きまのウクレレ日記

好きなウクレレの事、愛犬らっきーの事、バラを育てている事等の日記です。

ラリレレなマーチン 2

2017-04-25 12:57:49 | ウクレレ調整

ここで公開している、ウクレレ調整は簡単に見えます。
器用な方なら、問題はないのですがそれでもリスクを伴う場合がある事があります。

ですから、簡単にその辺で材を買ってきて サドルを作ったりする場合は、必ずオリジナル通りに元のパーツは取っておいて、いつでももとへ戻せるように行ってください。

さて、マーチンのテナーですが、まずフレットのバリを少しとります。
同時に、変色しているフレットを磨きます。
     
同時に外したペグも磨きます。
   
気になる部分を細かくヤスリで修正します。
 
マスキングを外して、指板をレモンオイルで清掃します。
この時、必ず天然のレモンオイルを使います。

次にナットを作りました。
写真を撮り忘れましたが、元の物とそっくりに作ります。
 
次にサドルを作ります。
無漂白の牛骨を使用しています。
   
ここまでです。

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラリレレなマーチン | トップ | ラリレレなマーチン 3 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おひさ (しの)
2017-04-25 19:18:53
これは古いものですか。
ちがうよね。
しのさん。 (きま)
2017-04-25 20:09:45
ブリッジの元を止めるところが、今のものは結ぶ様に成っています。
現代のマーチンです。

コアで作られていますので、昔のものだと大変少ないオーダー品ということになりますね。
おひさでない (しの)
2017-04-25 20:59:39
するっていと、
木材が極端に痩せたのですか、
もしくは、エアコンの部屋で
置きっぱなしにした。

どちらも、ウクにはね。
しのさん。 (きま)
2017-04-25 21:20:01
このウクレレはネックがかなり細めです。
そしてこのナットの切り方は少しですが、4弦側が明らかに狭い。

また好みで弦高を抑えめにしていることもありテンションが弱いです。
他に、樹脂で自作したサドルも作用したのかもしれません。
本当にわずかですが、ナットの切り方を変えてみます。
 (しの)
2017-04-25 21:50:17
あの天下のマーチンですよね。
この様なものか製品となるとは
ある意味珍しい。自分なら、オークション用にとっておきます。
しのさん。 (きま)
2017-04-25 22:00:29
これは私のものではありません。
落ち易いと言っても弾けないわけではありません。

いくつもの新しいマーチンを見ていますが、今のものは作りが荒いです。
特にバィンディングの剥がれが起きたりしているものが多く、またギターに至っては昔のマーチンとは別物です。

しかし、マーチン以外でも、いろいろな個体がありますので、特に問題はないと思います。
ナットに溝に至っては過去にレイラニでもかなり問題がありました。

他にも、いっぱいあるよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。