニア国境からマリ、バマコを通るバス。


日曜からギニア国境の金鉱山地帯へ金の長期継続買い付け契約に行っているマリ現地法人のジャバテからは毎日
報告が入ります。 今週末で予定を終わって土曜に現地を離れて日曜に首都首都バマコに帰ります。

もう一社あるマリ現地法人のグインドゥは先週後半から週に4回くらい1㎏ずつの買い、売りを繰り返し予定通
りの実績を上げています。

現在金価格が上昇傾向で良さそうに思えますが、1㎏を買い付ける額が上がるのでこう言う動きをするのにはあ
まり歓迎できません。

ジャバテは日曜に首都首都バマコに帰って週明けから参戦します。
 
      御意見などある方は次のところにメールをください。  [lunacorp@live.jp ]

この記事をはてなブックマークに追加

アフリカで電力・エネルギー供給システム

2017年03月23日 07時00分00秒 | 日記
 [ 3月 23 ]    
 
[ トランプ大統領の疑惑 ]
 
昨年11月投票の米大統領選でトランプ大統領の当選を後押しするため、ロシア政府が米国内でサイバー攻撃などの
工作を行っていたとされる問題をめぐり、米下院情報特別委員会は20日、初めて公開の場で公聴会を開きました。

米連邦捜査局(FBI)のコミー長官はトランプ陣営とロシアが共謀していた疑惑を含め、捜査を進めていることを
明らかにしました。

FBI
が進行中の捜査に言及するのは極めて異例。トランプ氏は疑惑を「フェイク(偽)ニュースだ」と真っ向から
否定していますが、政権運営への新たな打撃となりそうな気配です。

コミー長官は、異例の対応を取る理由に世論の関心の高さを挙げつつ「FBIがロシアの大統領選干渉を捜査して
いることを確認する」と断言。捜査着手は昨年7月だと明かした上で、捜査では「トランプ陣営の関係者とロシア
が協調していたかどうか」と「犯罪行為があったかどうか」も解明すると説明しました。

ロシアのプーチン大統領が工作を指示した理由に関しては「プーチン氏はクリントン元国務長官を憎んでいた」
と指摘。「その裏返しで明らかに対抗馬(のトランプ氏の当選)を望んでいた」と強調しています。
 
 [ 川  柳  ]

定年で引く手あまたのボランテイア ]   社会に貢献できる自分を褒めてあげましょう。

     [ 塩分と 妻の小言は 減らしたい ]     塩と妻を比較するのはチト失礼では?


          
左の写真は現在ジャバテが行っているギニア国境のKouremale金鉱山で働く人々。
右は金鉱山で働く人の家族、子供たちも金鉱山内で生活しています。ジャバテ撮影。
 

1月にパプア・ニューギニアの鉱山省に「非水銀金精練システム」を現地で実証実験をした後、納入しました。
アフリカにしろパプア・ニューギニアにしろ電力や動力源の確保が簡単でなく、そんな中エネルギーや電力を供給
するシステムが提案されてきました。
これはよくあるFree Cost Generatorの類でなく、実質的にエネルギーを作り出す装置です。

現在マリに2現地法人がありますが、そのうちの1社は先週から日に1㎏のゴールドを買い取って、即国際価格で
売っています。もう一つの現地法人はジャバテが代表で、20日からギニア国境沿いの金鉱山エリアで日に2㎏、
40㎏を確保するため自社生産以外の周辺金鉱山採掘者から買い付けを進めています。

昨日までに日に1㎏、月に20㎏を確保して最小でも2/日を確保します。できれば日に3㎏までできると月にすると
グインドウと併せて月80㎏になり、これは今日とって1時間後には国際相場で売り渡しているので、とても効率が
良い形が出来ました。
グインドウは現在も1/日にとって1~2時間後には国際相場で売り渡していますが、ジャバテは26日の日曜に
帰って月曜から2/日を目標に売買を予定しています。
 
     御意見などある方は次のところにメールをください。  [lunacorp@live.jp ]

この記事をはてなブックマークに追加

ギニア、セネガル国境周辺金鉱山から供給

2017年03月22日 07時00分00秒 | 日記
  [ 3月 22 ]    
 
[ タレント顔負けテレビ露出・籠池氏 ]
 
大阪府豊中市で建設中の「瑞穂の國記念小學院」を断念することは、莫大な負債を背負うことを意味します。
15
億円にのぼるといわれる建設費は、まだ4億円しか建設会社に支払われていなかった。
すでに受領した国土交通省からの補助金5600万円なども、返還しなければならない。
 
購入した国有地は契約によって更地化して国に返還しなければならず、解体費用として1億円近くかかる見込みです。

“仮置き”したゴミを含んだ土壌は、約3000万円の処理費用が必要と見られます。
 
しかも大阪府私立学校審議会でも問題視されたように、森友学園の財務基盤は良好と言うにはほど遠い。
「私はここでいったん下がりましたが、また再びチャレンジはさせていただきます」という再起を誓う籠池氏の
言葉を、「ただの強がり」として受け取った人は多かったのでは?

それにしても石原さん、籠池さんとタレントも遠く及ばないテレビ露出の毎日です。
 
 [ 川  柳  ]

[ 百歳に 聞けば良く噛み 良く忘れ ]   長生きの秘訣に「良く忘れ」があるのか?

    [
「飲み過ぎ」と 過食の妻に 注意され ]   ドッチもドッチですね。
 

  
    左の写真はジャバテが19日に金鉱山地へ行く車の中から撮った途中の集落の風景。
   首都から75㎞ほど離れた寒村です。 右は北東の首都バマコから目的地のギニア国境
   クレマレへの道程。朝
10時に出て夜8時ころ着きました。

上の写真にあるように、マリ現地法人のジャバテが右上の写真にあるギニア国境・クレマレ金鉱山へ行きました。
周辺の金鉱山エリアで10か所以上の金鉱山を回って、27日の月曜から日に2㎏のゴールドを確保します。

金のビジネスはたくさんありますが、国境を越えての取引は全部と言って良いくらい詐欺話です。
複雑な輸出手続きに乗じて結局何も届かない、と言う事犯が頻発します。
そんな状況なので自身のマリ現地法人(通信事業会社と2つの金鉱山会社)の中で、国境を超えない安全なビジ
ネスを構築し、まずグインドゥが先週から初めて、非常にスムーズにビジネス・スキームが進行したのを見極め
て第2のスキームに取り掛かりました。ジャバテは26日までギニア、セネガル国境あたりの数か所の金鉱山と供給
計画を詰めて26日の日曜に首都バマコへ帰り翌日27日から毎日2㎏の取り扱いを始めます。

自社金鉱山だけではとてもそんな量は出ないので自社金鉱山と周辺鉱山を合わせて量の確保をします。
もちろんそれができるのは金鉱山のライセンスが必要で、それを満たさないでこの事業を進めることはできません。
 
    御意見などある方は次のところにメールをください。  [lunacorp@live.jp ]

この記事をはてなブックマークに追加

 ゴールド・ディーリングと高速通信事業、両輪がかみ合う

2017年03月21日 07時00分00秒 | 日記
                  [ 3月 21 ] 

              [
首相夫人は私人?]
 
次から次へと途切れる事無く出て来る森友学園問題、日本が現在どのようなシステムで動いているのか、
動いていないのか、連日どのタレントよりテレビに顔を出す籠池氏。
事態がダンダン茶の間にも見えるような事態に成って来ました。
日本の正常なシステムが作動せず、有ろう事か昭恵夫人を私人と閣議決定?

首相夫人は自分の考えで日本中、縦横無尽に、“私人の権力を余すとこ無く発揮して、日本の財布を
自由に持ち歩いていると言えますね。

これでは我が国はもう先進国の体を成しておらず、今、正に隣の国・韓国で起きている権力の私物化と
全く同じ構図が、この日本で実に活発に行われている事が判明しました。


日本でこの事態を裁く事が出来るのかどうか、アジアも世界もジッと観察しているでしょう。
 
不正が大手を振って歩いていた、この日本がこれらの不正をどう締めくくるのか韓国民も見ているのでは?
 
 [ 川  柳  ]

[ 免許証 返し颯爽 ウオーキング ]    ウオーキングで登校の列に突っ込んでも死者は出ません。
 
[ ポケモンも アッポー・ペンも 栄養剤 ]   楽しんで、笑うことが何よりの栄養剤。

       
   下の記事にある当社2社目のマリ現地法人代表ジャバテが19日にKouremale金鉱山
     (ギニアとの国境周辺)
Loulo, syama, sadiola金鉱山と回って26日にバマコへ帰
      ります。左は長距離バス待合所。右はバスに荷物を積み込んで出発待ち下の記事に詳細。


19日の日曜にマリ現地法人のジャバテがKouremale Near border of GuiniaLoulosyamaの3金鉱山
地帯を回って、毎日23㎏のゴールドを首都バマコで集積できるよう、買い付け契約をしてきます。
これで現在すでに流れているグインドゥと合わせれば3/日以上の扱いが可能になり、一気に安定した
ビジネス・モデルの形が出来上がります。

このゴールド・ディーリングが安定すると、高速通信事業もエリア拡大の必要資金が潤沢に回り、両輪が
かみ合って収益確保の形が完成します。

   御意見などある方は次のところにメールをください。  [lunacorp@live.jp ]

この記事をはてなブックマークに追加

マリ国内のゴールド・ディーリング好発進

2017年03月20日 07時00分00秒 | 日記
                   [ 3月 20 ]   
 
    [ 首相を脅かす籠池氏 ]
 
盤石に見えるものほど、意外に脆いのかもしれませんね。森友学園問題は、政権を揺さぶっています。
だからこそ安倍総理は、野党に対して、4月解散をチラつかせねばならないほど追い込まれていると言え
ます。

次の総選挙では野党共闘が進み、自民党は30前後の議席を失うのではないかと予想されます。
来年9月に3度目の自民党総裁の座を狙う安倍総理としては、それより前に解散に打って出るのはリスク
ではないでしょうか?そのため、解散時期の本命は来年秋だとささやかれています。
 
ですが、安倍官邸が政権に近いメディアである産経と読売に4月解散説をリークしたのは野党を浮き足立
たせ、選挙準備で森友学園の追及に時間を割けないようにするのが目的ではないかと見られています。

伝家の宝刀をちらつかせなければならないほど首相は追い詰められているのでは?

そこへまた愛媛県今治市を舞台に「第2の森友学園疑惑」が持ち上がった。安倍総理から“腹心の友”と
呼ばれた理事長率いる学校法人が、約37億円相当の公有地をタダで手に入れていたのです。
長期政権を担うわが国の宰相に直結する大疑獄が、飛び出しそうな雰囲気です。
学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)は、全国で幼稚園から大学までを運営する一大教育コンツェルン
です。 
 
  [ 川  柳  ]

[ 書くたびに 辞書引かされる「薔薇と鬱」]   これは東大生でも書けないでしょう。

   [ この僕を選んだ妻は目が高い ]   あなたの妻は反対のことを言ってますが…


                     
            今日の写真は事務所前のスカイツリーを立ち位置を変えて
        2枚撮りました。快晴の青空に突き刺さるように天に向かっ
        て伸びています。もう春です。

先週、木曜、金曜と当社マリの現地法人代表・グインドウが取り組んだゴールドのローカル・ディーリング
はいろんな心配がまるでウソのように順調に進み、今はテストと言う含みで進めてきましたが、これに本格
的に取り込むため、もう一つの現地法人代表のジャバテを昨日の日曜に金鉱山エリアに行かせて現在の2
の扱い量に増やすことにしました。

こんな手近なところでこれほどのビジネス・チャンスがあったことに自分でも驚いています。
ただしこれは誰でもが出来るわけでなくアフリカに関わって38年、マリ現地法人の代表であるグインドウと
ジャバテは私のことを「パパ」「パパ」と呼んで、日本からマリへ行っても彼らのお母さんが、手作り料理
で歓待してくれることも強い信頼があってのことです。
 
   御意見などある方は次のところにメールをください。  [lunacorp@live.jp ]

この記事をはてなブックマークに追加