人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

長時間労働

2016-10-11 10:52:29 | Weblog
近年、漸く日本も長時間労働に対して当局の厳しい監視が当たり前の状況となってきました。私や私より先輩の団塊の世代の時代は、周囲に合わせて皆お付き合いの長時間労働が普通でした。特に建設業界などは仕事が天候に左右されるため、穴埋めに休日返上で仕事をするのは慣習でした。

しかし時代はコスト削減で収益を追求しなければ企業間競争に勝てないグローバル産業へと変化し、業務の個別管理が必要となり、個々の生産性が問われる時代へと変わってきました。つまり労働時間の中身が従来とは質的に変化してきていると思われます。日本全体の経済的ゆとりが無くなってきたとも言えます。

精神的な健康を維持するためにも、会社として個別の過重労働には特に注意をはらう必要があります。IT業界だけではないと思いますが、産業界は働く人がもっと苦痛を和らげ、楽しみながら仕事をする環境の土台づくりを進めて行く必要があります。過去の認識は捨て去り、産業界は長時間労働にもっと注意を払い、目標を掲げて削減していくべきだと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早起きは三文の得 | トップ | 利用者視点 »
最近の画像もっと見る