月と蝉の戯れ

演劇企画ユニット「月蝉の会」

歩んだり ときに見上げたり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しい年をむかえ

2012-01-08 | 日記
昨年は2本のお芝居を上演させていただきました

慣れない者が集まりながらも、どうにかこうにか歩んでまいりました

多くの感動や感謝がありました

おなじく多くの反省、後悔もありました

モノをつくっていく過程で、見えてくることも沢山ありました

その中で見失ったことや

もともと存在していなかったことにも気づきました

今後の活動をどんなものにしていくか

ここで原点に立ち返り、思考することにしました

一番の根本である、作品作りに立ち返る

その上で出てくる答えに従おうと思っています


次回作はいつになるか


年内かもしれないし、もっと先かもしれない

モノづくりに真摯に向き合えるようになるまで

月蝉の活動は休止となるかもしれません

はたまた明日にも動き始めるかもしれない

僕個人としては様々な環境において、役者として表現者としての「在り方」を学ぶ一年としたいと思っています

次の歩みを楽しみにしてくださっている皆様、申し訳ありません

しばしお待ちください


出来る限りブログは綴っていきたいと思います

よろしければ遊びにいらしてください^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「楽屋」画像などなど

2012-01-05 | 日記
記録をのこすことをすぐ忘れてしまう僕

数枚しかないですが会場などの画像を載せておきます^^




こちら今回の会場「chapter2」の入り口




これ中です~すごく雰囲気いいんですよ~
お客さんはまずこの空間を気にいってくれてました




女優Cの化粧台




女優達(?)勢ぞろい


まあほんとハプニングの多い公演でしたが

なんとか無事のりきることができました

終了後はバラシたあと、会場をそのまま使わせていただいて軽く打ち上げ。

スペースの管理者のTさんも参加してくださって

今後の活動でどうお客様を増やしていくかと作戦を練り練り

席を埋めることに重きをおいているわけではないとはいえ

やはり出来る限り多くの方にみていただきたい

いまの現状を打破すべく、いいもの作りをしていきたいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2012-01-05 | 日記
あわただしく日々をすごし、心の余裕を無くしてしまっていたのか

ずいぶんと更新を滞らせてしまいました

訪問してくださっていた皆さま、すみませんm(__)m

年末にはまとめておこうと思いながら出来ず

年が明けると個人のことでドタバタがあり

ようやく一段落したので、とにかくPCにむかってみました。



さて

「楽屋」どうにかこうにか終えることが出来ました

後悔をあげるとキリが無い、そんなすっきりしない公演になってしまったかもしれませんが

実現できたことに、よくやったと自分に言い聞かせています

ハプニングも多かったですが、やはり稽古量の足りなさや

事前の打ち合わせのなさ

防ぐことのできたことはたくさんあったということを、ちゃんと受け止めていきたいと思っています


僕はこの公演を通して、何度も問いかけました

「本当にやるべきなのだろうか?」と

正直、開場して開演するまでの間

ソデでスタンバイしてる間も、その問いと闘っていました

ただ実際始まると、そんなことどっかにとんでいくんですけどね^^;



こうしてお芝居を創る時

もちろん観に来て下さるお客様に喜んでもらうことが第一ですが

何かを創るということは

そこに携わるひと全てに、なんらかのものを与える

何かが成されるということは、きっとそういうことなんだと

考えさせられる公演でした

しかしこれもまだまだ言い訳にすぎない

創作することの為、自分を極限まで追い込めたか?

妥協せずモノづくりができたか?

その問いかけに僕は下を向いてしまう

いろんな思いを味わったこの日々でした


これから「月蝉の会」のアリカタについて

僕はどんな答えをだすのだろう

今年はじっくり考えていきたいと思っています


なにはともあれ

「楽屋」にお越し下さったみなさま、ありがとうございました^^

来ていただけなくともご声援をくだすったみなさま、感謝しております

今回も、まったくお知り合いでなかった方も来て下さいました

お会いできてたいへんうれしく思っております


「お一人の方の為に一本の芝居を創る」

僕たちはまだ、その意味をはきちがえています

この辛酸を忘れることなく

自分をごまかすことなく

モノを創ることに真摯に取り組んでいきたいと思います


ほんとに学び多き日々でした

ありがとう「楽屋」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔物の住処

2011-12-18 | 日記
どうにかこうにか初日を終えました

通り抜けてくる供用部のドアのカギがかかっていて

本来の方向から出てこれなかったり

セットの上に置いてあるラジカセから音が鳴らなかったり

数えていけばきりがないほどの予想外のことがありつつも

どうにかこうにか乗り切りました

というより、強引に押し切った感もいなめない…


スーパー助っ人・ハコさんが来てくれていたこと

前回に続き、受付まわりや場内係、今回はちょとやっかいなことまでお願いしたにもかかわらず

完璧にこなしてくださるキョウコさんと正木さん

一人では出来ないことを与えられることで、感謝を教えられるようです

もっとも一人でできることなど、ほんとうは無いのかもしれませんが。

なにより

この日を迎えられたことに、大きなありがとうを言いたい

いや、まだもう一日のこっている

めいいっぱい愉しんで、お客様にも喜んでもらいたいです


う~眠い><

取り急ぎ、初日のご報告まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサナリユクモノ

2011-12-14 | 日記
先日、演劇ライターのYさんから

観に来て下さるというご連絡を頂いた。

以前出演させていただいた舞台でご縁はあったものの

月蝉の公演を、こんなにも早く観ていただく機会がくるとはおもってもみなかった。

先日参加させていただいた演劇サロンで知ってくださったと思う

やはりいろんなところに顔は出すべきだなぁ^^

もちろん身も引き締まるが

師走のお忙しい時間を割いて来て下さるのだ

楽しんでいただけたらなぁと思う

もちろん、お客様みなさまに。



世の中にはいろんな考え方がある

とにかく活動していく人間もいれば

じっくりとあたためてトキをまつ人間もいる

以前の僕は後者というより

後者を気どった、前者を批判するだけの人間だった

だがやはりこうして様々なアクションをおこしていく中で

水が流れることの意味も知り始めている

何かが積み重なっていって、きっと大きななにかが生まれる


しかしこうも思うんだ

得た物をいつだって

おしげもなく手放すことのできる自分でありたいとも。

この瞬間にマゴコロをこめる

僕が考えることはそれだけでいいんだとも。

それはきっと、あの人が教えてくれたのだろう


全ての稽古日程が終わり、いよいよ本番を数日後にひかえている

この公演にたずさわる人々が

小さくもあたたかい

愉しさを得られますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加