月のmailbox

詩或いは雑記等/小林貞秋発信。

詩=Space  底抜けながらも上方に玉浮いて

2017-07-06 23:29:01 | 

 

                       底抜けながらも上方に玉浮いて

 

ひとつ転がす

それだけで今日は終えた

玉はvermillion?

 

つづかない日はないと

決めつけて立つものか一本足

 

そこで連想した

読みを外す投球の生む良い連鎖

(玉はひしがたの)

 

延長と園長の繋がりを言う

外野の逆方向に走る

 

今日は何も投げない足踏まない

なるスケジュールの如何

(キャベツに指かけて)

 

上昇時には切り札ともなり

淡青の眼帯して相手蹴散らす也

 

ふたつ転がす

終えることない今日もある?

(玉の色忘れ)

 

立てるのは此のいま

その姿鏡面の縁を

通り抜ける

 

                                              

  

にほんブログ村

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いいだ・もも」さんにちょ... | トップ | 詩-Space neighbor記 その四 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。