人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

愛国心

2017-01-30 12:56:19 | Weblog
週末、NHKの海外ドキュメンタリー番組を拝見して、愛国心について日本人として考えさせられました。ご覧になった方も多いと思いますが、バルト三国の現況や国民の愛国心が浸透している姿を拝見することができて、ヨーロッパの実情が少しはこれまでよりも理解できたのではないでしょうか。大国の脅威は他人ごとではないような気がしました。

オバマ前政権は好戦的な性格ではありませんでした。バランス・オブ・パワーが世界の平和秩序維持には必要ですが、米国が民主主義国家の代表として主要な役目を近年控えてきたのも事実のようです。しかし、その間隙を狙って大国ロシアや中国が密かに支配力を伸ばしてきた感も否めません。

やはり大国に対処できるのは、米国を中心とした民主主義国家の結束でしかありません。大国のプロパガンダが国民を煽ると世界秩序の均衡は崩れ、国家間の平和も乱れ、一層深刻な事態となりかねません。トランプ政権というより共和党政権には、これまで以上に世界秩序の維持に力を注いでほしいものです。

最後に平和国家である日本人も「愛国心」とは何かを、諸外国の意識を参考にして国民目線で少し考えてみる必要があると思いました。決して思想が右寄りとか左寄りとかの問題ではなく、どんな国でも国民が愛国心を持っているのが普通です。国を守るのは国民自身だからです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税務調査 | トップ | 循環型社会へ »
最近の画像もっと見る