大阪、京都、神戸など関西の歴史と名所を再発見するブログ
ROSSさんの大阪ハクナマタタ



近所の空き地のコチドリの雛です。

だいぶ大きくなりました。

それでも親鳥がやってくると、暖かい親鳥の下に競って潜り込みます。

暫くすると、一番元気な1羽が出てきました。

出てきた雛鳥が翼を伸ばしてストレッチ。親鳥の下にはまだ2羽の雛の足が見えています。

親鳥は、甘える2羽を残して立ち去ってしまいました。

呆然としているコチドリの雛

一番元気な1羽は、急斜面を登って、上にいる親鳥のすぐ横まで来ていました。・・・親鳥は翼の上から足を出して頭を掻いています。(間接頭掻き)

だいぶ大きくなりましたが、親鳥の大きさまで育つには、まだ少しかかるようです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 東京豊洲の風景2 神戸どうぶつ... »