ひねもすのたりにて

阿蘇に過ごす日々は良きかな。
旅の空の下にて過ごす日々もまた良きかな。

どうなんだろうなぁ、と思うこと

2017年05月12日 | 日記(?)
4年前行ったときより、アメリカは確実に行き辛くなっている。
当時でさえ、ESTAの事前登録はしていても、
パスポートコントロールの前は長蛇の列だった。
自慢じゃないが、相当に無害に見える私でさえ、
厳しい目つき係官のバカ丁寧なチェックにうんざりしたものである。
それが、たった一人の権力者のせいで、ますます入国に時間がかかるようになっている。
世界一周券も、アメリカ経由は諦めて、カナダを経由する方がストレスはないだろう。

一介の企業の権力者が、一国の、それも世界で最強とも言える国の権力者になったため、
使い道も分からぬままに玩具で遊んでいる子どものようなことになってしまった。
周りの誰もその玩具の使い道も、間違って使えば危険であることも教えてくれない。
何しろ、注意しても聞く耳を持たない我が儘坊やなのだから、皆とばっちりが怖いのだ。

さて、韓国の大統領が替わった。
朴槿恵さんも就任当時は反日親中を掲げて華々しくデビューしたのだが、
まさかこのような終わり方をするとは、誰が想像しただろうか。

次の大統領は親北派らしい。
その北朝鮮がバングラディッシュ銀行から約90億円をサイバー攻撃で盗んだというニュースがあった。
先には、独裁者が自分の兄を暗殺しているが、
韓国時代劇では、必ず王族の確執や暗殺が出るところを見ると、珍しいことではないのだろう。
そんな独裁者に率いられた国の政治に関わる者との対話が、本当にまともに成り立つのか、
そこのところを見誤ると、いいように利用されるのがおちだろう。

また、日本に対しては反日のスタンスを発言の中に見ることができる。
中国の反日は、独裁者(集団)が、都合のいいように使っているだけという気がするが、
一応、民主国家の韓国で未だに反日を政治利用する状況を見ると、
韓国の民主政治の貧困さを垣間見る気がする。

私は、反日が悪いというのではない。
先の大戦で日本軍のしたことは真摯に反省すべきだと思っている。
それは自分が直接したことではないが、それを為したのが自分の国の人間である以上、
相手側に申し訳なかったという気持ちは、彼の地に旅をしたときはいつも抱いていたと自負している。
だが、それを政治に利用して欲しくはない。
それとこれとは別だと思っている。

大統領が替わって、若者の失業率が減り、格差が減り、
大企業のみが潤うような国でなくなることを心から祈っている。
学生時代から数えれば、10回にも及ぶ韓国への旅で、
いろんな人からの好意で無事旅を終えることができたこと、
心の中ではどうあれ、私が日本人であることを理由には決して排斥しなかった、
その人々が住んでいる国がよりよくなることを祈っている。

振り返って日本という国の政権支持率。
民は何を持って、現政権を支持するのだろうか。
一方では毎日贅を尽くした料理を摂り、高級外車を乗り回す少数派はともかく、
派遣や契約社員など劣悪な労働環境のため、結婚して家庭を築くこともままならず、
出生率は減り続いている。
そんな多数派の民は、何を持って政権を支持するのか、60%支持率の数字は私には理解しがたい。

数字の都合のいい部分だけを自分の手柄とし、都合の悪いところは隠蔽するこの国の誰かも、
気に入らない話はフェイクだと言い張る、かの我が儘坊ちゃん大統領と変わりはないではないか。
支持率が高いことをいいことに、我々の見えないところで、何かが進行しているのではない、
最近とっても嫌~な予感がしてならないのです。

さて、ダックマウスのアメリカのオジサン、FBI長官を解任したようで、
これをめぐって、アメリカ政界は喧々諤々。
これって、まさかフェイクではないですよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近読んだ本 7 | トップ | 国酒の会2017 ご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。