ひねもすのたりにて

阿蘇に過ごす日々は良きかな。
旅の空の下にて過ごす日々もまた良きかな。

Hola(オラ)! CUBA(キューバ) 7

2017年03月08日 | キューバの旅
2月16日 キューバに来て初めて曇り空です。

今日は滞在最後の日。12時にチェックアウトして、2時にバラデロからハバナに向かいます。
朝から若干荒れ模様の天気で、海岸は白波が高く押し寄せています。
これじゃあ危なくて海水浴は無理でしょう。

取り敢えずレストランで朝食を摂ります。
朝のメニューは昨日と代わり映えしません。
性懲りもなく、ハムとチーズをメインに取っていきます。

バラデロには循環観光バスがあって、半島の付け根のバラデロの町から先端までを回っています。
1日何回乗っても5クックという話で、午前中はこれで暇つぶしをしようと相談していたのですが、
この天気では、2階がオープンのバスに乗っても、雨が降ったら濡れるだけということで止めました。
この判断は正解で、その後結構激しいスコールが来て、天気は持ち直しました。

部屋でゆっくり過ごした後、12時にチェックアウト。
ホテル to ホテルのバスのお迎えは午後2時過ぎ。
本来チェックアウト後の食事は駄目なのですが、
ビュッフェの出入り規制は緩いので、日本人女性2人組は食事を摂ってきたそうです。
我々は、少し腹具合を調整するために、ピアノバーでカクテルをもらいます。
最後のモヒートとハバナスペシャル。どちらも甘い。


T氏とロビーで休憩です

旅行会社の話では、バスの迎えは午後2時をちょっと過ぎるという話でしたが、
何度バスを見送ったことか、3時半過ぎに、ついに堪らず、同じバスの2人組の女性が手配した旅行社に電話。
そちらに向かっているという返事があったそうだが、それから1時間が過ぎまだ来ない。
ホテルのスタッフもさすがに心配してくれ始めた。再度電話しても同じ返事で、4時50分にやっとバスが来る。
ほぼ3時間の遅れ。


これが私たちを3時間待たせたバスです。1時間半までは宿のスタッフも普通だなんて言っていましたけどね

それから約2時間半でハバナに到着し、ツアーバスのガイドスタッフが宿の「オスタル・バレンシア」まで案内する。


無駄に広いバンレンシアの部屋

チェックインしてすぐ目当てのコーヒーを買いにビエハ広場に行ったが、既に閉店。
仕方なく例のレストランで焼き鳥肴に黒ビールと普通のドラフトを飲む。


焼き鳥のプレートが一番の人気メニューです

飲んでいると、若い2人組女性が寄ってきて、相席になりました。
英語の達者な方がT氏と絡んでいましたが、どうやらその筋の女性のようで、
泊まっているホテルの話や、そこへ行こうという話が出て、丁寧にお断りして別れました。
彼女たちとの会話の中で、私の名前を聞かれたとき、冗談で「フィデロ」、「フィデロ・カストロ」と言ったら、
「フィデロ」OK、「カストロ」No、といってバッテンの仕草をされました。
あのバッテンの仕草の意味は何だったのでしょうか。
「その名を言ったら駄目」なのか、「カストロは嫌だ」なのか、二つの意味のどちらだったのか、分からずじまいでした。


レストランのテラス席は満席でした

明日は午前4時には迎えが来ます。
シャワーを浴びて、早々に寝ます。
今日の夢は、先ほどの女性たちとのその先の夢になるかな?
などとはつゆ思わずに眠りに入ったのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Hola(オラ)! CUBA(キュ... | トップ | Hola(オラ)! CUBA(キュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キューバの旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。