人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

信教の自由

2017-07-11 19:38:05 | Weblog
イラクのモスルが解放されたニュースは全世界に安ど感を与えたと思います。フセイン政権以来、イラク国民は平和で落ち着いたことがありませんでした。イスラエルとパレスチナも過去は長い戦闘状態でしたが現在は落ち着いています。お互い戦争しても将来に禍根を残すのみで、どちらの国にもプラスになりません。崩壊した国土を元通りに復興するには何十年もかかります。世界の各地では懲りない愚かな戦いを幾度も繰り返してきました。民主主義と言論の自由、信教の自由は我が国をはじめ西側諸国の誇りでもあります。


日本国憲法の20条において「信教の自由」が規定されていますので、日本で中東のような宗教間の戦争はまず起こりえません。浄土宗の人でも教会で式を挙げるなど極普通で、だれも反対を唱える人はいません。今日はバスの中でイスラム教徒らしき女性がヒジャブと呼ばれているものなのでしょうか、布をかぶってスマホで教典のような動画を見ていました。親しかったら興味本位で聞きたいくらい日本は宗教には寛容で平和な国家です。


政治の世界においても、根底に宗教心のような過ちを正すしっかりとした考えが必要です。日本国憲法20条はその意味でも大変尊い条文だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 品行 | トップ | たかがトイレ掃除なれど・・・ »
最近の画像もっと見る