人間万事塞翁が馬

長い人生では、人の周囲に何がどのように展開されるか分からない。だから人生は生きている価値がある。

初任給

2017-04-25 10:07:00 | Weblog
本日25日は給料日です。臨時朝礼で新入社員の皆さんへ初任給を手渡しました。と言いましても手渡すのは給与明細書のみですが、新入社員の皆さんには是非とも、願わくば現金化して、僅かな金額でもご両親に、これまでの感謝の意を込めて、自分からのお小遣いとして手渡してほしいところです。

私は勤労学生でしたので新聞販売所から給与は戴いていましたが、大学新卒で入社した会社から支給された初任給の喜びは今でも忘れません。当時は現金支給でしたが、結婚時期が早かった私は、毎月の給料日に家内の嬉しい表情を見るのが一番の楽しみでした。そんなところから働き甲斐も生まれるのではないかと思います。




この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

港の散歩

2017-04-24 14:33:16 | Weblog
一昨日は氷川丸誕生87周年記念のイベントということで初めて船内見学を経験しました。娘の仕事の関係で何年か前に船内パーティに招かれて以来でしたが、氷川丸の船長室、客室、機関室を拝見して、戦前からこのような巨大な豪華客船が就航していたことを知りました。巨大な客船のテラスや船体を支える機関室はまるでタイタニックの映画でも見ているようでした。

船長室には神棚に氷川神社の札が祭ってありましたが、氷川丸も氷川神社から命名されたようです。現在、船会社に勤務する娘の最初のアパートも、都内にある氷川神社の目の前にたまたま位置していました。偶然なのですが、彼女も毎日の仕事を通じて氷川神社から守られていたのかもしれません。隣の大桟橋には飛鳥Ⅱとひと回り巨大な外国クルーズ船が停泊していました。

この記事をはてなブックマークに追加

ニューフェイス

2017-04-21 12:58:23 | Weblog
4月に入って通勤電車が急に混雑してきたようです。たぶん3月まで学生だった新入社員が社会人の仲間に人数的に加わったからだと思います。それ以外も、昼食時の混雑が今までと違って、エレベーターの込み合いから外のお店の込み合いなど、4月から随分ビジネスマンが増えたように感じます。新顔(ニューフェイス)を見るこの時期は大変貴重な時期だと思います。

国内外の政治経済はいまいちパッとした明るいニュースがありませんが、新入社員が社会人に加わっただけでも、各企業の社内はずっと明るいムードになったのではないでしょうか。外国為替も週末にやっと円安になり、日経平均も反発してかなり上昇しました。来週はどんな週になるか予想が付きませんが、少しでも明るい兆しになることを期待したいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

仲間

2017-04-20 13:27:56 | Weblog
私の知り合いで、3年前にアパレル系VBを1人で立ち上げて、今現在メディアにも大変注目されている30歳半ばの人がいます。年齢はかなり離れていますが、以前から誠実で気さくな好青年なので、同じ熊本の経営者仲間として友人感覚で付き合っています。海外から国内のあちこちと出張が多いのでお互いに滅多に会えませんが、定期的に先の予定をお互いに入れて、様々な情報交換をしています。

彼のオフィスに勤務する若者たちは、どこから集まってきたのか、人間としての質も良く、皆んなハングリー精神に溢れています。今、世の中は私の世代も含めて、子どもにあまり苦労をさせない空気が広まっています。忍耐力や精神力を育むような時代ではないと考える方もいます。私は子どもには、多少の不自由な思いをさせて、お金を大切にしたり、人に親切にしたりするように育てるべきだと考えます。

彼も親や兄弟を大事にし、ハングリー精神を持った人間なので立派な社員を育てる事だろうと思います。先日伺った時にも、オフィスの中で立ったまま真剣に応募者に問いかけをする面接光景を拝見しましたが、仕事に対する情熱がこちらまで伝わりました。近く、有名な放送作家を訪ねて超多忙なお二人と食事をする予定です。私も時々刺激をもらいたいがためですが、GIVE&TAKEの精神も忘れないようにしたいところです。

この記事をはてなブックマークに追加

初夏?

2017-04-19 13:05:53 | Weblog
春とはいえ、つい数週間前までは気温も10数度前後でコートにマフラーという「いでたち」でしたが、桜が散ると気温も25度を超える夏日和の候となりました。季節の春と秋は確かに日数も短くなってきたのではないでしょうか。

さて各企業も新入社員が加わり、オフィス街も人の行き交いが増えてきたようです。当然のことですが、昼食時にはどこのお店も混雑状態となっています。今週末は新人歓迎会で夕方から深夜までビジネスマンが盛り場にたむろする光景が見られる事でしょう。

一方、来春卒の就活もたけなわで、受け入れる企業を取り巻く環境は慌ただしさを増しています。でも3月、4月のこの時期があるからこそ、若い人たちから元気な新風をもらいますので私たちも明るくなれます。期の移り変わりでもあるこの時期は、老若男女問わず誰しも希望に満ちてきます。

先日は踏切事故で尊い命が奪われました。亡くなられた方は人命救助も厭わない、責任感が人一倍強い方だったようです。漸く桜の季節も終わりこれからという時に、ご家族の方は本当にいたたまれない気持ちだと思われます。慎んで心よりご冥福をお祈り申し上げます。

今日は真夏のような天気です。外は徐々に暑くなってきましたが、ビルの谷間は風が吹き抜けて程良い気温です。オフィスの室内は変わらず快適な環境です。風邪も流行らなくなってきたのかマスク姿の人もだいぶ減ってきましたし、車中でも咳が聞こえなくなりました。では今日も一日無事に過ごしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

花より団子?

2017-04-18 19:02:00 | Weblog
今年は美しい桜を存分に楽しませて頂きました。先週まで毎日のように桜並木の下を歩きながら、あまりの美しさに時々カメラを向けて35分くらい掛けて駅まで歩きました。今週から葉桜になってきましたが、桜の木を見ると、楽しませてくれて有難うという気持ちになります。ちょうど葉桜と同時に辺りにはつつじがポツリポツリと咲き始めています。春はいろんな花がこれから楽しめる最高の季節でもあり、私も大好きです。

最近は花の写真もめったに撮らなくなりましたが、スマホを持ち始めた頃は花の写真ばかりFacebookに投稿していました。自分だけ楽しむのが勿体ないと思ったからです。現在はお友達からいろんな花を毎日楽しませて頂いています。でも皆さんのFacebookを拝見していますと、自分自身が如何に日頃あちこち行動していないか分かりますし、自分の毎日の食事もマンネリ化しているかが分かります。皆さん食欲もあるし、様々な食事処をご存じなのでいつも吃驚しています。

この記事をはてなブックマークに追加

外交

2017-04-17 12:40:58 | Weblog
政治外交は難しいというのがよく分かります。北朝鮮による拉致問題などは一向に進展がありませんが、日本のマスコミによる取材ニュースはある程度、我々の眼にも状況が報道されます。拉致問題だけならば日朝交渉を粘り強く日本単独で行えばよいのでしょうが、米・中・韓との関係もあり、政府間同士での解決への道が困難なのが現状だと思います。

最近は日本の外交も単独で中国や韓国と上手くいっていると言えないのが現状です。外交はリーダー同士で信頼関係が無ければなかなか進展しません。戦後70年以上も平和主義を貫いている日本政府が隣国から信頼されていないのは残念ですが、民間レベルでのお互いの信頼度は国家レベルより遥かに年々増しています。

「政冷経熱」と言われて久しいですが、隣国だからこそ、もっと首脳間で仲良くする方策をお互い考えるべきだと思うのですが、個人的な関係そのものがお互いに疑念を抱き、なかなか接近しようとならないようです。隣人関係も相性が良い人と良くない人がいますが、良くない人と良くするのも難しいものです。国家間の関係も人間同士なので似たようなものです。

この記事をはてなブックマークに追加

南高北低

2017-04-14 09:40:23 | Weblog
本日は春らしい温暖な日和ですが、昨日は南高北低という気圧配置で関東も気温が低下しましたが、北の札幌では春なのに雪模様だったようです。冬型の気圧配置で西高東低という話は聞きますが、昨日は異常な天気でした。気候の変動は人間の体調にも微妙に影響しますので、体調管理には十分注意が必要ですね。

今週は桜見物しながら朝通勤しています。桜の美しいこの時期だけなのか、川沿いを歩いて駅へ向かっている人も少なくありません。昨日は帰宅帰りに、川沿いの夜桜見物も兼ねて歩いて帰りましたが、花見を楽しんでいる人やランニングをしている人など、夜はまた別世界での満開の桜が楽しめる雰囲気があります。

今年は寒暖の差が激しかったので、例年になく桜見物できる時期が幸いにも長引いているうです。考えますと、毎年、桜を観察できる事は本当に幸せなことです。人の命はどこまで続くか誰にも予想できませんが、生きているからこそ春の美しい桜見物も楽しめます。日々、健康であることを心より感謝したいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

天草エアライン

2017-04-13 08:22:24 | Weblog
今でこそ天草も知名度が上がってきましたが、私の大学時代には天草など日本列島のどこに位置するのかも知らない人が多く、恥ずかしくて故郷の話はあまりしなかったこともあります。時代は変わっても、地理にあまり関心のない人ならば島原の乱と混同して、天草は長崎県?とか勘違いされている方も少なくないはずです。

本日は故郷の宣伝ではありませんが、今朝のラジオ深夜便の「明日への言葉」にゲスト出演されていたのが、元日航の営業マンだった天草エアラインの社長でした。天草は辺鄙な場所で、私が高校を卒業する頃(大阪万国博覧会の時代)に天草五橋が完成し、やっと九州本土と陸続きになりました。かつては陸の孤島で何時間も船で渡っていました。

それでも熊本市内や福岡市内からは不便なところなので、車でも随分時間が掛かるところです。天草エアラインが2000年に就航してから26年になりますが、時間をお金で買うとするならば、比較的安価な航空運賃ではないかと思います。しかし、リーマンショック等の影響でコストがかさみ、2008年には倒産しかねない経営危機の状況でもありました。

天草エアラインは県が出資している第三セクターの経営ということもあり、機体整備費を県が負担することで4、5年前より漸く少額ながら黒字回復ができたようです。天草も過疎化が進むと同時に乗用車の使用が多いため、今後経営を維持するためにも乗客の確保で運賃収入を増やすことが課題だと社長は話していました。

私が何度か利用した時はカナダのボンバルディア社製のプロペラ飛行機で少々音が気になりましたが、現在は機体も仏伊合弁のATR社製に新しく入れ替り、現在は飛行機内の音も以前より静かになったそうです。たった1機で、毎日福岡3往復、熊本1往復、大阪1往復と忙しい運行ですが、機内サービスは満点で、しかも飛行高度が低いので上空からの眺めは最高です。

天草観光時には是非、天草エアラインをご利用ください。


この記事をはてなブックマークに追加

企業は人次第

2017-04-12 15:33:36 | Weblog
一般に人材流動化の激しいIT業界は頭脳労働が主業務なので、各社はライバル企業以上に優秀な人材を求めます。しかし、中小零細からスタートした独立系の企業にとって、優秀な人材の確保は容易ではありません。特に業界の景気が良くなると人材の取り合いとなり、プラスの会社はよりプラスになり、マイナスの会社はよりマイナスになります。10年も経つと両社間には雲泥の差がつくという結果になります。

経営においてプラスの循環をどのように構築するかが問われますが、やはり離陸前の人材次第で、その後の展開が年々違ってきます。現在の弊社が人材確保においてかつてほどの苦労が無くなったのも、社歴を重ねてライバル企業と勝負ができる企業内容になってきたからです。「ローマは一日にして成らず」という言葉をいつも考えながら今日まで歩んで参りましたが、結局のところ大企業も中小企業も日々の地道な積み重ねが大切だということです。

この記事をはてなブックマークに追加