ひねもすのたりにて

阿蘇に過ごす日々は良きかな。
旅の空の下にて過ごす日々もまた良きかな。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8.フエからハノイ

2017年08月07日 | インドシナ横断2017
フエまで来たら、インドシナ横断という一応の目的は果たしたので、
帰り便が出るハノイに向かう。

ベトジェットが14:00にフエ空港を出るので、昼まではフエで過ごす。
取り敢えずは大通りに出てすぐ右手の食堂で、ブンボーフエが朝食。
ついでにカフェスア(コンデンスミルク入りコーヒー)も一杯。


ブンボーフエ

通りに女性の自転車軍団が華やかに通り過ぎる。
何かの宣伝隊のようだが、目の保養。


自転車宣伝隊

フエで1,2を争うサイゴンモリンホテルのある通りに出る。
ここを真っ直ぐ橋を渡れば王宮のある旧市街へ行く。
そちらには数回行っているので、公園に沿って右手の船着き場の方に出る。


サイゴンモリンホテル


バインミー屋さん


この風景は最初に来た20年前とほとんど変わらない


ドラゴンボート。向こうに見える橋は旧市街に通じる橋

並木道が涼しげで、外国人の姿も多い。
公園の緑の下でスマホを扱っていたり、本を読んでいる外国人もいる。
寺周りをするドラゴンボートの勧誘を軟らかく断りながら、私もベンチで本を読む。
昼前に宿に帰ってチェックアウトし、宿が手配した車で飛行場に向かう。

ベトジェットのチェックインはまだだったが、20分程で始まり、早めにチェックイン。
空港内の食堂でチャーハンを食べるも、味薄くてあまり美味くはない。
20分遅れでにフエを出て、うとうとしている間にハノイ着は3:20。

最近走り出した86番バスに乗ると、さすがに3万ドン。速くて車両は綺麗で荷物置き場もある。
途中で車掌に「ベンセー・ロンビエン?」と聞くと「モアツー」との返事。
あと2つ目かと納得。見慣れたロンビエンバスターミナルで降りて、これから宿までは徒歩。

グーグルのプリントした地図を片手に、通りの表示を確かめながら、迷わず宿にチェックイン。
エレベーター無しの4階は辛いものがある。
エレベーターの有無はサイトで確かめたはずだが、どうやら見落としていたようだ。
それに、クローゼットも冷蔵庫もない。
二晩だ。エアコンとバスタブがある。まいいかと荷物を解く。

夕方フロントで馴染みのビアホイを確かめると、10分くらいの距離だと分かる。
途中にとても賑わっている麺屋があるが、無視してビアホイへ。


ビアホイ屋

仕切っている女性の店員に席に座らされて、
早速ビアホイとフライドピーナッツ、ネーム(バナナの葉で包んだソーセージ)を注文。
ネームはちょっと酸っぱいが、慣れると癖になりそうだ。
その二つでビールを3杯飲むが、隣の4人組は速いペースでガンガンやっている。


ネームは少々酸っぱい。好みが分かれるところだ

その内お好み焼きのようなものが隣のテーブルに来て、いかにも美味そうである。
通りかかった店員に、隣に断ってその皿を指さしてオーダー。
すると、紙に15万ドンの数字を書いて、それでもいいかと聞く。
もちろんOK。予想通りの美味さ。


隣の4人組


料理名分からず。メニューには載ってないと言っていた。

さらに2杯のビールを飲んで、さすがにもう入らん。
すっかりい気持ちになって、宿に帰る途中、来たとき見た麺屋はまだ大盛況。


大盛況の麺屋


絶品でした

ついついつられてプラ椅子に座り、客が食べている皿を指さして注文。
ベトナムで初めて食べる種類の牛肉麺だが、絶品。
さもありなん、6万ドンの値が付いていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7.ベトナムのフエへ | トップ | 9.ハノイでまったり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドシナ横断2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。