きまのウクレレ日記

好きなウクレレの事、愛犬らっきーの事、バラを育てている事等の日記です。

ラリレレなマーチン 3

2017-04-25 21:55:01 | ウクレレ調整

本日はまず作ったナットに弦の溝を切ります。
しかし、4弦が落ちやすいウクレレはあまり出会ったことがないのでどの程度の位置にするのかじっくり考えました。
 
これはフェンダーのコンサート、同じように幅が狭めです。
 
ティーズ・テナーは、わずかにネックに幅があります。 
 
同じくレイラニのテナーも僅かに幅があります。
レイラニも弦が落ち易いので、気にする方が多いですが、このテナーは落ちません。
  
何度か、考えながら位置と間隔を決めました。
 
イメージです。
同時にサドルの稜線もイメージしました。
        
イメージに沿って削りヤスリの番手を変えながら仕上げます。
高さについてはまだ、調整前です。
  
ナットを目立てで切ってからナットファイルで溝を掘ります。
微調整は後ほど順にします。 
     
本日はここまでです。

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラリレレなマーチン 2 | トップ | ラリレレなマーチン 4 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まあその (しの)
2017-04-25 22:13:27
ティーズに合わせれば無難でしょう。

経過がわかりませんが、大手楽器店以外で、失礼ながらバッタもんですか。
しのさん。 (きま)
2017-04-25 23:23:38
ティーズは残念ながらネックの幅が違います。
ということで自分で考えました。

このままでも十分使えますよ。
ただ少し弦高を変えたために、テンションが弱くなり外れやすいというだけです。
実際にはそう簡単には外れません。

このウクレレは正規の黒澤楽器のものだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。