きまのウクレレ日記

好きなウクレレの事、愛犬らっきーの事、バラを育てている事等の日記です。

アローハなウクレレ 4

2017-04-21 00:13:52 | ウクレレ調整

さて、アロハさんのウクレレの組み上げです。
それにあたりご了承を得て、ペグを交換することにさせていただきました。
  
 
オリジナルと比べてこれだけパーツの数が違います。
自分の考えでは、ソプラノの小さなウクレレにギヤペグはいらない。

このストレートが慣れてる人にはさっと合わせられて、気持ちがいいのです。
価格の点でも、軽量に作られている部分を取っても、安いギヤペグよりよほど精度もいいです。
  
実はその前にワックスをかけました。
完全に乾ききっていましたので、蜜蝋のワックスです。

ラッカー塗装の古いものにも安心して使えます。
ただし、ツヤ有りのもので、マーチンなどの半ツヤには使えません。
         

弦を張って最初に弾いた時、かなり音痴なウクレレかと思いましたが、少し時間がたつと落ち着いてきました。
このウクレレは弦を押さえるのにコツがあります。

軽くフレットまで、、それ以上抑えたら音程と音が悪くなります。 
12フレット付近で軽く鳴らすことが条件。
これを知らないと、全くカマカはということになってしまいます。

明日また弾いて調子を見ます 

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アローハなウクレレ 3 | トップ | アローハなウクレレ 5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご苦労様です。 (アロハ・妻)
2017-04-21 08:31:22
きまさん

42歳、若返り素敵なカマカになりました。
ありがとうございました。
アロハさん。 (きま)
2017-04-21 09:09:30
このウクレレ、トップのセンターの裏側に何も補強がありません。
チューニングした状態で1番おいたら気持ちトップが沈み加減です。

ですから、使う1時間前くらいからチューニングして、弾き終わったら弦を1巻緩めてください。
クラシックギターなどと同じ扱いにしないと、トップが耐えられそうにありません。

ナットの1弦の溝があんまりにも変なところにあるので、そこだけ、埋めて切り直そうと考えています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。