大阪、京都、神戸など関西の歴史と名所を再発見するブログ
ROSSさんの大阪ハクナマタタ



かつて淀川河口付近は、神崎川、中島川、大野川、伝法川、正蓮寺川、安治川などの三角州となっていて、たびたび洪水の被害を受けていました。そこで明治29年(1896年)から淀川改良工事が開始されています。・・・赤線が新淀川のルート。ちなみに鉄道は明治31年に開業した西成線

上の地図、新淀川右岸にある西島閘門は、現在西島水門と呼ばれ、西島地区に住む漁民のための水路となっているようです。

当初完成した新淀川の堤防は低く、その後何度もかさ上げされたようです。

また新淀川となっても、川の水路部分は狭く、両岸に広い河川敷がありました。・・・「水都大阪と淀川」から明治41・42年測量の合成地図

新淀川河口の先には、阪神高速湾岸線の高架橋が見えています。

新淀川河口右岸から南方向。中央やや右に大阪府咲洲庁舎(コスモタワー)が見えています。広い河口にはもう河川敷はありません。

ここが淀川河口右岸の末端部に当たる矢倉緑地公園で、この付近の海岸線は明治29年の海岸線が今も保存されています。

矢倉緑地公園には、立派な水洗トイレもありました。

これが現在の淀川河口付近の地図。淀川右岸(神崎川の河口部分)以外の海岸線は埋め立てられて大きく変わっていることが判ります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 淀川改良工事... イソシギと西行 »