農民のつぶやき

農業と医療福祉 I-なる子

農作業忙しくなってきました

2017年03月30日 10時17分56秒 | 日記
東京滞在4日間満喫してきました。
帰る度に、少しずつ環境が変化していて、嬉しいやら寂しいやらです。

昨日は、ダンナの誕生日だったので、日立の方の日帰り温泉に浸かってきました。
海を見ながらの露天は爽やかでした。

身も心もリフレッシュできて、いよいよ春の畑の準備にも力が入ります。

ミニピーマンも順調です。

ダンナが誕プレに本が欲しいというので、買ってあげました。
「はじめての自然農で野菜づくり」というのです。

監修の川口由一さんはダンナはこの世界では有名人だと言うのですが、私は福岡さんしか知りませんでした。

川口さんも容貌は福岡さんに似て痩せたおじいちゃんです。
そして、機械を一切使わないでクワとカマとスコップのみで畑を作り自家製の種を蒔いて多種類の野菜を作っています。

まだ本を読み切っていないので、読んだら感想を書きます。

私たち夫婦も、農業を志したときは、有機農法でやりたいと願っていましたが、なかなか難しい面もあり、妥協してしまっているのが現状です。

でもできるだけ、自然に近いかたちで滋養のある味の濃い、甘い野菜を作り続けたいです。

今、ダンナと下の子とでしばらく放っておいた畑を整備しています。
家から少し離れているので、やはり手入れをさぼっていると、すぐ草だらけです。

以前、福島で住み込みの農業研修をしていたときに、師匠に「草師」にならないようにと言われました。
ようするに、草をはやしてしまう農家にはなるなということです。

多くの農家さんが除草剤を使うわけですが、なかには、草をうまく利用している方達もいます。
私たちは、先人たちの知恵をうまく取り入れて、土を汚したり、虫や鳥もこないような畑にはしたくないと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニピーマン順調です | トップ | トマト苗定植しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事