大阪、京都、神戸など関西の歴史と名所を再発見するブログ
ROSSさんの大阪ハクナマタタ



青い翅が見る角度によって虹色に光って見える、チョウトンボの撮影に行ってきました。

チョウトンボは警戒心が強く、なかなか近づくことができません。

離れた場所からトンボのクローズアップ撮影はむつかしいので、ズーム倍率が高いネオ一眼を使ってみました。・・・2mくらいの距離から

太陽の光がある角度で差し込むと、翅が虹色が見えるようです。

個体差もあるようで、羽化直後の若い個体のほうが、翅が汚れていないぶん、鮮やかに見えるようです。

 また、チョウトンボが留まる場所と姿勢で翅の色が少しづつ変化します。背景のボケたグリーンが効いています。

こちらの背景は明るい黄色

今回の撮影で、最も虹色反射が良く写った一枚

最大ズーミングした写真



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 西郷隆盛の詩と蝶 過去100年の戦... »