えがおの黒酢って…

えがおの黒酢がきになります…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

えがおの黒酢の原産地

2011-02-20 20:06:00 | 日記
毎日継続して身体に摂取するものですから、

安全性は当然気になります。

市場には多種多様な黒酢商品が出回っていますが、

正直、「原料が中国産」と聞くと、

不安を感じてしまいます。



そんな不安も、えがおの黒酢は一蹴してくれます。

当然のことながら、100%国産です。

その地は、200年前から黒酢を作り続けている、

鹿児島県の旧福山町です。

その原点となっているのが、海岸沿いの地域と

台地の地域の2つから構成される独特の地形です。



台地に降った雨水は一度地中に浸透してから

湧き出てくるため、 水の温度が

地中の時でも湧き出た時でも 変わらずに

保たれるという利点があります。

この台地由来の良質な天然水と、

夏は涼しく冬は暖かいという恵まれた気候が、

良質な米を育んでくれるのです。



もちろん、黒酢の原料となる素材の出来によって、

黒酢の味や質は大きく影響されてしまいます。

そこが、黒酢量産化の難しさなんだそうです。

しかし、えがおの黒酢は、ミネラル分が

豊富に 含まれているこの町の玄米に

原料を限定して造ることに徹底的にこだわっています。

そんなところが、えがおの黒酢の安全性に

つながっているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便秘をやっつける | トップ | えがおの黒酢の原料 »

日記」カテゴリの最新記事