薔薇の吐息2014

前ブログから引越しをよぎなくされ、
流れ着いたおばさんのひとりごと

最近の一冊

2017-08-09 11:04:06 | 日記


宗教家の本はそれほど頻繁に読まないのだけど、たまたま新聞で目にしたので購入。

大阿闍梨の行がすごい。が、文章は平明。

語り言葉がやさしく響く。



自分のこれからの生き方を思う時、何か得るものがあるかもな〜、な、一冊。

私としては気になる文言があったからね。付箋のついているところに。

「年を取ることの醍醐味」とか、「歩くことが、きっと何かを教えてくれる」とか。

短い平易な文章なので、時間としてはすぐに読めるけど。



大阿闍梨の人生は重い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« docomoのWi-Fiって、使えるか... | トップ | パフォーマンス2017  »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ! (みやび)
2017-08-10 05:52:38
あの千日回峰行を成し遂げた方のご本?!
それは読んでみたいなぁ・・・

最近ほとんど読書してないことを
思い出しつつ、
私も読んでみようかと思いましたが、
文庫本ではないかな??
Re:おぉ! (ルカ)
2017-08-10 15:22:07
写真の本は単行本サイズで文字が大きいので読みやすいよ〜
文庫本は出てるのかな? 不明。
千日回峰行って、すごいよね。読んでびっくりしました。
私もこの頃あまり読めてないんだよね。
老眼が.........キビシイ〜〜〜

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。