くもり時々晴れ

いらっしゃいませ。
どっちかっていうと生き方が下手な私の小さな出来事を書いていくお部屋です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心臓移植の雲雀英行君が退院

2006年02月25日 | その他
今月13日に心臓移植手術を終えた雲雀英行君(14)が
デンバー小児病院を退院しましたね。

さきがけon The Web
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20060225g


わずか10日で退院。
順調に回復しているとはいうものの、日本ではちょっと考えられない
速さですね。
日本だと1~2ヶ月位入院していそうな気がしますが。
考え方の違いなんでしょうか。
アメリカは国民健康保険のようなシステムがないので医療費が高く、
その関係で皆早く退院させてしまうんでしょうか・・・。


拒絶反応が心配ですが、とりあえずハードルをまたひとつ乗り越え
ましたね。
よかったです。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「金メダルの演技」見られて... | トップ | 「つつじ」掘り起こし »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに退院早いですねぇ (TAKA)
2006-02-26 00:34:03
どうも、TBありがとうございます。



まぁでも、退院とは言っても、病院近くのアパートか何かで滞在、ってことでしたら、まぁアメリカならありうる話です。

だって、出産の場合でも、翌日には退院、らしいですからね(^^;)



これから少しずつ体力つけながら回復に向かっていく、という感じなのでしょうか。



ではまた。
国の違い? (Luna)
2006-02-26 22:09:59
アメリカでは、心臓移植に限らず、退院して病院近くのアパートに滞在するのが一般的なんでしょうか。



国が違えば、やり方も違うんですねぇ。

ビックリです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。