Je vis ma vie 〜私らしく生きる〜

都内で「チームで子育て」という仕組み創りに
本気で向き合う私の
「自分らしさ」探求ブログ

子どもから大人まで楽しめる「手形アート」

2017-09-28 08:16:01 | 育児
おはようございます。対話のアトリエ桑原です。
週末、ららぽーと湘南平塚の
親子向けイベントのお手伝いをして参りました!

3つのワークショップを各2回
合計6本を回しました。

今日は、その中の手形アートのお話です。



水溶性の固形マーカー「キットパス」を使って
手足に色を塗り、
水で浮かせて手(足)形をとったら
マスキングテープや色紙を使って、
自由なアート作品に仕上げます。



キットパスを使うと
絵の具のようにあちこち汚れることが少なく
口紅と同じ原料からできているので
小さなお子さまでも安心です。



0〜3歳のお子さんは、保護者が成長の記念に

3歳以上のお子さんだと自由な創作活動として

大人も子どもも楽しめるイベントになりました。




私も、手形をとってみて
もうすぐ3歳になる りおちゃん に見せました!

手形と聞いて、私の手形に手を重ねて一言…

「ちがうねー」

私が手を重ねて見せると
ハッとした顔をして、嬉しそうに
「おなじー」と微笑みました。

そういえば、
最近同じ色や形を重ねることを楽しんでいます。

ペアリングを楽しみ始めていることに
私も嬉しくなりました。





その後…
私の手形を使って、2人で創作活動です。

今、りおちゃんがとても気になっている存在
おばけを作ることにしました。

2人の合作です。




りおちゃん曰く
「いろんなおばけがいるんだよ」
だそうです。




おばけといえば…
来月の逗子こども哲学教室では
「おばけハロウィン」
をテーマに未就学児と向き合います。



手形アートでおばけを表現することから
おばけって何なのか?
について子どもたちと向き合ってみたいな

そんなヒントをもらいました!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にほんばしからはじめます。 | トップ | あそびの森 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

育児」カテゴリの最新記事