人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

大学論

2017-06-15 08:57:36 | Weblog
少子化が叫ばれる中、大学の数や学部だけは減らないようにも見えます。それだけ国も出費も掛かります。日本の将来の事を考えると、総合大であるUniversityの数を減らして単科大学のCollegeを増やしたほうが、国力的にみてもベターではないでしょうか。今朝の通勤電車内で新設される某Collegeの募集広告を見ました。狙いには大賛成ですが、既存の総合大学を改革して専門分野をもっと強化し、諸外国との競争をすべきではないかと思います。

石を投げれば大学生の頭に当たるほど、何を勉強しているのか、何の目的で通っているのか判別が付かない学生が多過ぎるような気が致します。国力を維持するためにも、これからは専門能力を備えた人材を育てないと日本は取り残されると思います。大学の魅力がない現状では海外からの留学生が増えることはありません。大学の改革がなされなければ、将来ある若者を積極的に海外へ留学させるべきです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表と裏 | トップ | 人材確保 »
最近の画像もっと見る