Je vis ma vie 〜私らしく生きる〜

都内で「チームで子育て」という仕組み創りに
本気で向き合う私の
「自分らしさ」探求ブログ

新しい世界(絵画)との出会いから始まる対話の体験

2017-07-11 07:34:30 | 育児
おはようございます。マビー桑原です。
昨日から、こども哲学体験イベントのお話をさせていただいております。

本日は、
ルネ・マグリット作「心の琴線」
と向き合った子どもたちの対話の一部をご紹介させていただきます。





年長女児「パフェみたい」

小1女児「グラスの上に雲が乗ってるよ」

小3女児「下に動物とか人がいっぱいいると思う」

小1女児「下にいっぱい街があって、その上に山より大きいグラスがある」

年少男児「海があるよ」

小3女児「ここに川があって・・・」

年長女児「山の向こうに海があるの!!」

小1女児「雲の周りが泡みたいに見える」

小3女児「すごく大きい雲だよね」

小3女児「最初はグラスと雲がない絵に後から足したんじゃないのかな?」

小1女児「周りの山とかは絵で見たことあるから絵みたいだけど、
     雲とかグラスは絵で見たことないから絵じゃないのかも」

小3女児「雲みたいのは、綿あめ作ってグラスに乗せて、
     写真に撮って絵と写真をつけたんじゃないかな?」


子どもたちが、素直に絵画と向き合ってくれたことで

平面では見えない遥か彼方の景色が想像できたり・・・

絵の中の細かい世界を想像したり・・・

なぜこの不思議な絵が描かれたのかを想像したり・・・

ほんの15分程度でこんなにたくさんの気づきがありました。



段々、小さい子たちの集中力も切れてきたので
後半は絵を見て感じたことや、対話をして感じたことを思い返し
頭の中に描いたものを絵に描いてみることにしました。

明日に続きます。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「こども哲学」体験イベント記 | トップ | 「こども哲学」イメージを絵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。