人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

善悪の報いは影の形に随うが如し

2017-06-20 11:38:17 | Weblog
私は日課として、毎日自宅の玄関を出る時に、ドアに掛けてある日めくりカレンダーの格言を家内の前に復唱することにしています。何年も続けていますと、大体ほぼ同じ言葉の繰り返しなので、最近はやや物足りなく感じていたのですが、今朝、テーマに掲げた格言は目新しいものでした。出典は「旧唐書」張士衡伝からのものですが、素晴らしいので皆様へもご紹介します。

「憎まれっ子世に憚る」と申しますが、善い行いを続けていれば心も満足しますし、幸せな人生を送れると思うのです。恨み言の報いが影のように、いつまでも纏わり付かれたら良い人生とは言えません。善悪の判断は難しいですが、天地神明に誓って行動すれば問題ないと考えています。できるだけ善の報いに随えるようになりたいのもです。

大変失礼しました、格言の意味は「善悪の行為に対する報いは、影が本体の形に従うように必ずあるものだ」という例えです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余談 | トップ | 株主総会 »
最近の画像もっと見る